« 2012年3月 | トップページ | 2012年8月 »

2012/06/18

ユナイテッド航空での出張

昨日からメリーランド州ゲイサーズバーグに来ています。この4ヶ月で3回目のアメリカ出張なのですが、今回はアメリカ側(NIST)が旅費を持つことになっているためアメリカの航空会社を使わなければなりません。コードシェアもダメだということなので、やむなくユナイテッド航空を利用することになりました。

R0011640

まずは成田空港内のラウンジへ。並んでいる食べ物はパンやスープ、カットフルーツなどアメリカっぽいものが多く、また雑誌や新聞もアメリカのものを置いています。ただ、全体的なデザインは日本を意識しているのか、あちこちに神輿や人形、布袋さんの置きものなどが飾られています。日本人の目から見ると何だかちぐはぐな感じがするのですが、アメリカ人が思っている日本的な雰囲気、なのかも知れません。

R0011641

今回のユナイテッドはANAとのコードシェアになっていて、機材もANAと同じボーイング777なのですが、やはりサービスの質がかなり違います。

R0011646

まずは機内食ですが、「チキンかビーフか」と聞かれたので選んだビーフがこれ。肉は軟らかかったしソースの味も悪くは無かったのですが、腹がいっぱいになればいいかな、と言う(つまりエサ)レベルです。因みに飲み物を配ってから気流が悪く食事が出るまで1時間以上待たされたのですが、改めての飲み物を配ることもありませんでした。(食事後に配りに来ただけ。)また、ナイフやフォークがプラスチックなのもアメリカらしいところ。

R0011642

飛行機の中での楽しみの一つは映画で、ユナイテッドも一応シートテレビが付いています。ところが見たい時に見れるわけではなく、チャンネルごとにただ流しているだけ。なのでいつ始まるのか、始まったのか分からないわけです。またガイドブックを見てもどのチャンネルで何の映画を放送しているのかが書いてないので、チャンネルをあちこち動かして見て判断するしかありません。しかも日本語の吹き替えがある映画は3本だけで、その上クソつまらない(としか思えない)映画で、早々に見るのを諦めて寝ることにしました。

R0011647

エコノミーの狭い席ながら結構いい気持ちで寝ていたら、夕食のあと3時間後ぐらいに軽食を配り始めました。僕は要らないので寝ていたのですが、何といきなり胸の上に袋詰めのまま置いて行くではないですか。仕方なく起きて食べることにしたのですが、トマトジュースをくれと言ったのにオレンジジュースを置いて行くし、何だかもう...

R0011648

到着前の朝食。「パスタかオムレツか」の選択肢があったのですが、他の人のパスタを見たら何だか量が多くて胃もたれしそうだったのでオムレツを選択。これも味は悪くなかったのですが、野菜が何も入っていないのが残念。

と言うことで、いろいろあったもののほぼ予定通りにダレス国際空港に到着。映画が見れない分、本を読んだり仕事をしたりもできたし、睡眠も6時間ぐらいは取れたので「単なる移動」と考えればこれもありかな、と思いました。(でも、次は絶対ANAにするけど。)

| | コメント (0)

2012/06/02

MacBook Proのキーボード交換

妻が使っている自宅のMacBook Proに、うっかり水をかけてしまいました。慌てて裏ぶたを開けて水をふき取り乾燥したのですが、キーボードのオプションキーが押しっぱなしのような症状が出ます。アップルストア内のGeneus Barで相談したところ、とりあえず分解してチェックするだけで7万円以上かかり、部品代を入れたら新品が買える値段になり兼ねない、と言われて断念。自分で修理する道を探ることにしました。

まずは本体の型を正確に知ることが重要なのですが、A1278にはマイナーバージョンが10もあります。システムプロファイラで「ハードウェアの概要」でモデルIDを見れば良いのですが、起動しないことには知りようがありません。いろいろ調べたのですが結局良く分からず、「たぶんCPUがCore 2 Duoで一番新しい機種だろう」と仮定して部品を調達することにしました。

部品を買ったのはPowerbookMedic。ここを見れば、分解の方法もちゃんと載っています。キーボードは「トップケース」と一体のパーツとして販売されていて、中古品だと約$170で送料込みで約$200。円高を考えると国内の中古やオークションで買うより安そうなので、これを使うことにしました。

で、パーツは昨日到着したので、早速今日交換をしてみました。PowerbookMedicにはLCDの外し方が載っていなかったので多少困ったのですが、そう言う時に頼りになるのはiFixit。そちらも参照しながら交換を行って、無事修理完了となりました。

因みに件のパソコンは実はCore i5のモデルで、購入したパーツは型番違いだったのですが、問題と言えば右側のスピーカーが入れにくかったことぐらい。水をかけたことによるキーボード以外の部分へのダメージもなく、無事復旧できました。(ただし、キー配列はUS版。これはこれでOK)

| | コメント (0)

« 2012年3月 | トップページ | 2012年8月 »