« ナノ構造サブグループ会議 | トップページ | 反射率計研究会 »

2008/09/18

PF研究会

今日は朝からPF研究会「ナノ構造解析・センシングにおける小角散乱の利用高度化の将来展望」が行われた。招待講演2件と一般講演13件、そしてポスター発表11件。一般講演の時間が短かったのが残念だったが、それでもいろいろな発表が聞けて面白かった。

ところでPFには小角散乱装置が2.5台(1台はXAFSとの共有ライン)あって多くのユーザが使っているのだが、PF内にSAXSを専門とする担当者が不在だということ、装置をアップグレードする予算もほとんど無いこと、などの理由で30年前?に作ったほとんどそのままで運用している。これらの装置を今後どのように使って行くのか。あるいはどのような方法・方向性で改良して行くのか。そのへんも含めた議論をしたかったのだが、時間切れであまり話が進まなかったのは残念だった。

|

« ナノ構造サブグループ会議 | トップページ | 反射率計研究会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ナノ構造サブグループ会議 | トップページ | 反射率計研究会 »