« 2011年10月 | トップページ | 2012年1月 »

2011/12/01

第31回つくばマラソン

Tsukuba

先週の日曜日に「第31回つくばマラソン」に参加しました。記録が出やすいと言うことで有名なこの大会は、地元開催と言うこともあって私にとっては最も重要な大会。去年のつくばは2度目のフルマラソンだったので手探りだったのですが、今年はその経験を生かしてそれなりにきっちりと準備をしてきたはずです。特に昨年は後半に失速して惜しいところでサブ4を逃しているので、今年こそはと思って臨みました。

この日の天候は薄曇りで無風。気温もさほど高くなく、マラソンには絶好のコンディション。スタートラインまでは自転車ならば10分もかからないぐらいのところに住んでいるので、ゆっくり起きて余裕を持って準備して家を出ました。この日はいつも以上に会場のトイレ待ちの列が長かったらしいのですが、おかげで余計な心配をすることなくスタートすることができました。

今回はNike+ SportWatch GPSを持って走るので、ペースをチェックしながら走ることができます。30kmぐらいまでは4時間ペース(5'40"/km)をキープして終盤勝負でサブ4を達成する、と言う作戦だったので、最初は前を急ぐ周りのランナーは気にしないようにして、とにかくペースを守るように走りました。その結果、5kmのスプリットは27'49"。ほぼ予定通りのペースです。

ただ、12,000人もの参加者がいるマンモス大会ゆえにスタートラインを越えるまでに4〜5分かかっています。これを「10kmで1分縮める」と考えるならば、多少はペースを上げた方がいいかな、と思いつつ走っていたら、次の5kmのスプリットは26'25"。なんと5'11"/kmペースになってました。

4月の掛川マラソンで、前半飛ばして後半バテると言うパターンは経験済み。なのでここは自重すべきと考えて、その後意識的にペースを落とそうとしたのです。でも気持ちよく走りたいと言う誘惑もあって、結局は5'20"前後で20kmぐらいまで来てしまいました。15kmのラップは1時間21分、20kmは1時間48分。中間地点では1時間58分44秒で、何と昨年と1秒しか違わないペースです。昨年と同様に足にマメができたような感じはするし、右膝の痛みまで出てくるしで、走りの調子の良さとは裏腹に心の中は不安で一杯でした。

つくばマラソンの折り返し地点から27kmあたりまでは、筑波山を見ながら走る直線となっています。途中で有名な「ロッキーおじさん」に会えると言う楽しみ?もあるのですが、逆に言えばそのぐらいしか変化のない単調なコースです。私も昨年はこのへんから足に来て、後はひたすら苦行に耐えると言う感じだったのですが、今年は何とかクリア。20km〜25kmのスプリットは27'24"で行けました。その後の北部工業団地のイチョウ並木あたりから足に重さを感じるようになってきたものの、25km〜30kmのスプリットは28'04"でペースは5'37"/km。このまま5'40"/kmをキープして粘れば、余裕でサブ4達成かな、と言う気になってきていました。

ただそのへんで気になったのは沿道の声援で、「これなら4時間行けるぞ。頑張れ!」と言う声が多く聞こえるのです。自分としてはサブ4のペースを上回っていて余裕で行けるつもりなのに、なんでそう言う事を言うのだろうと思いながら走っていたのですが、それが分かったのは35kmの付近でのこと。ずっと前の方に、風船を付けた人が走っているのが見えてきたのです。つまり、4時間のペースメーカーはずっと自分の前にいた、と言うわけです。

思い返せば昨年のつくばマラソンでは、28km付近でこの4時間の風船に追いつかれ、何とか付いて行こうと思ったものの振り切られてしまった、と言う苦い思い出があります。また掛川マラソンでは10kmあたりでペースメーカーを抜いたものの、その後足が止まって25km付近で置いてけぼりにされたのでした。今回は10kmぐらいで風船を抜いたはずだったのになぜこう言うことなのか分からなかったのですが、ともかく私の位置は4時間ペースよりも遅いらしい。30km〜35kmのスプリットは28'28"で更にペースが落ちていっぱいいっぱい、と言う気分だったのですが、とにかく風船を抜かなければ、と気持ちを入れ直すことができました。

と言うことで4時間のペースメーカーを抜いたのが残り5kmの地点。そこから先は、とにかくこの風船に抜かれないように必死でした。幸いなことに足のマメも膝の痛みも後半はあまり気にならなくなり、そのおかげで35km〜40kmのスプリットは27'35"。さすがに最後の2.195kmはよれよれだったものの、何とかグロスでのサブ4を達成し、ネットの自己ベストも6分以上短縮することができました。

両足のマメと筋肉疲労で散々だった、と言う印象だった昨年のつくばマラソン。今年も両足に(小さいながら)マメができたり右膝が痛んだり、と悪条件はありました。しかしそれでも後半失速することなく走りきることができたのは、この1年間の練習の成果かな、と思います。目標だったサブ4は達成できたわけですが、走り始めて2年の私はまだまだ伸び盛り(のはず)。今後更に上の目標を目指して、頑張りたいと思います。

| | コメント (0)

« 2011年10月 | トップページ | 2012年1月 »