« fitbit charge HRとcharge 2 | トップページ

2018/11/26

オーストラリアのプリペイドSIM

このところ2ヶ月連続でオーストラリア出張が入っていて、特に10月は妻も一緒に行くことになっていたと言うこともあって、初めて現地でプリペイドSIMを買って使う、と言うのを試してみました。今回はそのレポートです。

オーストラリアの通信事情ですが、大手の通信会社が3社あってその回線を使うMVNO業者がいろいろある、と言う点で日本とほぼ同じ。ただ違うのは各社がプリペイドSIMでお得なプランをいろいろ出していて、その間の競争が激しいことです。例えば7月時点の情報では「有効期間28日、データ容量3GB、国内通話無料、SMS無料」で$30(約2,500円)と言うのが標準的な相場だったのですが、最近はこれにボーナスで数十GBが付く、等のサービスが追加されたりして実質的な値下げ競争が続いています。これに対して日本からスマホを持って行ってローミングサービスを使った場合、1日の料金は1,000円〜3,000円。レンタルのポケットWiFiを持って行くとしてもやはり1日1,000円はかかるので、どう考えてもプリペイドSIMの方が安いのです。

まず10月の渡豪時には、シドニー空港の出口を出たところにあったブースで契約しました。ここで「5日間の滞在でデータは少なくていいのでなるべく安いもの」と伝えたら、ブースの係員が出してきたのがMVNO業者Libraの「$10/1GB」のプリペイドSIMでした。これを日本から持参したiPhone6S(もちろんSIMロック解除済み)に入れてアクティベートの手続きをしてもらったら、すぐに使えるようになりました。5日間1GBで不足することは無かったし、シドニー市内では繋がらないとか遅いとかの問題もなく、なかなか快適な5日間でした。

これに続く2度目のオーストラリア訪問は11月。この時は時間的な余裕が無いことが分かっていたので、空港でプリペイドSIMを買うのは諦めてスーパーで買ってみることにしました。いろいろ調べると、"Coles"と言うスーパーマーケットでColes Mobileを買うのがいい、と言うことだったので、たまたま滞在することになるホテルの近くの店舗で買うことにしました。ところがなぜかColes MobileのSIMが見つからなかったので、止むなく(よく分からないままに)「7日間有効/2019年2月までにactivateすれば1GB+3GBのボーナス付き」と言う宣伝文句に釣られてTelstraの$10のSIMを買いました。Telstraと言えば、日本で言えばdocomoのような大手の携帯会社。いざとなったら店舗もあちこちにあるし、多分大丈夫だろう、と思っての選択でした。

ということでこのSIMを$10で購入して、ホテルに戻ってiPhone6SにSIMを入れて、WiFiでネットに繋いでactivate。結構いろいろな情報を入力する必要があって面倒だったのですが、何とか全部入れることができました。そしたらすぐにTelstraから「activate手続き中。4時間以内に完了します」と言う意味のSMSが来たので、ほっとしたのでした。

ところがところが。4時間どころか次の日(日曜日)の朝になっても電話もネットも使えるようにならないのです。設定が悪いのかな、とか思いながらいろいろ調べてみたものの解決せず。止むなくTelstraのショップを探して、そこで相談してみたのですが、そこの係員は結局のところよく分からず、「アクティベーションの手続きにしばらくかかることがある。週末なので時間がかかっているのかも知れないので、もう少し待て」と言われて終わりました。

で、翌日の月曜日。Telstraの社員が出社して対応してくれて使えるようになるかなー、と思って待っていたのですが、何も変化がありません。activationの手続きをしてからもう丸2日間反応無し。こりゃやっぱりおかしいだろう、と言うことで、もう一度(別の)Telstraのショップに行ってみました。

最初はそこでも分からない、との回答だったのですが、少ししてから係の人が「Profileはどうなってる?」と聞いてきたのです。確かに僕のiPhoneは、SoftbankからYahoo! MobileにMNPしたと言う経緯もあって複数のプロファイルがインストールされていました。そこでそれらのプロファイルを全て削除したところ、無事Telstraのネットワークに接続できたのでした。

ところがそれで全て解決、ではありませんでした。何と少し使っただけで「容量不足」のワーニングが出たのです。最初はよく分からなかったのですが、どうやら買ったSIMが購入後のリチャージが前提だったようで、それが使えるまでのわずかなデータ容量しかなかったらしい。でもボーナスが1GB+3GB、と言うことだったはずなのに... これももしかするとshopに行けば分かったのかも知れないのですが、さすがに残り2日になってそこまでやる気力は出ませんでした。

つまり、TelstraのプリペイドSIMでまともに繋がったのは約1日。行ったり来たりの手間を考えると、とても割に合わない経験でした。これなら多少時間がかかっても、空港で契約して動作確認してから使い始めるべきだったな、と言うのが僕の結論。やはり快適な利用のためには、人手を介した方が良さそうです。

【余談1】
1回目の渡豪時には妻のAndroidスマホにも同じLibraのプリペイドSIMを入れたのですが、こちらは電話は使えたもののネットはなぜか使えず。通話ができれば十分だった、と言うこともあってあまり深くは追求しなかったのですが、本来であれば契約時にちゃんと確認すべきでした。

【余談2】
オーストラリアでいじり倒したiPhone6Sを日本に持って帰った時に元のYahoo! MobileのSIMを入れたところ、何とTelstraの時と同様にネットワークに繋がらない、と言う症状になりました。これはYahoo! Mobile用のプロファイルを消してしまったからだったのですが、その再インストールの方法がよく分からず自力では解決できず、帰国翌日に今度はYahoo! Mobileのショップに行く羽目になりました。で、そこでショップの係員に見てもらったら一発で解決。さすが、日本の携帯ショップの従業員のスキルは高い!

|

« fitbit charge HRとcharge 2 | トップページ

コメント

Ymoble ですが,日本の空港に着いて無料wifiに綱がっている
うちに,google で ”Ymobile プロファイル” を検索すると,
Ymobile のプロファイルダウンロード,設定画面になります。
これが一番早い回復作業のようです。お試しください!

投稿: いけだん | 2018/11/29 09:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15807/67423027

この記事へのトラックバック一覧です: オーストラリアのプリペイドSIM:

« fitbit charge HRとcharge 2 | トップページ