« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013/06/17

Garmin Forerunner 310XTをNike+と比較する(2)

次に、走行記録を管理するサイトの使い勝手を比較してみます。まずはNike+の方。

Nike

表示されているのは地図、高度とペースを重ねて書いたグラフ、走行距離や時間等のサマリー、そして1kmごとのラップタイム。必要最小限の情報なのですが、分かりやすい配置と表示だと思います。

続いてGarmin connectの方。

Garmin

「概要」以外にも「タイミング」「高度」「ペース」など詳細な情報が出ています。その他にも心拍数計を付けていればその変化も表示されますし、ケイデンスも記録できるそうです。従ってとにかく何でもかんでも記録される、と言うのがGarminの利点で、これはなかなか得難いものがあります。ただこの表示に対する不満は多少あって、例えば高度のグラフのスケールが大き過ぎる。上限が100mなのはともかく下限が-200mなのは、いったいどういうことなんでしょう。Garminは水泳でも使えるらしいのですが、まさか200mも潜れる人がいるはずもなく... 更にペースを示す「タイミング」の表示で、その変化の表示が細か過ぎて分かりにくいのです。それに対してNike+はかなり長い時間の平均値を表示しているのですが、しかしペースを守りながら走っている場合にはそれで良いはず。Garminのように細かく表示されてもあまり役には立ちません。

因みに地図の表示ですが、正確さで言えばGarminの方が圧倒的に上。以下の2つは同じコースを示しているのですが、どの道を走ったか、ぐらいしか分からないNike+に対して、Garminは道路の右を走ったか左を走ったか、まで分かります。

Nikemap

Garminmap


もっともランニングの記録、と言う意味ではGarminほど詳しい必要もないかも。逆にNike+はランニングペースに応じてルートに色が着くので、どんな感じで走ったか、が一目瞭然だと言うメリットがあります。

と言うことで、watchの使い勝手も含めて簡単で分かりやすいNike+は初心者向き。逆に設定は難しいものの豊富な情報が得られるGarminはプロ向きです。ただ、バイクやスイムをするわけではなくランだけだったらNike+でも十分だ、とも言えるわけ。その上Nike+はいろいろ目標を決めてそれに向けてトレーニングをしたり、あるいは友達を登録して競い合ったり、と言う使い方も可能です。iPodやiPhone等との連携もできるNike+はGPS watchを買わなくても使えるので、間口の広さもGarminよりも優れています。プロやハイアマチュアを対象に正常進化を進めるGarminに対して、初心者向けを越えて新しい地平を拓きつつあるNike+。どちらが良いかと言う判断は、もう少し使い込んでからになりそうです。

| | コメント (0)

2013/06/09

霞ヶ浦(西浦)西岸へ

今日は土浦から霞ヶ浦西岸を美浦まで行って帰ってきました。約60kmを2時間半弱で戻ってくる、と言うコースで、この1ヶ月では最長距離を走ったことになります。

ところで今日は「第18回霞ヶ浦一周サイクリング大会」と言うのをやっていました。たまたま霞ヶ浦総合公園前を通ったらたくさん自転車が出てきたので、途中まで並走することになりました。後で調べてみるとこの大会は霞ヶ浦(西浦)を本当に1周すると言う大会で、90kmほどあるそうです。1周のタイムを測定するグループとフリーに走るグループがあって、僕が並走したのはフリー走行の部だった模様。ほとんどはロードバイクだったのですがミニベロの人もいて、結構気楽そうなイベントに見えました。来年は僕も走ってみようかな?

| | コメント (0)

2013/06/08

Garmin Forerunner 310XTをNike+と比較する(1)

Imgp0949


これまでNike+ SportWatch GPSを愛用してきた(なんせ1台目のwatchが突然壊れて修理もきかない、と言う事態になったにも関わらず素直に2台目を買った)私でしたが、この度2機種目のGPS watchとしてGarmin Forerunner 310XTを買いました。理由の一つは、最近本格的にバイクで走るようになってきたから。Nike+にはランとバイクを分けて記録する、と言うような機能が無いので、バイクの記録を取るには別のモノが必要だったのです。バイクがメインなのでサイクルコンピュータを買う、と言う選択肢もあった(実際Edge500は真剣に検討した)のですが、持っているロードバイクには既にキャッツアイのサイコンが付いていたのと、Nike+以外のランニングウォッチを使ってみたかった、ということがあってGarminを選びました。因みにこの機種は心拍計との連動も可能、と言うのにも心が引かれました。なんせ年齢を考えればあまり無理しないように気をつけなければならないわけで。某ネットショップで(アウトレット品ながら)心拍計付きで26,000円を切る、と言う価格に引かれて、ついつい買ってしまいました。

この310XTですが、どうやらトライアスロン用ということでランとバイクを自動的に切り替える機能が付いているそうです。また使用時間も最大20時間ということで、ウルトラマラソンにも対応可能だ、とのこと。今月末に走る予定の「サロマ」は50kmにエントリーしているのでNike+でも十分持つとは思うのですが、将来のことを考えればここで買っておくのも悪い選択ではない、とも思いました。

パッケージを開封してパソコンに繋げばほぼ自動的に全てが進むNike+に比べると、Garminはややこしいのは確か。特に"Garmin ANT Agent"と言うソフトをインストールし、USB ANTスティックをパソコンに刺して、GPS watchを認識させるまでがなかなか大変でした。私のパソコンはMacBook Pro 13"(Retina)なのですが、なぜかANTスティックを刺してもソフトが認識してくれないことが多いのです。その上ANTに接続するためには310XTの方の設定も変更しなければならないわけです。購入した商品には日本語マニュアルも付いていたのですが、それも分かりにくくて苦労しました。更に訳が分からないのは"Garmin Training Center"と言うソフトで、こいつは起動しても"Bad map installation"と言うメッセージが出て何事も起きません。ランやバイクの記録はANT AgentがGarmin Connectにアップロードしてくれるので特に困るわけではないのですが、このへんの分かりにくさに気持ち悪さが残ります。とは言えとりあえず使ってみようと思い、今日は左腕に310XT、右腕にNike+を巻いて2時間半のLSDを走ってきました。

まず感じたのは手首への付けやすさ。310XTもNike+も樹脂製のよく似た感じのバンドなのですが、本体の付け根の部分の曲がりやすさが違うためか310XTの方が圧倒的に腕に巻きやすいのです。Nike+は全体的に固い、と言うのもあるし私の手首が細目(男としては)だ、ということもあるとは思うのですが、少なくともこの点では310XTの圧勝でした。

次に表示の見やすさですが、こちらは場合による、と言う感じ。Nike+は2種類の情報が表示されるのが標準で、私は通常は経過時間とペースを表示して必要に応じて距離を見る、と言う感じで使っています。それに対して310XTはこの3つの情報が同時にディプレイに出ているので、わざわざ切り替える必要がありません。ただだからと言って分かりやすいか、と言うとそれはまた別問題。走りながら手首に目をやった時に見たい情報がすぐには認識できない、と言うこともあるので、情報が多ければ良いと言うわけでもありません。そう考えると、小さな液晶画面に大小の文字で2種類の情報を表示する、と言うNike+のやり方は賢い、と思います。

走り始めるとどちらも(設定によって)1kmごとにラップを表示してくれるのですが、こちらは310XTの方が圧勝でしょう。310XTは1kmごとのラップをバイブレーションで知らせてくれるのに対して、Nike+はアラーム音(しかも小さい)が鳴るだけなので見逃すことが多いのです。また310XTにはオートストップの機能があって、信号などで止まっていると測定を自動的に止めてくれます。更に設定したスピードとの違いをビジュアルに見せる機能や地図表示機能など、一度には覚えきれないぐらいの機能を持っています。このへんはまさに、携帯用ハンディGPSのトップシェアを誇るGarminならでは、と言うところなのではないでしょうか。(第2回目に続く)

| | コメント (0)

2013/06/02

ロードバイク、ってやつは

130602

今日は昼食後のライド。今週は火〜土で50km以上ジョグしているので「気合い」はいつもの半分ぐらい。ロードバイクには乗ったもののシューズは普通のスニーカーで、どちらかと言うと「ポタリング」の気分で走り出しました。ところが谷田部から水海道までのルートが難関、と言うか問題、と言うか。とにかく真っすぐでアップダウンの多い道と、小貝川の堤防沿いの道が続くのですが、クルマと並行して走っているとどうしても飛ばしてしまいます。特に今日は東風が吹きこの区間では追い風だったこともあって、瞬間最大速度だと40km/hを越えるような勢いで走ってしまいました。ある記事に「ロードバイクは、乗った瞬間に『ポタリング』がポタリングでなくなる。長く走りたくなるから、ポタリング転じてツーリングになってしまうのだ。または、単なるトレーニングになってしまうことも多々あり、要するに停まりたくなくなる」と書いてありましたが、まさに至言だと思います。

因みに、本当に大変だったのはその後でした。まずは鬼怒川沿いに北上した時から感じ始めていた風が、東にルートを取った途端に正面から襲いかかってきました。しかも常総市からつくば市へのルートは若干上り坂になっていた、と言うこともあって、最後はへとへと。やっとのことで自宅に戻ってくることができました。ポタリングのつもりが単なるトレーニングに。ほんと、ロードバイクってやつは...

| | コメント (0)

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »