« 第39回釧路湿原マラソン | トップページ | PowerMac G5の筐体にWindowsマシンを入れる(その1) »

2011/08/26

Nike+ SportWatch GPS

K7IM0891

本格的に走り始めて1年半。そのきっかけとなったのはNike+ iPod Sport Kitを買ったからなのですが、それ以来Nikeのサイトに走った履歴が積算されて、総走行距離は3,400kmを越えました。iPodを持って走ると音楽が聴けて楽しい、と言う面もあるのですが、それよりも走った距離や時間、ペース等が記録されて行って、週に何回何km走ったとか、月ごとの積算とか、そう言うのが目に見えて分かるのが楽しいし、またモティベーションにもなるのです。僕がフルマラソンにまで出るようになったのは、ひとえにこのNike+のおかげだった、と言っても過言ではありません。

そんなわけで最近は出張や旅行に行く時は、必ずランニングシューズとiPod Sport Kitを持って行きます。これはトレーニングのため、と言うよりもむしろ観光が目的。ジョギングしながら行った町のあちこちを巡る、と言うのは、カメラを持って歩き回るのとはまた違った楽しみがあるのです。例えばパリに行った時は北駅から凱旋門、そしてシャンゼリゼ通りへ。スペインのグラナダに行った時は、アルバイシンの山の上まで。プラハではカレル橋からプラハ城、そしてユダヤ人街へ。まだ人々が起きだす前の時刻に石畳の感触を感じながら走るのは、何とも言えないほど楽しいものです。

ただそう言う時に残念だな、と思ったのは、走ったコースが自動的に記録されないこと。このiPod Sport KitにGPSが付いていればなー、とずっと思っていました。

#と言うことでGPS付きウォッチとか携帯とかいろいろ考えたのですが、どれも高いしNike+と関係ないと言う意味で満足できそうにない、と思いました。唯一、iPhoneだけが要求を満たすので、docomoで使うためにイギリスでSIMフリーのを買ってくる、と言う裏技を考えたりもしたのですが、さすがにそのためだけに7万円以上払うと言う気にはなりませんでした。

そんな中、発売が発表されたのがこの"Nike+ SportWatch GPS powered by TOMTOM"だったわけです。GPS付きで、Nike+にリンクできる。しかも価格は$199と、ガーミンあたりのGPSウォッチよりもかなり安い。これはぜひ欲しい!と物欲がむくむくと湧いてきたのですが、当初「6月ごろ日本でも発売」と言ってたのにいつのまにか未定となりいつ出るか分からなかった(その後、10月ごろ発売とのアナウンスがあったらしい)のです。そこで6月にアメリカ出張した際に何とか購入できないかとあちこち探し歩いたのですが、残念なことに町の中のショップではほとんど見つからないらしく、通販しか手に入れる方法が無い模様。そして、アメリカ国内で注文しようとしてもカード所有者の住所が国外だと受け付けてくれず、止むなくアメリカ在住の友人に購入を依頼したのでした。

そしてついに友人から届いたのが今週月曜日。その翌日に風邪を引いて走れなくなった、とかいろいろあったのですが、その後無事使うことができました。と言うことでようやくここで本題。"Nike+ SportWatch GPS"の使用レポートです。

1) ネットワークに接続できるパソコン(これが無いと何もできない)を用意して、nikeplus.comからソフト(Nike+ Connect)をダウンロードしてインストール。
2) ウォッチのバンドの端っこを開いて出てくるUSB端子をパソコンに刺すと、ソフトが自動的に起動してNike+のサイトへのログインを求めてくる。(Macの場合、デフォルトブラウザをFireFoxにしているとここがうまく行かない。Safariならば大丈夫。)
3) ブラウザでログインできて、初めてNike+ Connectからの設定が可能になる。ここでmile表示を選ぶかkm表示にするか、ラップを取るか等の設定をする。
4) シューズに付けるセンサーはiPodとSportWatchと共通で大丈夫。ランの後にサイトにアップロードすると、iPodの情報とSportWatchの情報が同じであることを認識してくれる。
5) 走り始める前にSportWatchの緑のボタンを長押し。するとセンサーを探しに行くのだが、シューズのセンサーだけでなくGPSも見つけるまでしばらく待つこと。途中からGPSを認識する、と言うような事はしてくれない。
6) 開けたところではGPSで位置を決め、電波の届かないところではシューズのセンサーで走りを記録するらしいが、木陰の多いルートを走ってもちゃんと位置を認識していた。
7) 走り終わってからパソコンに接続すると、自動的にNike+のサイトにログインして記録をアップロード。GPSの情報が無事入っていれば、Nike+の履歴にルートが表示されるようになる。

と言うことで、今のところ僕が求めていた通りのことができているので、とても満足しています。日本での価格が幾らになるのか知りませんが(因みに今のレートだと15,000円になる)きっと売れると思います。むしろ既にNike+ iPod Sport Kitを利用している人には、こちらを使うことをお勧めします!

#因みにAmazonからなら輸入品を購入可能です。ただ、価格は25,000円以上するそうですが。

|

« 第39回釧路湿原マラソン | トップページ | PowerMac G5の筐体にWindowsマシンを入れる(その1) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 第39回釧路湿原マラソン | トップページ | PowerMac G5の筐体にWindowsマシンを入れる(その1) »