« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008/12/26

大掃除と発表練習

朝イチでNIさんと打ち合わせ。その後吉川研の大掃除を手伝った。昼からMH君のD論発表のための練習。その後、MH君、NS君と打ち合わせしてつくばに戻った。

ところで今朝の京都は雪。東山はうっすらと雪化粧し、時折みぞれのような雪が降っていた。雪は昼前には止んで陽射しも出てきたのだが、気温は低いままで寒さが身にしみた。

| | コメント (0)

2008/12/25

学位公聴会

今日は吉川研の学生の学位公聴会があると言うことで、京大へ出張。YS君とKN君の発表を聞いた。また夜は物一のソフトマター関係の教員の忘年会に参加した。

| | コメント (0)

2008/12/24

初めての反射率データ

昨日からJ-PARCの中性子の一般ユーザへの供用が始まった。いろいろなトラブルを乗り越えつつ、特に直前には加速器の不調でかなり危機的な状況にある、という噂があったにも関わらずここまでこぎつけた関係者の努力には敬意を表したい。

その中で僕が立ち上げに関与している反射率計も無事装置としてのファーストビームを受け入れて、標準試料を用いた反射率測定を行った。昨日から今日までの加速器のパワーはわずか4kWだったのだが、それでも同程度のパワーだったKENSと同等以上のデータが取れたらしい。今のところの予定では加速器は徐々にパワーアップして年度内には100kWまで行く、とのことなので、そのときにどんなデータが取れるのか今から楽しみだ。

今日はJ-PARCにKunduさんを連れて行った。またKS君が実験中のiNSEが今日までだったので、ガイドに顔だけ出した。さらに夕方はHI-SANS検討会に途中まで出た。

| | コメント (0)

2008/12/22

DAQシステム

午前中はJ-PARCで「DAQシステム」のデモがあったので見に行ってきた。これはKEKの素核研?で開発された測定システムのことだそうで、J-PARCの中性子散乱実験装置の制御系として採用されている。今回は「匠」という装置で開発されてある程度出来上がったので、その出来具合を他の装置の担当者にも見てもらおう、というための集まりだった。反射率計は当面KENSで使っていたソフトをそのまま利用するので開発の必要はないのだが、本格仕様で作るときにはDAQを使うことになるはずだ。

昼のバスでKEKに戻ってきて、8月に行われた一般公開の締めの実行委員会に出席。その後いろいろと事務的な仕事や打ち合わせが待っていて、結局論文書きはほとんどできずに終わった。

| | コメント (0)

2008/12/19

Spring-8ヘルスケア研究会

今日はSPring-8ヘルスケア研究会のために大阪へ。「中性子小角散乱とスピンエコー法によるリン脂質膜系の構造と動的性質」と言うタイトルで講演してきた。出席者は企業の研究者が中心で多くが産業応用を考えている、と言うことで講演に対するレスポンスは悪かったのだが、その後いろいろな人から「中性子を使ったらどういうことができるのか」と言う質問を受けた。SPring-8の研究会なのに中性子の宣伝ができたのはコーディネーターの八田先生のお陰なのだが、効果はあった、と言えるのではないだろうか。

| | コメント (0)

2008/12/18

東海→つくば

午前中はKS君とORNLでの実験や論文などについて打ち合わせをする。午後は中性子利用セクションの会議。J-PARCの加速器の調子が悪いらしく、19日からビームが出る、と言うのは絶望的だとのことだった。

その後KEKに戻り、Kunduさんと打ち合わせしたりPFの課題審査をしたりした。

| | コメント (0)

2008/12/17

M. H. Ree

午前中、韓国・浦項工科大学のM. H. ReeがPFの会議で来ていたので、今後の中性子反射率計を用いた研究協力について話し合った。彼は高分子分野の大物で、8月にも一度会って協力関係について話し合ったことがある。その時にRee側から出ていた提案は結局うまくいかなかったのだが、それとは違う形での協力を進めよう、と言う話だった。

午後は中性子PAC。KEKがJ-PARCで進めるプロジェクト課題であるS型課題について、公募要項などに関して議論した。

| | コメント (0)

2008/12/16

SANS-U最終日

SANS-U実験の最終日。KS君はほぼ完徹だったにも関わらず、ぎりぎりまで頑張っていた。その後、NO君らと協力して片づけと次のユーザの立ち上げのための手伝いをした。

その後KEKに戻り、短期招聘で来ているインド人Sarathi Kunduさんと打ち合わせをした。

| | コメント (0)

2008/12/15

今日も東海

週末はずっとSANS-Uのビームタイムだったのだが、KS君と柴山研のNO君が自分たちで主体的に進めてくれるので僕はほとんどやることがない。今日も朝、昼、夕方にちょっとずつ行って、進行状況について話しただけで済んだ。

その他の時間はほとんどJ-PARC。まず9時40分からデイリーミーティングがあり、その後KENSの職員会議。午後からはMLFの装置責任者会議があり、その後物性研の課題審査関係の仕事をした。

| | コメント (0)

2008/12/12

PFとJ-PARCと3号炉と

今日は朝早くからPFに行く。昨日からBL-15Aで実験している眞山さん、北畑さんと合流し、片づけを手伝った後東海へ。今日はJ-PARC中性子利用セクションのシフトリーダーが当たっていたので、まずは中性子源のデイリーミーティングに出席し、また利用セクションのミーティングの議長をした。そしてその後、18時までシフトリーダーを務めた。

