« 備忘録:YosemiteからEl Capitanへ | トップページ

2017/02/28

さよならGPZ1100

32163950482_f24dcf00c7_z

私がバイクに乗り始めたのは学部1回生の時。1980年のことなので、もう37年も前になります。その時に個人売買で買ったのは「ゼロハン」(当時は「原チャリ」とは言わなかった)のHONDA MB5だったのですが、それ以降DT125、Z250FT、VF400F、VF250F、SRX600と中古ばかりを乗り継ぎました。そして広島大学の助手だった1998年に買ったのがKAWASAKI GPZ1100。広大近くの「フラッグ」というショップで、初めて新車を購入したのでした。

当時はもう結婚して子供もいたのでツーリングなどで遠出をすることはなくなっていたのですが、しかしそれでも単身赴任の時には京都と広島の間を往復したり、通勤のついでに京都市内を巡ったり、そしてつくばに来てからは東海との間を行ったり来たりしつつ19年乗り続けました。その間の走行距離は約35,000km。年平均2,000km弱と言うのは決して多くはないのですが、それでもきちんと整備しながらコンスタントに乗り続けて来ました。

32163963292_2db2c4653d_z

しかし転機となったのは昨年の9回目の車検の時。バイク屋さんから「次の車検ではだいぶ手を入れないといけないかも」と言われたのがきっかけでした。実はそのちょっと前に久々のワンデーツーリングをしたのですが、それが思ったほど楽しめなかったと言うか何と言うか... とにかくこれまで楽しいと思っていたバイクを、あまり楽しめていない自分を発見してしまったのです。

でもまあ考えてみれば当然で、40年近くも乗っていれば飽きもすると言うもの。その上年を重ねて体力が落ち、気力も減退して我慢がきかなくなってきた、と言うことになれば、バイクに乗ってしんどい先に見える楽しさなんて、感じられるはずもありません。

と言うことでついに先日、19年乗ったGPZ1100を手放すことを決めました。車検が切れたからの方が良いかとも思ったのですが、でも逆に車検が切れれば売りにくくもなるかも知れないので、今がタイミングかと思ったわけです。

で、ヤフオクに出したところ、ちゃんと買ってくれる人が現われました。競りは寝ている間に進んでいたようなのですが、最初に設定した金額よりも多少高めで無事決着。落札してくれた方は北海道の人だったので、運送業者に引き取られていきました。

33008157556_cbb7a02b4e_z_2

19年ともに走ってきた愛車でしたが、ここで欲しいと思ってくれた人の元に行くのはきっとバイクにとっても幸せなはず。寂しいと言うよりもむしろ晴れ晴れとした想いで、心の中で「ドナドナ」を口ずさみながら見送りました。

|

« 備忘録:YosemiteからEl Capitanへ | トップページ

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15807/64953757

この記事へのトラックバック一覧です: さよならGPZ1100:

« 備忘録:YosemiteからEl Capitanへ | トップページ