« 2015年4月 | トップページ | 2017年2月 »

2016/04/06

備忘録:YosemiteからEl Capitanへ

仕事用MacBook Airも自宅用MacBook ProもYosemiteで何の問題もなかったので(むしろEl Capitanにして問題が出るのが嫌だったので)OSのアップデートせずに半年過ごしていたのですが、ごく最近アップデートすることになり多少のトラブルに遭いました。と言うことで、以下は備忘録。

1) なぜアップデートすることになったか
(1-1)App StoreやiTunes StoreでApple IDの入力を求められた時に、「信頼できるデバイスに送られた認証コード」の入力を求められるようになった。しかもパスワード入力後に現われるはずの認証コード入力フィールドが出てこない。
(1-2)何度やっても同じなのでパスワードのリセットなどをしたが改善せず。どこかのサイトで「iPhoneで一度ログアウトしてログインすれば良い」と書いてあるのを見て、個人所有のiPhone6Sでログアウトして再びログインを試みた。すると「信頼できるデバイスであるiPhone5Sに認証コードを送ったのでそれを入力しろ」とのメッセージが出現。iPhone5Sは機種変更によって手元を離れたので、認証コード確認は不可能!
(1-3)いろいろ調べてみると、これはApple IDの認証方法が「2ファクタ認証」に設定されていたため。Apple IDの認証が強力になったのだが、問題はこの「2ファクタ認証」に対応しているOSがEl CapitanとiOS9しか無いこと。すなわち「2ファクタ認証」するためにはこれらのOSで動いているデバイスが2つ以上所有していなければならないのだが、僕が持っているのはiPhone6Sだけ。どうする?
(1-4)Yosemite上のSafariでiCloudにログインして、「2ファクタ認証」解除を試したところiPhone6Sに認証コードが出現。「2ファクタ認証」を解除したおかげで無事iPhone6SもApple IDログインが可能になった。
(1-5)Apple IDの認証が甘いままで放置するのは気持ちが悪いので、そのままSafariで「2ステップ確認」をオンにする。またiPhone6Sだけでは不安なので「信頼できるデバイス」にガラケーも登録。(因みに「2ファクタ認証」が出てこなくなったのだが今のところ理由は不明。)
(1-6)OSが古いままで同じことを繰り返すのは嫌なので、MacBook AirのOSをEl Capitanのアップデート。特に問題が無さそうだったので、MacBook ProもEl Capitan化。

2) 問題発生:TeXが走らない
(2-1) 実は、El CapitanにするとTeXが動かなくなると言うのは有名な話だったらしい。(例えばここ
(2-2) 調べた結果、ここに従えば比較的簡単に動くようになるらしい、と言うことでやってみる。
(2-3) この中で、MacTeX最新版ダウンロードが結構大変。ミラーサイト経由でも結構時間がかかる。
(2-4) 次のコマンド実行も4時間ぐらいかかった。
$ sudo tlmgr update --self --all
(2-5) このサイトのやり方だけではうまくいかず。こちらの「ゼロから構築」で何とかクリア。
(2-6) 以前コンパイルできた論文のtexファイルで試したところ、一応通るようになった。が、ちょっとでも修正するとエラーで進まなくなる。
(2-7) エラーの原因を一つ一つ調べたところ、元ファイルに変な文字コードが入っていたことが判明。それを削除したら通るようになった。ただ、なぜ前のファイルがそれでもコンパイルできていたのか未だに不明。(日本語のエンコーディングの問題かも?)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年4月 | トップページ | 2017年2月 »