« 2014年7月 | トップページ | 2015年3月 »

2014/08/10

STAP細胞問題

2/2にSTAP細胞関連の記事を書いてから、思わぬ展開が次々と起こったもので後始末ができないままに今になってしまいました。この間、いろいろな立場の人がいろいろな意見を述べていて、その中には同意できるものもあればできないものもある。本当はその中から自分なりの考えをまとめて披露できれば良いのですが、とてもこの流れについて行きつつ独自の考えを述べる、と言うことはできそうもないので、科学研究者の一人としての基本的な立場だけ書いておきます。

1) 正しいか正しくないか、は「自然」が決めるもの。研究者は実験事実の前には謙虚でなければならない。
2) 科学的業績と研究者の人間性は分けて考える必要がある。人間性に問題があるからと言って研究成果に問題があるわけではないし、いい人だから良い研究ができるわけでもない。また、良い研究者だって思い込みや思い違いによってミスをすることはある。
3) ただ、実験や解析の上でのミスと捏造は全くの別物。ミスは許されるが、捏造は研究者同士の信頼を損なうものであり、絶対に許されない。

この一連の問題の中で笹井さんがどんな役割を果たしたにしろ、自ら命を絶つ必要があったとは思えない。もし外的な要因によってそのような立場に追い込まれたのだとすれば、その人/組織こそ責められなければならない、と思います。一方の小保方さんは、もう一度学生から出直すべき。今からどんな実験結果を出しても、誰も信用しないと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/08/09

TRIUMF実験

Imgp1543

木曜日からカナダのTRIUMFに実験に来ています。このTRIUMFは500MeVの陽子サイクロトロンを持っていて、素粒子原子核実験から物質科学、医療応用まで幅広い実験が行われています。"Canada's national laboratory for particle and nuclear physics"と言う名前が示すようにもともとは素粒子実験のために作られたのだと思われますが、高エネルギー実験の主力部隊はCERNに行ってしまって、現在はそれ以外の実験がメインになっている模様。作られてから40年も過ぎた古い施設なのですが、ミュオンの実験施設としては世界に4ヶ所しかないうちの1つなので、ある意味貴重な存在です。私自身はこれまでミュオン実験の経験は無かったのですが、昨年から始まった「摩擦と潤滑」のプロジェクトで実験をすることになったので、見学を兼ねて実験にやって来ました。

Imgp1541

このTRIUMFはバンクーバー市内の西端にあるブリティッシュ・コロンビア大学のキャンパス内にあります。

Imgp1550_2

これがミュオンなどの中間子を使う実験ホールの入口。一応この中は飲食禁止と言うことになっているのですが、実験ホールのドアは開けっぱなしです。

Imgp1563

これが実験ホールの中で、正面の遮蔽体の中にサイクロトロンが収められています。年季が入ったコンクリートブロックが積まれている様子は、J-PARCのハドロン実験施設に似ています。

Imgp1562

これがミュオンの実験装置の上から見た写真。

Imgp1560

これは同じものを横から見ています。今回の実験は日曜日の朝までの予定で、タイヤの材料となるポリマーの運動状態を調べます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年7月 | トップページ | 2015年3月 »