« 南米への第一歩 | トップページ | ICANS-XX in Bariloche »

2012/03/09

ブエノスアイレスの朝

Buenos Aires

ブエノスアイレス滞在は国際線から国内線への乗り継ぎのためだったので1泊だけだったのですが、せっかくなので翌日の朝にホテルの周りを散策してきました。

Tome de los Inglesses (英国塔)

レティーロ駅前のアルゼンチン空軍広場に立つ「英国塔」。1916年にアルゼンチンの独立を記念して英国政府から寄贈されたものだそうですが、フォークランド紛争の時には標的にされてかなり壊されたのだそうです。

Av. Alicio Moreau de Justo
Barrio Puerto Madero

プエルト・マデーロ地区は、ドックに面した保税倉庫街を再開発してきれいなレンガ造りのレストラン街になっています。

Darsena Norte (ブエノスアイレス北港)

ラプラタ川は海のように広く、港の外には水平線しか見えません。

Est. Retiro

遠くから見ると綺麗なレティーロ駅。ブエノスアイレスは「旧植民地」と言う呼び方がぴったりの、活気と退廃感のある街でした。

|

« 南米への第一歩 | トップページ | ICANS-XX in Bariloche »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 南米への第一歩 | トップページ | ICANS-XX in Bariloche »