« 2014年8月 | トップページ | 2015年4月 »

2015/03/04

Adware

先日アメリカに出張した時のことでした。ホテルだったか友人の家だったか忘れたのですが、そこでネットに接続したあとブラウザがおかしな振る舞いをするようになりました。一つは検索エンジンで、Googleに設定していたはずがYAHOO!に変わってます。またホームページもなぜかYAHOO!になっていて、いくつかのサイトで自動的に広告のポップアップが出るようになってました。これらのうち検索エンジンとホームページは設定し直しで元に戻せたのですが、問題は広告のポップアップ。設定し直し等ではどうにもならず、調べたところadwareが悪さをしている、と言うことが分かりました。

このadware、一般的には「広告を目的とした通常は無料のソフトウェア」と言う意味でそれほど害はないらしいのですが、今回のadwareはユーザーの知らないうちに勝手にインストールされて広告を出し続けるわけで、ほとんど「マルウェア」(不正かつ有害な動作を行う意図で作成された悪意のあるソフトウェアの総称)だと言って良いもの。私のパソコンに入っていたadwareは"Flash Mall"と言うやつなのですがGoogleで検索すると結構悪名高いものらしく、早速The Safe Macなどを参照してAdware Medicと言うソフトを走らせて、ようやく駆除することができました。(因みにちゃんとdonationもしました!)

そんなわけでadwareの厄介さを知ったばかりの私だったわけですが、最近職場から「一部のLenovo製品にプリインストールされているソフトウェアの問題」と言うsubjectで警告のメールが届きました。これは、LenovoのパソコンにプリインストールされていたSuperFishと言うadwareがとんでもなく危険な代物だった、と言う話(例えばここを参照)です。何でも不正な証明書を発行してブラウザに受け入れさせるらしく、危険なサイトでも素通しになってしまうような抜け道を作るソフトだったとのこと。言わば、家を買ったら大家が犯罪者に合い鍵を渡していた、と言う類いの話で、本当に酷いもんだと思います。

私はどちらかと言えばネット上の危険に気をつけている方だと思っていたのですが、それでも感染してしまうadwareと言う名前のマルウェア。果たして本当の自衛手段はあるのでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年8月 | トップページ | 2015年4月 »