« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008/07/31

自己無頓着?

午前中、たまたま別の用事でKEKに来ていた金谷さんと出会ったので、12月に予定されている日台の研究会や反射率計の件などについて話し合った。続いて京大のNIさんの論文をどうまとめるか、と言う点について、KS君も交えて議論した。また午後は池田さんがやってきて、今後の方向性について話し合った。

そんなこんなで時間をとられて、今日は申請書読みは少しだけ。その中で一つ、何だこれはと言うのに出会った。何かの問題を解決するための計算方法についてなのだが、「自己無頓着」でするのだそうだ。自己無頓着?それって、「自己無撞着」の間違いじゃないの?と思ったのだが、でももしかして僕の知らないところで自己無頓着と言う言葉があるのかと思って、Googleで調べてみた。で、ヒットしたのが62件。変なのばかりかと思えばさにあらずで、scientificなものも結構ある。例えば最初に出てくるこれは阪大の先生(今は早大にいるらしい)による解説で、堂々と「自己無頓着近似」と書いてある。うーん、ここは文脈的には"self-consistent"を使うところでしょう?だいたい自己に頓着しない近似って、いったいどうすんねん?頓着せずに近似するんなら、そりゃ何でも説明できるわな。

| | コメント (0)

2008/07/30

申請書読み

今日は、一昨日から始めた申請書読みをする。昨日は5人分しかできなかったのでだいぶ頑張ったのだが、それでも全体の2/3ぐらいまでしか進まなかった。〆切はまだだいぶ先なのだが、8月はSANSの実験やお盆休み、国際会議などがあって時間的に苦しくなることが予想されるので、今月中に済ませたいと思っていたのだが...

| | コメント (0)

2008/07/29

PRE published

朝メールを見たら、NISTの長尾さんからPREに出していた論文がpublishされた、との連絡があった。ゲラのチェックが3回も来てacceptされてからずいぶん待たされたのだが、最後のゲラ刷りからpublishまでは早かった。因みにこの論文、NSEのデータをどのように解析するか、と言うアイディアを示したもので、その発想はもう6年も前からのものだ。そしてそのアイディアに沿って実験もしていたのだが、それをどのようにまとめるかと言う点で時間がかかってしまったのである。内容的には結構マニアックなものなのだが、うまく活用すればとても役に立つ方法になるはず。この方法がいかに有効か、を示して行くのが今後の課題だと言えるだろう。

午前中はこの論文のpublishを入れて、自分の公式ホームページを更新した。また午後は小貫さんから紹介された論文を読む。これは疎水性のバックボーンに弱いチャージのある側鎖を持つ高分子が温度変化によりミクロ相分離する、と言う実験結果を示したもので、KS君の結果に関係があるかも知れない、と言うことで読んでみたのである。内容的には分かったのだが、KS君の実験結果とどう関係するか、と言う点については今ひとつピンとこなかった。

| | コメント (0)

2008/07/28

職員会議その他

午前中は恒例の中性子職員会議。ただ、今回は週末のアナウンスがなかったため「ない」と思った人が多かったようで、集まりが悪かった。

午後はあるところから頼まれた申請書の審査をする。(因みに何の審査か、は秘密です。なんか最近、中身を公開できない仕事が多いな。)どの申請書もかなり内容が多い(文章の量が多い、と言うよりも中身が濃い)上に部数も多いので、数時間集中してやったにも関わらず全体の1/4に目を通すのがやっとだった。

| | コメント (0)

2008/07/25

中性子ソフトマターセミナー

今日は3回目の「中性子ソフトマターセミナー」のために物性研に行った。講師の一人は物性研中性子の佐藤卓さんのところに来ているPDの人で、折り畳まれた紙の話だった。紙をくしゃくしゃに丸めてボールにすると、紙の折れ曲がったところにエネルギーが蓄えられて50%以上の空気を含むボールになるらしいのだが、ここにずっと力を加え続けると対数的に体積が減少する。そして、仮に途中で力を加えるのを止めておいて再び力を加えると、その前に力を加え続けたときに乗っていた曲線に再び乗って縮むのだそうだ。この仕事は彼が学生時代にやったものでもう続けてはいないらしいが、面白い話だった。

このセミナーの2つ目のセッションは、産総研から参加した福田さん、三浦さんとお茶大の学生のKさんによる簡単な研究紹介。そして3つ目のセッションは、最近産総研から東大新領域に移った横山さんによるブロックポリマーのフィルムの話。充実した3時間だった。

| | コメント (0)

2008/07/24

プロジェクト研究グループ公募に向けて

今日の午前中は、「プロジェクト研究グループ」の公募に向けての案作りをした。このプロジェクト研究グループ、とはKEKがJ-PARCに所有する(あるいは建設する)装置を中心になって利用研究するグループのことで、以前のKENSでは「B1グループ」と呼んでいたものである。J-PARCになってKEKの中性子研究を取り巻く環境が変化する中で、どのように新しい研究の流れを構築していくか、と言うことを考えなければならないというわけだ。

午後は総研大の会議。その後KEKのテニス大会に物構研チームの一員として参加した。

| | コメント (0)

2008/07/23

galley proof

今朝メールを見たら、共著者として名を連ねた長尾さんの論文のゲラ刷りが届いた、との連絡を受けた。実はこれ、だいぶ前にゲラ刷りが来て返答をしているのだが、なぜかもう一度来たらしい。と言うことで、今日は朝から暇を見てゲラ刷りのチェックをした。また「SPring-8利用者情報」に書いた原稿の再校も来たので、それもチェックして返事を送った。

午前中、清水さんがやってきて今後のKENSが進むべき方向性についての議論をした。

| | コメント (0)

2008/07/22

連休明け

午前中はセミナーのアレンジや「SPring-8利用者情報」の原稿の校正などの仕事をする。昨日まで連休だったこともあって、雑用がたまっていた。

午後は物構研所長室で打ち合わせ。その後、その打ち合わせを元にしてちょっとした原稿を作った。

| | コメント (0)

2008/07/18

会議のハシゴ

午後は1時半からKEKの運営連絡会議に行く。30分ほど出席して途中退出し、車で東海へ。3時半からの中性子利用セクション会議に出た。最初はハシゴは無理かと思ったが、後者の会議はKEKからの出席者が少なかったので行って良かったようだ。

| | コメント (0)

2008/07/17

J-PARC成果発表会

今日はJ-PARCの「成果発表会」に出るため午後から東海に行った。

この会は5月末のJ-PARCでの初めての中性子発生を受けてのもので、加速器、中性子源、利用のそれぞれのセクションから代表者が現状報告をした。その中で最もインパクトがあったのは、中性子源の話。いろいろと新しいことを試みつつターゲットとモデレータを設計したらしいのだが、その甲斐あって素晴らしい性能の中性子源ができたのだそうだ。とにかく初めての測定でほぼ予想通りの結果が出たらしく、これは言わば「風が吹けば桶屋が儲かる」と言う話の流れの中で「桶屋がどういう種類の桶をいくら売って儲けたか」を予想して当てたに等しい、と言う画期的な成果なのだそうだ。その例えの是非はともかく、世界最高性能の中性子源ができた、と言うのは間違いなさそう。後は加速器が当初の計画通りのパワーを出すことと、我々利用者側が良い装置を作り良い実験をすることがますます重要になった、と言うわけだ。

| | コメント (0)

2008/07/16

病院に行ってみた

午前中は筑波記念病院へ。5月上旬に転んだときに右の手首を痛めたのだが、その痛みがなかなか去らないので医者の意見を聞いてみよう、と思って受診したのである。そして結論は、と言うと「たぶん靭帯を痛めたのだろう」とのこと。少なくとも骨に異常は見つからなかったので、レントゲンに映らないところが問題だとのことだった。だからと言って何か治療をすると言うわけでも無く、「テニスをしたくなっても我慢しなさい」と言われただけで終わった。因みに病院には9時ごろ行ったのだが終わったのは12時半ごろ。時間がたっぷりあったので、京大の学生から届いていた物理学会の予稿原稿と山田君からの論文原稿をじっくりと見ることができた。

午後は総研大の会議。今日はすぐに終わる予定だったのだが意外に時間がかかった。

| | コメント (0)

2008/07/15

中性子光学の計画

午前中から昼過ぎにかけて、清水さんが関わっている中性子光学に関する研究計画についての議論をした。午後は主に、明日の総研大の会議に向けての準備。またKEK一般公開に向けての準備もちょっとだけした。

| | コメント (0)

2008/07/14

中性子職員会議

午前中は中性子職員会議。KENSでは現在3台の装置をJ-PARCに建設中なのだが、そのスケジュールがタイトで装置間の作業日程の調整やJ-PARCのコミッショニングとの関係など、今後問題になりそうなことがいろいろと予想される。特にJAEAとの関係の調整がなかなか難しそうである。

午後は、京大のNさんが書いた論文のゲラ刷りのチェックと山田君の論文原稿のチェックをする。また今日からしばらくKEKに滞在する予定のKS君と、論文のまとめ方の方針について議論した。

| | コメント (0)

2008/07/11

班会議2日目

今日は昨日からの「特定領域班会議」の2日目。午前中は谷口さん、古沢さん、墨さんが理論の話をした。午後のトップは、僕の代理ということでKS君が発表。これに小貫研の岡本さんと東邦大の大西さんの話が続いた。

ところで今回の会議は科研費特定領域の第4班の集まり。第4班と言うのは「理論・シミュレーション班」で、研究代表者は全て理論家の人である。と言うことで今回の参加者のほとんどは理論が専門で、実験家は僕のグループと京大化研の金谷さんだけだった。と言うことで個人的には内容に付いていけないことも多かったのだが、逆に普段聞けない話が聞けて勉強になった。

会議の終了を待たずに、金谷さんと仙台駅へ、そして新幹線に飛び乗って東京駅へ。「京大東京事務所」で名古屋に移動途中の鳥飼さんと会って、J-PARCに建設中の中性子反射率系についての打ち合わせをした。

| | コメント (0)

2008/07/10

科研費特定領域班会議

今日から科研費特定領域「ソフトマター物理」の班会議。4班班長の川勝さんがいる東北大で行われた。今日は第1日目ということで午後からスタートして、4人が発表をした。少ない人数でのクローズな会議ということで質問のしやすい雰囲気で、理論のややこしい話が多かったにも関わらず良く分かったような気になった。

| | コメント (0)

2008/07/09

MacBook Air

午後は総研大の会議。昨日から準備していた件に関しては、半分だけOKになった。あと半分についてはまた来週までに考えなければならない。

ところで先週、科研費で買ったMacBook Airがようやく届いた。AirMac経由でネットに接続しないとほとんど何もできないマシンだと言うことは分かっていたのだが、実際に使ってみるとこれがなかなか大変。インターネットに接続すること自体は何とかなった(と言っても、KEKのネットに登録するのに時間がかかった)のだが、同一ネットワークにある他のMac(やWindowsマシン)のDVD/CDドライブの共有がどうしてもできない。ベースステーション(Time Capsule)の設定が悪いのか、あるいはネットワークの何らかの制限に引っかかっているからなのか、が良く分からず、このままではソフトのインストールができないので結局はUSB接続のスーパードライブを購入する羽目になった。ベースステーションの設定も説明の文章が非常に分かりにくいし、さすがのAppleもネット経由のソフトの使い勝手についてはまだまだこなれてない、と言う印象を受けた。

| | コメント (0)

2008/07/08

RI健診

今日の午後には放射線取扱者の健康診断があった。KEKの健康診断は5日間ほどあって今日がその最終日。「予備日」ということだったので人が少ないかと思って行ったらさにあらず。最後だと思って慌てて?来た人が多かったみたいだ。ここの健康診断は放射線取扱者だけでなく通常の健康診断も同じ列で受付をして、人間ドックを受診した人は血液検査と問診だけを受け、その他の人は胸部X線撮影や尿検査、身長体重視力聴力など一通りの健康診断を受けることになっている。人間ドックを受診済みの私の検査は簡単に済んだのだが、受付してもらうためにえらく待たされることになった。

その他の時間は、明日の総研大関係の会議のための準備と、身の回りや溜まっていたメールの整理などをした。

| | コメント (0)

2008/07/07

軟X線反射率計

午前中は中性子の職員会議。J-PARCに建設中の装置の進捗状況を中心に、必要事項を打ち合わせした。

午後は鳥飼さん、山田君とともにPFの久保田さんの「軟X線反射率計」の話を聞いて色々と意見交換をした。エネルギーの低い軟X線(硬X線の1/10程度のエネルギー)は物質への透過度が低いため、物質の構造解析に使われることは稀で分光などに用いられることが多い。しかし表面だけを見るつもりならそのデメリットはあまり目立たず、むしろ小角散乱領域の構造を効率的に測定できる、と言うメリットがある。その上窒素や酸素などの軽元素の吸収端を利用できるため、特別な試料を用意することなしにコントラスト変化の測定ができる。今日はその辺の話を聞いて、どのような応用の可能性があるか、について議論した。

| | コメント (0)

2008/07/04

会議と駅伝

午前中は一般公開の企画委員会。今年の一般公開は8/31に予定されているのだが、その準備の進み具合をチェックした。

午後は総研大の委員会。今日が第2回目だったのだが、総研大についてほとんど知らないことと第1回の委員会に出席できなかったこととで、話に付いていくのが大変だった。また昨日これに向けて準備していたことが内容的にマッチしていなかったようで、またやり直しとなった。

夕方からKEK全体の駅伝大会があったので、物構研チームの一員として参加した。各チーム5〜6人ずつ11チーム、全部で60人ぐらいの人が走ったのだが、この大会に毎年のように参加しているという人も多く皆さん走り慣れている、という感じ。僕はこの1ヶ月は出張続きだったこともあってほとんど何も身体を動かしていなかったので、他の人から大きく遅れないように走るのがやっとだった。

| | コメント (0)

2008/07/03

6月の後片付け

午前中は主に総研大に関する業務。ちなみに内容は秘密なので、この場で書く訳にはいかない。

午後は出張やらなんやらで溜まりに溜まった書類やメールの整理をする。なんだかんだで6月は数日しかKEKに来ていなかったので、とても全部はやりきれなかった。

| | コメント (0)

2008/07/02

久々のKEK

6月は国際会議からアメリカ出張、PF実験、九大出張、SPring-8実験、そして自宅の引っ越しと日程満載でなかなかKEKに来れなかった。今日はほぼ2週間ぶりのKEK出勤だったので、いろいろとややこしいことがあったのだが、ただ7月はあまり出張もないので徐々に改善するであろう。

| | コメント (0)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »