« 2020年1月 | トップページ | 2020年3月 »

2020/02/05

ロードスターへの道(12)

R0012227

納車の日となった2/1は快晴。妻に近くまで送ってもらい、徒歩で北関東マツダ土浦店まで行きました。すると展示スペースには僕が注文したものと思われる、エターナルブルーマイカのロードスターが待っていました。この色、カタログで見ると濃いめの色合いなのですが、明るい光の下で見ると強烈な光を放っているようにも見えます。マツダの「魂動デザイン」は「クルマをただの鉄の塊ではなく、まるで生き物のように生命感を感じさせるものにしたい。まるで意志を持って動き出しそうな緊張感と、体温を持ち呼吸しているかのような温かみをもった、生きたクルマをつくる」のがコンセプトだそうですが、カラーリングもまさにそんな感じ。まるで納車を心待ちにしていた僕自身の心のうちを映し出すように、青く光り輝いていました。

納車の日はいろいろと用事があったので買い物に行っただけで終わり、翌日は慣らしがてら筑波山までドライブに行きました。その日も天気は快晴。やや気温は低めながら幌を開けて走ってもさほど寒さを感じることはなくむしろ絶好のドライブ日和、と言う感じで、まずは筑波山神社の方から上ってつつじヶ丘まで行ってみました。

K3ii3083

2

この駐車場にはそこそこ車があったものの立体駐車場の上は空いていたので、そこにロードスターを停めて撮影会。出がけに駐車場の係員の人から「鳥居のところまで行けば富士山が見えるよ」と教えてもらって見に行ったりした後で、筑波パープルラインを下って行きました。

すると前からも後ろからも、たくさんのスポーツカーが来るではありませんか!その中で、やはり特に目立ったのがロードスターで、ND系だけでなくいろいろなタイプのロードスターが走っていて驚きました。しかも表筑波スカイラインまで行くと更に増えた感じで、慣らし中の僕のクルマの後ろに4台ぐらいのロードスターが連なって「大名行列」のようになってしまいました。

K3ii3088

そこで途中の朝日峠駐車場に入ったところ、後ろに付いていたロードスターが全部同じ駐車場に入るのです。しかもそこでよくよく見ると、駐車している車はいずれも「こだわり」のクルマばかり。僕が停まった場所の隣は2000年前後のスプリンタートレノでしたし、その隣はS660。その向こうはロードスターが何台も停まっていて、しかもそれぞれがいろいろカスタムしていて思わず「オフ会」に闖入してしまったような感覚にとらわれました。これまで他のクルマと「仲間意識」のようなものを感じたことはほとんど無かったのですが、やはりスポーツカーの世界は独特のものがあるな、と感じた納車2日目の日曜日でした。

| | コメント (0)

2020/02/02

ロードスターへの道(11)

そろそろマイナーチェンジがあったかな、と思って訪れたのは、東海村への通勤の時に使うこともある桜土浦IC近くの北関東マツダ土浦店。幹線通り沿いにあるものの展示スペースは奥になっているため、比較的地味な印象のお店です。ここに最初に行った時にはまだマイチェンが発表されてなくて空振りに終わったのですが、その時に担当になった営業の方がマメに連絡を入れてくれたこともあって12月初めから本格的な商談に入りました。僕が欲しい、と思っていたのはS Special Package。必要な時にスマホを接続してカーナビとして使おうと思っていたので、このマイチェンで新たにApple CarPlayが使えるようになったマツダコネクトが装備されているのは必須、と思いました。一方、それ以外のオプションはまあいいかな、って感じ。シートヒーターがセットになっているCD/DVDプレーヤーや、Boseサウンドシステムは本気で欲しいと思っていたし、またマルチインフォメーションディスプレーが付くセーフティーパッケージも欲しいかな、と思ったりもしていたのですが、それぞれの値段を考えて諦めました。結局メーカーオプションは無しでディーラーオプションはフロアマットだけ。(これはZ4に付いていた社外品のマットがすぐにずれて嫌だったことから、純正を選ぶことにした。)後からボディコーティングを追加しただけで、12月半ばには契約を完了したのでした。

24342_p1

Z4を手放したのは12月下旬。その後年末年始を挟んで、僕が注文したクルマが生産に入った、と言う連絡が来たのは1/10頃。カタログや出た時に購入していた「ニューカー速報」を眺め、タミヤのプラモデルを作ったりしながら待つこと約3週間。1/29になって営業担当者のIさんから「週末には納車可能」との連絡が来たのでした。

| | コメント (0)

« 2020年1月 | トップページ | 2020年3月 »