« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008/11/29

曼殊院

Manshuin temple (曼殊院)

曼殊院は昨年も一昨年も来ているのですが、いろいろと事情があって外から見るだけで中に入ったことはありませんでした。ですから、中に入って拝観したのは今年が初めて。美しい庭と襖絵などの文化財を堪能しました。

| | コメント (0)

真正極楽寺・真如堂

Shinnyodo temple (真正極楽寺真如堂)

吉田山の東側にある真如堂は、私が好きな場所の一つです。三重塔や鐘楼堂、赤門、赤崎弁天の池など撮影スポットが沢山あり、それぞれの場所の紅葉の進行や色づき具合もまちまちなので何度も訪れる価値のある場所です。今年は色づきが今一つだったらしく、また昨日の雨のためか散り紅葉が綺麗で無かったのが残念だったのですが、それでもちょうど「散り際の美しさ」が見れたように思います。

| | コメント (0)

哲学の道

Philosopher's street (哲学の道)

哲学の道は桜の木が多いので紅葉の美しさ、という意味では今一つなのですが、法然院のあるあたりから南にはイロハモミジの木があってなかなか綺麗で、今がちょうど見ごろという感じでした。

| | コメント (0)

法然院

Honen-in temple (法然院)

つくばに引っ越してしまったのでもう「京都の紅葉」は諦めていたのですが、ちょうど京都への出張があったので帰る前にいくつか行ってみました。まず、最初に行ったのは法然院。全体的にあまり綺麗な紅色の葉がなかったのが残念。

| | コメント (0)

2008/11/28

ICORP中間評価

今日は吉川研で進めているICORPプロジェクト「時空間秩序」の中間評価が行われ、僕も「研究推進委員」として参加した。朝の10時から昼食を挟んで夕方5時まで、研究総括の吉川さんがここまでの研究成果について報告して、評価委員の人に聞いてもらった。結果は良好だったようで、まずは良かった。

夕方、KS君と一緒に小貫さんのところに行って、今書いている論文の内容について議論をした

| | コメント (0)

2008/11/27

Arisa積み出し

今日はKENSで使っていた反射率計のArisaの積み出しとJ-PARCへの搬入を行った。J-PARCの装置としては少々力不足の分光器ではあるのだが、予算が付くまで待っている、というわけにもいかないのでとりあえず使えるものを持っていって設置してデータを出そう、というわけだ。僕は今日から出張なので午前中の前半だけ手伝ったのだが、その後J-PARCへの搬入まで済ませているはずである。

午後は京都へ移動。夕方ちょっとだけ吉川研に顔を出して、何人かと打ち合わせをした。

| | コメント (0)

2008/11/26

北大にて

Hokkaido Univ. Museum (北大総合博物館)

今日は北大でセミナー。「謝金を伴う講演会」とか言う仰々しいタイトルなのだが、聴衆は工学部で中性子をやっている鬼柳研、古坂研のスタッフと学生がほとんどで、研究室セミナーに呼んでもらった、と言う雰囲気だった。話のタイトルは「中性子小角散乱によるソフトマターの物性研究」と言うもので、ソフトマターの研究にSANSがどのように役に立つのかをざっと説明した後で、長尾君と一緒にやっている「相対形状因子」の話とKEKがJ-PARCに作っている中性子反射率計の紹介をした。

ところで午前中、配布資料のプリントアウトを頼みに行ったついでにカメラを片手に北大キャンパス内を散歩してきた。気温が低かったのは確かだが寒い、と言うほどではなく、天気も上々で気持ちが良かった。

| | コメント (0)

2008/11/25

札幌出張

今日から札幌出張。明日は北大で中性子小角散乱についての講演をする予定である。今日は飛行機で札幌に移動して、午後からの大学連携についての打ち合わせに参加した。

| | コメント (0)

2008/11/24

松島と気仙沼

Matsushima Godaido (松島五大堂)

この連休に、中学時代の友人夫婦と一緒に松島・気仙沼旅行に行ってきました。これは国の重要文化財に指定されている五大堂。この後瑞巌寺から円通院に回って来ました。

IMGP2105

円通院はきれいな紅葉が見れたのですが、夕方だったため庭のほとんどが日陰に入っていたのが残念。いい写真を撮るためには、午前中に行ったほうが良さそうです。

Iwaizaki point (岩井崎)

気仙沼では、南端に位置する岩井崎に宿泊。海の幸を堪能してきました。

| | コメント (0)

2008/11/21

CMRCリーダー会議

今日は夕方からCMRCリーダー会議に出た。CMRCと言うのは物構研内に発足するセンターで、放射光、ミュオン、中性子を縦横に使って物質の構造を調べる研究をしよう、と言うところである。東北大の村上さんをセンター長としてスタートするのだが、僕も「ソフトマターグループ」のリーダーになる、と言うことになっている。今日は村上さんとその「リーダー会議」の予備的な打ち合わせ、と言う感じの話し合いをした。

午前中はそのCMRCに関する資料作り。午後はKEK運営連絡会議に出た。

| | コメント (0)

2008/11/20

会議、実験、建設、打ち合わせ

昨日も今日も東海へ。一番の理由はNSEの実験中だからなのだが、それ以外にも会議や打ち合わせが連続である。昨日はSANSに関する打ち合わせがあり、今日はMLFとKENSの会議の連チャン。その他にJ-PARCで建設中の反射率計を見に行ったりした。また昨日はつくばに戻ってきてからも、反射率計に関する打ち合わせがあった。

| | コメント (0)

2008/11/18

MLFパンフレット

午前中は人事関係の会議の後、物構研広報コーディネーターの山中さんを囲んでMLFパンフレットについての打ち合わせをした。MLFとはJ-PARCの中の「物質生命科学研究施設」の事で、中性子とミュオンを使って物質科学と生命科学の研究を行うところだ。一般公開や見学などこれまで色々な人が来ているのだが、そういう人に渡して説明するパンフレットが無かったので作ろう、としているのである。これまではJAEAの鈴谷さんを中心に案作りをしていたのだが、少々行き詰まっていたので山中さんのアドバイスを受けた、と言うことだ。やはり広報関係の仕事を中心にやっておられる方なので、我々が持っていないアイディアが続々と出てきてとても良かった。

打ち合わせ終了後東海へ。iNSEで実験しているKS君とNIさんと会って、実験についての相談や論文に関する議論をしてきた。

| | コメント (0)

2008/11/16

iNSE

今日からiNSEのビームタイムなので、昼から東海へ。前のユーザの眞山さんと昼食を食べていたらKS君が来た(ドイツでの国際会議から直行した)ので、早速試料を準備してもらって測定をスタートさせた。

| | コメント (0)

2008/11/15

筑波山

Mt. Tsukuba

紅葉を見よう、と思って筑波山に行ってきました。Yahoo! Japanの「全国の紅葉スポット」に紹介されていたので行ってみたのですが、はっきり言って期待外れ。そもそもカエデの木が少ない上に、数少ないモミジもこの写真のような感じ。木の一部はまだ緑色なのに、色づいた葉は半分枯れていてとても美しい、とは言い難い状態でした。山頂には雲がかかっていて風景も見えなかったし、残念!

| | コメント (0)

2008/11/14

中性子PAC

今日はJ-PARCの課題採択委員会があり、その後中性子PACが短時間で行われた。J-PARCはKEKとJAEAが共同で作っているので課題審査なども一緒にやる、と言うことになっているのだが、旅費などお金の出所は一緒じゃないのでそれぞれでやらなければならない部分もある。と言うことで、J-PARCでの課題採択を追認する、と言う形で中性子PACが行われたわけだ。

午後は「物構研所長談話会」なるものに出たが、それ以外の時間はNIさんの論文原稿の修正などをした。

| | コメント (0)

2008/11/13

SPYSEE

午前中は東海へ。KEKは原子力機構の敷地内に「東海キャンパス」と称する小さな建物を持っているのだが、その中にある中性子の部屋の整理を(何人かスタッフと一緒に)した。午後は大友さんと打ち合わせ。共用法に関する文章を作って所長に送った。

ところで昨日、ネットで調べものをしていたらSPYSEEに行き当たったので、試しに自分を検索してみた。そしたら出てこなかったので「調査・分析を依頼」してみたら、3時間後に作られたのがこれ。少々おかしなところがあったのだがエディットしたらかなりまともになった。たぶん、ネットの検索を使って自動的に作成しているのだろうが、ここまで作れるのは素直に凄いと思う。

ただ問題は、同姓同名の別人を判別できていないらしい、ということ。僕に繋がっている人の中にも何人か別人がいるのだが、知り合いの誰かに繋がっていた山本潤(京大理学部の教授♂)さんが女子アナだったのには驚いた。

| | コメント (0)

2008/11/12

KEK芸術祭

Shinnyodo Temple (真如堂)Koetsuji temple (光悦寺)
Shinnyodo Temple (真如堂)Konchiin Temple (金地院)

今週初めから「KEK芸術祭」と言うのをやっている。KEKの構成員とその家族が絵や写真、彫刻、書、音楽など自分が得意とする「芸術」を持ち寄って披露する、と言う催しである。せっかくなので僕も去年撮った写真から4枚ピックアップし、四切に焼いて飾ってもらった。初日の一昨日は搬入を事務の人にお願いし、昨日も忙しくて行ってなかったのだが、今日になって「額に入れた写真がずれている」と言う指摘を受けたので、直すついでに見に行ってきた。写真を焼いたばかりの時は「四切は大きすぎるかな」と思ったのだが、広いところに展示してみるとそうでもなかった。

今日は久々にまとまった時間が取れたので、特定領域「ソフトマター物理」のニュースレターを作った。これは半年ぐらい前から頼まれていたのだが、いつでもいい、と言う言葉に甘えて伸ばしに伸ばしてきたもの。集中して一気に書き上げたおかげで、すっきりした。

| | コメント (0)

2008/11/11

S1型課題

今日の午前中は物構研の中のPF、ミュオン、中性子の三者で共同利用のカテゴリーについての意見交換を行った。その結果、中性子がJ-PARCで行おうとしているプロジェクト型課題はPFの「S1型」とほぼ同じであることがはっきりしたので、今後は中性子でも「S型」の名称を使うことにした。

午後はまず、懸案だったNIさんの論文原稿をチェックして図の修正を頼むメールを送った。続いて昨日物構研所長から預かった宿題の、共用法に関する文章作りをした。

| | コメント (0)

2008/11/10

MLF運営連絡会議

午前中は中性子PACの規程の改正案やプロジェクト課題の公募文書の案等を作った。昼から東海に行き、J-PARCのMLF(物質生命科学実験施設)の運営連絡会議にオブザーバー参加する。この会議はJ-PARCの中で中性子とミュオンの施設を持っているJAEAとKEKが共同運営のために調整をする、と言うもの。J-PARCセンター長の永宮先生を中心に、当面の課題についていろいろと意見交換をした。

その後物性研中性子へ行って、NSE/SANS実験用の湿度制御セルの設計について業者との打ち合わせ。

| | コメント (0)

2008/11/07

昼から東海

午前中はレフリーを頼まれていた論文を読んでコメントを送る。やや分野が違う論文で読み解くのに苦労したのだが、その分勉強にもなった。

昼から東海に行き、中性子利用セクション会議に出席する。そしてNSEを見に行こうと思って学生に連絡したのだが、測定は夜までかけっぱなしだとの事だったので会わずにそのままつくばに戻った。

| | コメント (0)

2008/11/06

査読

今日は査読が回ってきていた論文読み。〆切はとっくに過ぎていて、先週editorからの問い合わせに対して「来週早々には返事する」と回答していたのである。いろいろ忙しくて送ることができないうちに今日になってしまい、ようやく必死で読んだ、と言う次第。論文のストーリーは分かったのだが、コメントを考えているうちにまたもや催促メールが来た。明日には査読の結果を送らなければ。

午後から東海へ。NSEで実験を進めているMH君らと会って、実験の経過を見ながら議論した。

| | コメント (0)

2008/11/05

東海

今日は朝から東海へ。反射率計の作業の監督のためだったのだが、業者はBL16だけでなくBL12、BL21も一緒にやっているので、他の方が忙しかったようであまり進まなかった。

昼過ぎに京大から来ている2人の学生をJ-PARCの見学に連れて行った。またこれらの間にいくつかの論文読みをした。

| | コメント (0)

2008/11/04

京大生来る

今日は昼前に京大の院生のMH君とNS君が来た。昨日から3号炉でNSEの実験をしているのだが、今日は打ち合わせである。山田君も交えて話をして昼食を食べて、午後に東海へ。NSEの次の測定をかけたのを見てつくばに戻った。

午前中は共同利用体制についてPFやミュオンを含めた打ち合わせの会議があった。また今日が科研費の「本当の〆切」だったので、先週コメントが付いた基盤Sの申請書を書き直して夕方に提出を済ませた。

| | コメント (0)

2008/11/03

マイクロビーム&NSE

午前中はPFでマイクロビームSAXSをする。これまで興味はあったもののやったことがなかったのだが、東大新領域の篠原さんにお願いしてちょっとだけテストさせてもらったのである。試料の作り方やセットの仕方、測定の仕方などにコツがあってちゃんと準備しないといけない事が分かったのだが、それでもちゃんと短時間でシグナルが出ることが分かって面白かった。

午後からは東海に行く。京大のMH君がNSEの実験をするので見に行ったのだが、既に測定がかかっていてやることがなかった。そこでMH君と論文の内容などについて議論して戻ってきた。

| | コメント (0)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »