« 第4回領域研究会 | トップページ | 領域研究会最終日 »

2009/07/02

領域研究会2日目

領域研究会2日目は、朝のセッションからポスターセッション、午後のセッション、そして懇親会とずっとプログラムが詰まっていたのだが、重要なメールが次々と来ていたので途中で何度か抜け出して「仕事」をしていた。

因みに研究会の発表の中では、北大電子研の永井健治さんの話が面白かった。これは蛍光タンパクのアミノ酸配列を操作することによって、「良く光るタンパク質」や「最短波長で光るタンパク質」を作り出す、と言うもの。流行とは逆の方向を狙って研究するのが新しい結果を生み出す秘訣であること、失敗にめげずに他人の何倍もの試行錯誤を繰り返すことが成功の鍵であることなど、参考になる話が多かった。

|

« 第4回領域研究会 | トップページ | 領域研究会最終日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 第4回領域研究会 | トップページ | 領域研究会最終日 »