« 「ソフトマター」発刊です | トップページ | 第4回いわきサンシャインマラソン »

2013/01/19

Nike+ SportWatch GPSその後

1年半前、Nike+ SportWatch GPSと言う記事を書きました。国内発売前のこのウォッチをアメリカ在住の友人に買って送ってもらって使った、という内容だったのですが、その後このウォッチは私のランニングの友となり、フルマラソンを5回、ハーフマラソンを3回走っただけでなく、アルゼンチンやオーストラリア、ヨーロッパ、中国、マレーシア、アメリカ等世界中の国を一緒に走りました。世の中にはGPS機能を備えたランニングウォッチは数々あってそれぞれ一長一短あると思うのですが、私にとってはこれが唯一無二のもの。このウォッチが無ければ私のランナー生活は成立しない、と言っても良いほど不可欠のものとなっていました。

Imgp0678

ところがです。このウォッチが新年早々に反応しなくなってしまったのです。反応しない、と言ってもランニングウォッチとしては動くのですが、パソコンのUSBポートに接続してもウンともスンとも言わない。普段使っているパソコンはMacBook Proなのですが、これをMacBook AirにしてもWindows 7のパソコンにしても症状は同じです。Nikeのサイトに書いてある方法(ソフトの再インストール)をしても全く状況は変わらないので、Nikeのカスタマーサービスにコンタクトしてみました。

前述のようにこのウォッチは日本発売前にアメリカで購入して送ってもらったものなので、言わば並行輸入品と同じです。なので相手にしてもらえないかと思えばさにあらずで、サービスセンターに送れば見てもらえる、と言うことになりました。ただネット上で情報を検索した限りでは、故障した場合は修理不能となって交換しかなくなると言う感じ。しかも送っている間にはランニングには使えないわけなので、2台目を購入することにしました。

購入したのは楽天市場の並行輸入品。当初は正規品を買うつもりだったのですが、ナイキはネットでの直販はしていない様子だったのと、6ヶ月保証が付いていたということで選びました。で、待つこと1日。すぐに届いたのですが...

Imgp0679

なぜかパッケージはamazonでした。通販で買う時には楽天かamazonか悩んで楽天で注文したのに、なんか変な感じ。

Imgp0681

amazon.co.jpは通販の元締めみたいな感じになっているのでしょうか?

Imgp0687

で、届いたのがこれ。Nike+のシューポッドが付いていないモデルで購入価格は15,000円以下。1年半前には輸入品が25,000円ぐらいしていたことを考えると、安くなったもんです。watch自体は1台目と全く同じなので使い勝手は全く変わらず、ハードウェアを交換したことによるトラブルもなく普通に使っていました。

さて、修理のために返送した1台目はどうなったかと言うと、一昨日になって以下のメールが来ました。

> NIKE+商品につきましては修理対応のご用意がないため、
> ご指摘の点を、担当部署にて確認いたしましたが状況改善には至りませんでした。
>
> 残念ではございますが、保証期間を経過している為、ご返送させていただくことと相成ります。

要するに保証期間を過ぎて壊れたら修理はできないよ、ってこと。このウォッチは樹脂で固められていて見るからに「分解修理はできません」と言う感じなのですが、その予想通りだったと言うことになります。いくら他社のGPSウォッチに比べて安いとは言え2万円近くする品物が1年半で使えなくなる(まあ、ランニングウォッチとしての機能はそのままなのですが、ネットに繋いでNike+のサイトと情報のやり取りができなければ価値は半分以下)と言うのは、決して納得できるものではありません。いくら使い捨て文化のアメリカの製品とは言え、もう少し何とかならないもんだろうか、とか考えつつサービスセンターから戻ってくるのを待っていたのでした。

その返送品は、今日自宅に届きました。送った時とは違って新品と同じようにきっちりと梱包して帰ってきた1台目のウォッチ。修理されていないことを確認するためにパソコンに刺してみたのですが、何とちゃんと認識するではないですか!!!カスタマーサービスの猛者たちが試してダメだったことが、何でここになってうまく行くのかさっぱり分かりません。パソコンに認識された後にNike+にアップされた情報を見ると2つほど変な履歴が記録されていたので、もしかするとウォッチの中のプログラムが暴走しただけなのかも。色々と謎の多いNike+に、また一つ謎が増えました。

更にその後:何度か抜き差しすると、やはり認識されない問題発生。元に戻ったように見えたのはたまたまだったようです。因みにこの「修理できない」問題は世界共通らしく、Nikeの対応を批判する記事も見つかりました。因みにこの人、Webにこの記事を書いた後にNikeから新品のウォッチを送ってきたのだそうです。

|

« 「ソフトマター」発刊です | トップページ | 第4回いわきサンシャインマラソン »

コメント

同じ様な経験あり、1年ぐらいで、中が曇り、液晶が点滅、そして呆気なく、表示が消えました。防水のはずなのに水に弱い⁈
ナイキは、丁重に確認してくれましたが、同じ様に丁重に返送されました。
安いとは言え、2年もたたずに使えないなんて、それでも記録が大切なので、iPhoneアプリで使用しています。
何とかならないのかな⁈まだ、納得できません(>_<)

投稿: 山田博行 | 2013/07/31 08:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「ソフトマター」発刊です | トップページ | 第4回いわきサンシャインマラソン »