« PowerMac G5の筐体にWindowsマシンを入れる(その3) | トップページ | 第31回つくばマラソン »

2011/10/31

PowerMac G5の筐体にWindowsマシンを入れる(その4)

6293913356_08939761c2

まずはマザーボードの取りつけ。前述のようにアルミの板の筐体への取り付けがいい加減なのでマザーボードはぐらぐらしているのですが、拡張ボードを3枚(グラフィックボード、TVキャプチャーボード、サウンドボード)を入れてシャーシに固定するとそれなりにしっかりします。

6293899218_979a01f706

HDDはそのへんに転がっていたものを2台。1台はSATA、もう1台はIDEです。IDEはマザボの上にそれらしいコネクタがあるので繋いでみたのですが、なぜか認識せず。PowerMac G5に付いていたDVDドライブもIDEなのでこのポートが使えるとありがたいな、と思ったのですが、認識しないのであれば仕方がないので諦めて、SATAへの変換アダプタをかませて使うことにしました。

Fan

次はケースファン。もともと風通しの良い筐体なのでそれほど大きなものは要らないはずです。なのでサイズの合う汎用のファンを買ってきて付ければ良いのですが、そこで目に留まったのが写真の2連のファンです。これはもともと拡張ボードの部分に挿して使うものなのですが、試しに買ってはめてみたらピタリ!わずかにずれてはいるものの、そんなことは気にならないぐらいきっちりとはまりました。

6293398171_9fb6ccdab9

続いて電源ですが、元々のJ4509のは壊れていたのでパソコンショップでジャンクの470Wの電源を1000円で買ってきて入れました。きっちりと取り付けるのも面倒なので、キッチン用のアルミテープで仮止めしただけ。とにかく巨大な筐体の中身はスカスカなので、どこに置いても大丈夫です。

6293400549_770da0c5f3

必要なものを筐体に入れて、配線も済ませた結果こうなりました。G5オリジナルのDVDドライブはそのまま残してありますが、IDEが使えないので配線はしてません。いずれSATAのドライブを手に入れたら入れ替えようと思っていますが、Macの場合のようにキーボードからトレイを開けるわけにはいかないので(できないよね?)やらないかも。むしろDVDとHDDの間のファンが動いていないので、これを使えるように(あるいは別のものを入れるとか)する方が優先かも知れません。

6293406355_fb2a7229a4

こちらは組み上げた後の裏面です。まあまあ綺麗に仕上がっているように見えますが、実はマザボの外部入出力端子の部分がケースの裏面と高さが一致していません。なので少々無理やり感があるのですが、一応全ての端子が使えるのでいいことにします。また電源ケーブルもケースのコネクタに挿すようになってませんが、これも実用上は問題ないのでそのままです。

6293412309_263624b021

と言うことで、出来上がりの写真がこれ。見た目はPoweMac G5のままで、Windows Vistaが走るパソコンの完成です。

|

« PowerMac G5の筐体にWindowsマシンを入れる(その3) | トップページ | 第31回つくばマラソン »

コメント

桜井と申します、3日の内1日だけの仕事師?です68才
5年前まで水道 冷暖房 汚水 排水 早い話水道屋でした。G52台(中有りと中無)Windows 入れたら面白いと思つて居たところです、良い手本が見つかりお礼をしたいくらいです。G5のスイツチ使いたいですね 前面が良ければ満足ですが、、、、道具はそこそこあるので
http://ganbarukobo.jugem.jp
がんばるこぼう じゅげむ じぇいぴい
出来たら出しますので暇が出来ましたらのぞいて下さい、
ガンバルゾー

投稿: 桜井宣昭 | 2013/03/15 09:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« PowerMac G5の筐体にWindowsマシンを入れる(その3) | トップページ | 第31回つくばマラソン »