« 論文修正など | トップページ | 中性子PACメンバー »

2009/03/10

会議はさておき

午前中から昼にかけて会議が2つと打ち合わせがあったのだが、そっちは面白くなかったのでここではさておき。

KS君が第一著者の論文だが、共著者は小貫さんの他に2人いる。昨日その2人にも原稿を送って意見をお願いしておいたのだが、今日その2人から返事が届いた。2人とも内容的には問題がない、と言うことでそれはそれで良かったのだが、そのうちの1人から「実験を手伝った人(仮にAさんと呼ぶ)を共著に入れて欲しい」と言うメールが来た。この論文の実験に僕自身は関わっていなかったので「良く分からないので検討してから返事する」と書いたのだが、そのついでに「共著者とは論文の内容に対して共同で責任を負わなければならないので、実験を手伝っただけでは共著に入れないのが普通ではないか」と書いた。そしたら件の人から「自分も同じ考えだ」と言う返事が来たのだが、その返す刀でAさんに対して「実験の手伝い以上の仕事をしろ云々」と言うお叱り?のメールを出していたらしい。もともとAさんのことは論文でAcknowledgeしていて本人も了解していたらしいのだが、なぜここで敢えてわざわざ「共著に入れろ」と言ってきたり「手伝い以上の仕事をしろ」とか言う必要があるのか。世の中にはいろいろな人がいるもんだなー、と思った。

そう言う問題はあったのだが、しかし全体として論文の内容は更に進展。今日は細かい数値のチェックと編集者へのcover letterを書いた。

|

« 論文修正など | トップページ | 中性子PACメンバー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 論文修正など | トップページ | 中性子PACメンバー »