« 領域研究会最終日 | トップページ | micro-beam SAXS@SPring-8 »

2009/07/06

J-PARC完成記念式典

R0010158

今日の午後3時半から、東京九段で「J-PARC完成記念式典」が行われた。KEKと原子力機構(当時原研)がそれぞれの加速器の計画を統合して「大強度陽子加速器計画」としてスタートしてから10年。それから様々な紆余曲折を経ながら、昨年は中性子とミュオンを、今年はハドロンとニュートリノを予定通り発生させることができた。今日は関係者多数と文部科学大臣や参議院議長を初め国会議員、学術会議会長、海外の研究者ら錚々たる来賓を招いて完成を祝った。

Prof. Makoto Kobayashi

そして、この中で記念講演を行ったのはノーベル賞受賞者の小林誠さん。彼はJ-PARC建設のど真ん中だった2003年〜2006年にKEK素核研の所長を務めていたわけで、完成に対する思いもひとしおだったものと思われる。今日はJ-PARCで行われるサイエンス全般について紹介したのだが、彼の口から「中性子回折とは」と言う話を聞くのはなかなか新鮮だった。

因みに今日の午前中はKEKに行って仕事。先週出張している間に引っ越しがあり、これまでの普通の部屋から主幹室に移っていたのでとりあえず使えるように片づけをした。またその後、今日〆切のPFの課題審査の仕事をした。「式典」は小林さんの話が終わってすぐに抜け出して、明日からの実験に備えてSPring-8に移動した。

|

« 領域研究会最終日 | トップページ | micro-beam SAXS@SPring-8 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 領域研究会最終日 | トップページ | micro-beam SAXS@SPring-8 »