« 中性子科学研究系主幹 | トップページ | つくばソフトマター研究会 »

2009/02/20

シフト

朝から東海に行って、J-PARC/MLFのシフトに入った。久々のシフトだったのだが、J-PARCが順調に動いていたからか、あるいはほとんどの装置が立ち上がって利用が始まっているからかやることはほとんどなし。暇つぶし(?)にメールに対応したり論文を読んだりしていた。

因みに読んでいた論文は、Visak et al.による"The Hidden Phase Diagram of Water + 3-Methylpyridine at Large Absolute Negative Pressures" (J. Phys. Chem. B, 107, 9873 (2003))というもの。重水/軽水と3MPの混合系の相図を、圧力との関係に着目して明らかにしよう、としたものだ。重水と3MPの混合系と言うのはKS君が実験を行っている試料で、塩を入れると周期構造が現れる、と言う面白い現象が見られているのだが、それ以前に無塩系でも妙な振る舞いをすることが知られているのである。その一つが相図で、重水ならば温度変化により相分離が見られるのに、軽水だと相分離しなくなり全組成で一様に混じり合うのである。Visak et al.はこの問題に取り組もうとしていて、なかなか示唆的だった。

|

« 中性子科学研究系主幹 | トップページ | つくばソフトマター研究会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 中性子科学研究系主幹 | トップページ | つくばソフトマター研究会 »