« S型課題の審査 | トップページ | J-K Meeting/the 2nd day »

2009/02/09

The 9th JAPAN-KOREA Meeting

IMGP2584

今日からThe 9th JAPAN-KOREA Meeting on Neutron Scienceのために釜山に来ている。釜山に来るのは2002年に続いて2回目。ただ前回は遊びだったので、仕事で来たのは初めてである。市内北部にある釜山国立大学を会場に、日韓から合わせて40人ぐらいが参加した。

今回の「日韓中性子」は当初出席の予定はなかったのだが、アジアとの交流を目的としたお金があると言うことで急きょ参加することになったのである。と言うことでポスター発表になったのは当然の事ながら、そのポスターも自宅に忘れてくる、と言う体たらくだった。ただ、その「やる気の無さ」とは裏腹に得るものは大きかった。一つはKAISTのSung-Min Choiの話で、リン脂質ベシクルにペプチドを入れて穴を開け、その時の曲げ弾性の変化をNSEで測定した、と言うもの。山田君がやっている仕事(因みに昨日論文がPREにacceptされた)に関係が深く面白かった。もう一つはポスター発表で、長尾君と共著で書いた論文の話(R(Q)とR(Q,t))を出していたらM. W. Kimが食いついてきた。また彼にはKS君の結果も示したのだが、どちらも面白いと言っていた。

IMGP2586

夕方はBanquet。その後ChoiやSungil Park、Kwanwoo Shinら韓国人に連れられて韓国国内でも指折りのリゾート地である海雲台まで行ってきた。今日は旧暦で初めて満月になる日なので海雲台でお祭りをやっている、と言う話だったのだが、時間が遅かったためイベントらしきものは何もやっていなかったのが残念。しかしそこで食べた韓国料理は、海産物主体で美味しかった。

|

« S型課題の審査 | トップページ | J-K Meeting/the 2nd day »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« S型課題の審査 | トップページ | J-K Meeting/the 2nd day »