« 2010年12月 | トップページ | 2011年3月 »

2011/02/11

第59回勝田全国マラソン

2


1/30に第59回勝田全国マラソンを走ってきました。フルマラソン参加は昨年秋の「飯坂ふくしまマラソン」と「つくばマラソン」に続いて3回目。勤務地である東海村を通るコースなので、半分は地元の大会、と言うことになります。

当日は好天だったものの、全国的には冬型の気候で勝田の気温も低め。11時のスタート時点では太陽のぬくもりも感じたのですが、その後晴れたり曇ったりで気温も上がらず、暑くなったら脱ごうと思っていたアームカバーや厚手の手袋も外すことはできず。冬のマラソンを走るのは初めてだったのですが、秋との違いを痛感しました。

スタートは勝田駅前の表町商店街で、あまり広くないためスタート位置を越えるまでに5分ほどかかりました。またつくばマラソンの経験(前半ペースを上げ過ぎて後半辛かった)を生かして、序盤はゆっくり目を心掛けて走りました。その結果、中間地点の通過タイムは2時間1分ちょっとで前回よりもラップで2分ほど遅かったのですが、その後は順調。距離を踏むにつれて右足裏の違和感と主に太ももの筋肉痛は出てきたものの、最後までへたれずに走りきることができました。

ただちょっと辛かったのは、公式エイドに飲み物しか無かったこと。私設エイドが多かったので食べ物の補給はできたのですが、しかしその多くはバナナかチョコレートで炭水化物が無かったのでさすがに腹が減りました。またアップダウンは10km手前の村松虚空蔵尊の付近だけかと思えばさにあらず。特に30km付近からの細かいアップダウンが堪えました。更に常磐線の跨線橋を越えたところで、一般車の通過のために一時的にコースを塞がれたたのも困りました。時間的には1分ぐらいだったとは思うのですが、マラソンでこんな経験は初めてだったので少々気持ちがダウンしました。

前の2回のフルマラソンでは30km以降の失速を経験したのですが、今回は抑え目に入ったこともあって終盤に力が残っていた感じがありました。残り5kmの表示を見た時のラップタイムは確か3時間30分ちょっと。ここから5分/kmで走り切ることができれば、サブフォーを達成することができます。そこで思い切って顔を上げ、胸を張って両腕を大きく振って「スパート」をかけました。そして最初の1kmは目標ペースで走ることができたのですが、しかしそこで敢えなく電池切れ。あとの距離は何とか気持ちで足を動かしたのですが、ゴールした時には4時間4分を回っていました。ただ、それでも前回のつくばマラソンよりも1分以上更新した自己ベスト。スタートラインまで到達するまでの5分を引いたネットのタイムは3時間59分24秒で、一応「サブフォー」達成です。

思い返して見れば前回のつくばマラソンからの2ヶ月の間に2度も熱を出し、寝込んで練習ができない時期がありました。特にハワイ出張の直後には、足に入った細菌のおかげでしばらく靴を履くことすらできませんでした。そう考えると、この「寒い」「アップダウンの多い」「腹が減る」大会で記録を更新できたのは、我ながらすごいことなのかも?

| | コメント (0)

« 2010年12月 | トップページ | 2011年3月 »