« スペイン出張〜グラナダとアルバイシン | トップページ | スペイン出張〜アルハンブラ宮殿(2) »

2010/07/21

スペイン出張〜アルハンブラ宮殿(1)

Palacio de la Alhambra

グラナダ、と言えばイスラム芸術の最高傑作とも言われるアルハンブラ宮殿。ナスル朝最初の王だったアル・アフマールが13世紀に築いた宮殿で、完成まで7代100年ほどかかっているとか。その美しさは「魔法を使って宮殿を完成させた」と讃えられるほどだったそうです。

Palacio de la Alhambra

ここにはツアーに参加して行ったのですが、最初に案内されたのは「カルロス5世宮殿」。カトリック両王の孫カルロス5世が16世紀に建築したものだそうで、当時のルネッサンス様式の宮殿となっています。

Palacio de la Alhambra

その後、チケットに印刷された時間に「ナスル朝宮殿」に入ります。

Mexuar

「メスアール宮」は宮殿の現存する最も古い部分で、行政と司法が行われていました。

Palacio de la Alhambra

偶像崇拝を禁止するイスラム教では、室内の装飾に人物像を掲げることはできません。そのためアルハンブラ宮殿の壁は、ほとんど全てこのような幾何学模様で飾られています。

Patio del Mexuar

メスアール宮を出ると中庭があり、次のコマレス宮に続いています。

|

« スペイン出張〜グラナダとアルバイシン | トップページ | スペイン出張〜アルハンブラ宮殿(2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« スペイン出張〜グラナダとアルバイシン | トップページ | スペイン出張〜アルハンブラ宮殿(2) »