« さよならGPZ1100 | トップページ | Nike+の「終了」 »

2017/03/12

ようこそBMW Z4

32441053761_f96dd1f7a2_z

GPZ1100を売ってバイクを下りた私ですが、実を言うとその裏には野望がありました。それはオープンカー。バイクの楽しさの一つは風を切って走ることなのですが、しかし通常はヘルメットをかぶった上にグローブに長袖のウェアを着ないと危ないので、実際には風を感じることは少ないのです。それに対してオープンカーの場合はむき出しの身体で乗るわけですから、ある意味バイク以上に風を感じることができるはずです。

一言でオープンカーと言ってもいろいろなタイプがあります。代表的なものでは「カブリオレ」と「コンバーチブル」。その他にも「タルガ」とか「スパイダー」とか「バルケッタ」等々、いろいろな種類があります。それぞれ専用設計かそうでないかとか、あるいは国による呼び方の違いとかいろいろあるようですが、しかしその中で僕が欲しかったのは「ロードスター」。オープン専用設計のツーシーターで、ロングノーズ/ショートデッキでなければなりません。

このロードスター。一番有名なのはマツダですが、しかしこれがいろいろ種類がある上に思ったよりも値段が高い。選択に迷っていろいろ調べているうちに、目に留まったのがBMWのZ4でした。BMWが2シーター専用で設計したモデルで、2003年から2008年まで販売された初代モデル(E85/E86)と後継の第2世代(E89)があるのですが、初代の方が「ワルっぽさ」が際立っている上に価格も安い。たまたまカーセンサーのサイトで見たら2005年モデルが諸経費込みで100万円だったので、思わず買ってしまいました。

31751789353_ebfaabcece_z

かつての高級車らしくいろいろな装備が充実しているものの、それら(特に電子機器)の古び方が激しかったり、あるいはプラのパーツが劣化して壊れたり欠けたりしている、など痛々しいところも多かった。しかし5秒程度で開け閉めできる電動ソフトトップのインパクトが大きい上に、今のBMWにはない「シルキー6」の感覚は絶妙。うちには既にSUVと軽自動車があるのに何でもう1台?と言う家族を説得するのも大変だったのですが、それを乗り越えただけのことはありました。30年近く乗ったバイクとの別れは辛かったのですが、むしろ今はオープンカーとの出会いを楽しんでます。

|

« さよならGPZ1100 | トップページ | Nike+の「終了」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15807/66933386

この記事へのトラックバック一覧です: ようこそBMW Z4:

« さよならGPZ1100 | トップページ | Nike+の「終了」 »