3号炉ではKS君が先週からiNSEの実験を続けているのだが、今日からSANS-Uのビームタイムも始まる。その上、業者との打ち合わせもあったので、午後2時間ほどサブリーダーの人にシフトの仕事をお願いして3号炉へ行った。そしてシフトリーダーの仕事が終わった後再び3号炉へ移動し、SANS-Uの実験につきあった。またこれらの合間に高圧学会誌の原稿を修正し物理学会からの転載許可もとって、編集を担当している福岡大の吉田さんに送った。

ところで今日、J-PARCのBL16(反射率計)で初めてビームを受けて、一応もっともらしいプロファイルを得ることができた。9月9日の遮へい体搬入開始から始まった反射率計の建設作業だが、何とか予定通りに組み上がり安全設備なども問題ない事が確認されてビームを受けることが出来るようになったわけで、とても喜ばしいことである。何より鳥飼さんの頑張りがあったからこそ、であるのは間違いない。

| | コメント (0)

2008/12/11

PF実験

今日はPF実験の日。北大の眞山さんと千葉大の北畑さんと一緒にBL-15Aで実験した。今回はサンプルステージがパルスモーターで動かない、と言うトラブルがあったものの他は順調。特に前のユーザが使ったカメラ長のままで測定できたので、調整の手間が省けて良かった。

と言うことで測定中は時間があったので、査読者コメントを元に高圧学会誌の原稿の修正などをしていた。

| | コメント (0)

2008/12/10

会議と打ち合わせと原稿チェック

午前中は人事関係の会議。午後は来週の中性子PACに向けての打ち合わせがあった。そして合間にMH君のD論に手を入れたり、長尾さんの原稿を読んでコメントを書いたりした。

| | コメント (0)

2008/12/09

筑波大訪問

午前中は物構研教授会。午後は筑波大に行って、齋藤さんと「つくばソフトマター研究会」についての打ち合わせをしてきた。それで概要ができたので、講演して欲しい人にメールで連絡した。また空いている時間には山田君の論文を直したり、MH君のD論を読んでコメントを入れたりした。

| | コメント (0)

2008/12/08

高圧NSE

午前中は中性子の職員会議。わりと大事なテーマについて話し合ったのだが、なんだか噛み合わない議論が延々と続いて疲れた。

午後はこれまでの出張の報告書書きやこれからの出張の手続きなど。出張のため2週間近くKEKに来ていなかったので、しなければならない事が多かった。また、共同研究者の申請書や論文原稿を読んでコメントを送った。

夕方から東海に行って、iNSEの実験を見に行く。今日からKS君の実験なのだが、高圧の実験と言うことで首都大の川端さんに手伝ってもらって準備していた。

| | コメント (0)

2008/12/07

つくばの紅葉

IMGP2393

昨日つくばに戻ってきたのですが、天気も良かったのでつくばセンター周辺を散歩して来ました。そこで見つけた紅葉のショットです。

| | コメント (0)

2008/12/05

「日台」2日目

「日台」2日目の今日は、自分自身の発表があった。内容はKS君の実験結果とNIさんの実験結果のミックスで、質問が沢山出て盛り上がったので良かったのではないか、と思う。ただ質問に対して答えるときに、未発表の結果を示しながら説明できなかったのはちょっと辛かった。

| | コメント (0)

廬山寺

Rozanji temple (廬山寺)

昨日の廬山寺です。早い時間だったので中の庭は見れなかったのですが、素晴らしい色づきのモミジが1本ありました。昨日はまだ見ごろ、と言う感じだったのですが、今朝からの雨で散ってしまったかも?

| | コメント (0)

2008/12/04

第3回日台中性子散乱研究会

今日から日台中性子散乱研究会が始まった。一昨年の水戸、昨年の烏来に続いて3回目の今回は京大化研の金谷さんがホスト。これまでは日本と台湾の限られた研究者が集まった、という感じだったのだが、今回は両国の学生やインド人も加わって賑やかな研究会になった。

ところでインド人、と言えば3月にSaha Instituteで会ったSarathiさんが一昨日来日し、昨日KEKで手続きをしてから京都に来た。朝、研究会に来るかと思って待っていたのだがなかなか来ないので心配していたら、なんと一人で京大に行っていた。と言うことで昨日知りあったManabendraさん(彼もSahaの人で、金谷さんのゲスト)を連れて京大へ行き、吉川さんやDattaさんを交えていろいろとdiscussionをした。

| | コメント (0)

鴨川

Kamogawa river (鴨川)

今朝、研究会に行く前に通った鴨川の風景です。

| | コメント (0)

2008/12/03

小角散乱サテライト

今日は中性子科学会年会のサテライトミーティングとして小角散乱サテライトが行われた。これは2006年に行われた小角散乱国際会議の流れを繋いでいこう、ということで昨年度から始めたもので、今回が2回目。物性研の柴山さんと名大の高野さんを世話人として、名大構内で行った。今回は年会の翌日だったということと放射光関係の国際会議と重なってしまったということがあって参加者は少なめだったが、その分密な議論ができた。

| | コメント (0)

2008/12/02

中性子科学会2日目

中性子科学会2日目の今日の前半は、学会賞、奨励賞、技術賞、功績賞の受賞者による記念講演があった。功績賞は元阪大の国富先生で、僕の師匠である山田先生の先生だったわけだから僕の「祖父」ということになる。日本の中性子散乱の黎明期からやっていた人の話は、なかなか興味深かった。

午後はポスターセッション。今回は「ポスター賞」の選考委員だったのだが、大量のポスターを少ない時間内に聞いて回らなければならなかったので大変だった。

| | コメント (0)

2008/12/01

中性子科学会初日

今日から名古屋大で中性子科学会年会がスタート。僕はポスターセッションを含めほぼ全てのプログラムを真面目に聞いたのだが、それ以外にもいろいろな人といろいろな打ち合わせをしなければならなず、とっても忙しかった。

| | コメント (0)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »