« dave | トップページ | KUR研究会2日目 »

2008/08/11

MIEZE/N(R)SE研究会

今日から京大原子炉(KUR)でMIEZE/N(R)SEの研究会。MIEZE、NRSEと言うのはどちらも中性子スピンエコー法(NSE)の手法で、KURの川端さんや日野さんらがJ-PARCへの建設を目指して開発に取り組んでいる。今回の研究会はその現状報告と今後に向けての議論が目的で、KURグループとJ-PARCの関係者がそれぞれの状況について説明した。KURグループは「開発が難しく所期の目的を達することができそうにない」と苦しい胸のうちを語っていたのだが、そう言う難しさは新しい装置を開発するときには常に問題になるもの。何とかがんばって欲しいし、我々もできる限りの協力をしなければならない、と思った。

ところで先日、PREから出版されたNagao & Setoの論文が「Virtual Journal of Nanoscale Science & Technologyに取り上げられた」と言う連絡が来た。この「Virtual Journal」と言うのが何なのか知らなかったのだが、どうやらその週に出版されたいくつかの雑誌から注目される論文をピックアップして紹介する、というものらしい。我々の論文はNSEのデータをどう解析するか、と言うテーマで結構マニアックな内容だと思うのだが、ちゃんと読んでもらえている、と言うだけでも嬉しいものだ。

|

« dave | トップページ | KUR研究会2日目 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« dave | トップページ | KUR研究会2日目 »