« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008/05/30

J-PARCの初めての中性子

Jparc_1st_n


東海村で建設中の世界最大級の陽子加速器J-PARC。ここで大きなマイルストーンとなる、初めての中性子ビームの発生が今日の午後にあった。これで我々中性子散乱の研究者は、ようやく自分たちの装置の立ち上げに入ることができるようになった、と言うことになる。

J-PARCでは線形加速器から入射した陽子ビームを3GeVシンクロトロンで更に加速し、そこから水銀ターゲットにぶつけて中性子を発生させる。この「出来たて」の中性子はエネルギーが大きすぎるので、液体水素の減速材で冷やしてから散乱実験に使うことになる。ここまでの建設で線形加速器から3GeVシンクロトロンのところまではだいたい順調に進んできていて、今日初めて水銀ターゲットに陽子ビームを当てて中性子を発生させると言う段階になった。

当初、午後の遅い時間になるのではないか、と言われていた中性子の初発生イベントだが、今日の立ち上げは非常に順調だったらしく午前10時にはターゲットの1歩手前まで陽子が届き、そこから徐々に調整して行って2時過ぎにはいよいよ陽子をターゲットへ。発生した中性子を分光器で確認して、「2008年5月30日午後2時25分」がJ-PARCの中性子の誕生日となった。

私は特にJ-PARCでの仕事があったわけではなかったのだが、J-PARC建設に責任を持つKEKのスタッフの一人として、この歴史的なイベントに立ち会うことが出来たのはよかったと思う。

| | コメント (0)

2008/05/29

ORNLのトレーニング

午前中はまずIUCrのアブストラクトのチェックをする。IUCrというのは「国際結晶学連合」のことで、今年8月にその総会が大阪で開催される。総会、と言っても学術的な国際会議ではあるのだが、普通の会議とは違うのはその規模で、今回は2500人ぐらい集まるらしい。私は組織委員の端くれ、と言う立場なので、自分に関係する分野のアブストラクトを見てチェックし、関係の深そうな演題が並ぶように番号を付ける、と言う仕事が回ってきたわけだ。全体の発表申し込みは多いのだが、私の担当する件数はそれほど多くは無かったので、朝の時間に手早く片付けることができた。

その後の時間は、来月実験に行くORNLの「事前トレーニング」をする。中性子散乱実験を行う原子炉などの施設は安全に関する管理が厳しく、どこでも事前にトレーニングを受けなければならないのだが、その内容ややり方は施設や国ごとに違っていて、簡単なところもあれば面倒なところもある。昨年行ったフランスのILLは簡単なほうで、行く前にWeb上でアクセスできるトレーニングを30分ほどやってテストの問題を解けばOK、と言う感じなのだが、アメリカのNISTの場合は現地に行って特別な部屋に設置されたコンピューターを使って半日~1日かけて受講し、さらに面倒なテストもクリアしなければならなくて大変だった。

今回行くORNLのトレーニングは、ちょうどILLとNISTの中間と言う感じ。事前にWeb上で受講できるのはILL並みなのだが、内容の豊富さとテストの難しさはNISTに匹敵するかもしれない。とにかく大量の英語の文章を読んだ後にテストを受けなければならず、しかも80点以上取って合格しなければ現地に行って対面で講習を受けなければならないことになる。と言うことでまじめにテキストを読んでテストを受けたら半日ほどかかってしまった。ただ、そのおかげで一発合格できたので一安心、である。

ORNLのトレーニングを受講した後、吉川研のNさんの実験に関係する論文を読んだ。これはリン脂質にペプチドを入れたらどうなるか、と言うことに関する論文なのだが、その中でリン脂質に糖脂質を加えたときのラメラ構造の変化を調べた結果が出てくる。これが今Nさんが取り組んでいる実験の結果に関係するかもしれない、と言うことで、まじめに読んでみた、と言うわけだ。

夕方は昨日と同じように、広大の上野さんのグループと一緒に食事に行った。

| | コメント (0)

2008/05/28

準備

今日はまずは、来週京都で行われる国際会議の発表準備をする。準備、と言っても以前口頭発表した内容をプリントアウトしてポスターとして貼るようにしただけなので、至って簡単である。

それが終わった後、今度は来月九州大学で行う予定の「大学院特別講義」及び「教室談話会」(セミナー)のアブストラクト書きをした。講義は京大でやっていた「ソフトマター」の内容をほぼ踏襲する予定だし、セミナーは得意の中性子散乱の話を中心にするつもりなので簡単か、と思えばさにあらず。それぞれ半ページ程度で必要な事を書く、と言うのは案外難しい。特にセミナーの方は一度書いたものの自分で読んでも下手だなー、と言う出来だったので、明日もう一度書き直すことにした。

昼休みにKEK食堂に行ったら、広大の上野さんのグループと会った。PFのビームタイムのために来ているとのことだったので、午後1度実験室に見に行って、夜も一緒に食事をした。

| | コメント (0)

2008/05/27

e-mobile

KEKに赴任してからほぼ3ヶ月。今のところ家族はまだ京都に住んでいて、つくばに単身赴任している。広島から京都に移ったときの単身赴任(1年半)に比べると今回はずっと短いので、単身赴任先の宿舎には最低限の生活用品しか持ち込んでいなかった。だから電気と水道は使うもののガスは元栓も開けておらず、当然ながら電話も引いていないのだが、さすがにネットワークが無いと不便で仕方がないので4月の頭にNTTの「フレッツ光」の申し込みをした。私の住む宿舎には回線が来ている、と宣伝ビラが入っていたので、当然すぐに開通してくれるもの、と思って申し込んだのである。

ところが建物から各部屋に回線を分岐するVDSLがいっぱいになっていた、ということで、申し込みから1ヶ月経っても開通せず。プロバイダのキャンペーンに間に合わなかったこともあってADSLに切り替えたのだが、こちらも電話回線が無いということで最低4週間待ち、と言われて愕然としたものである。

そこで次の策として考えたのはe-mobile。携帯電話回線を使うためアクセス可能なエリアが広い上に、回線の速さが最大7Mbps(もちろんベストエフォートだが)ということでAir Edgeよりはずっと速い。つなぎ放題で月6千円弱、という値段はやや割高なのだが、価格.comで調べたら開通月から2ヶ月間無料で3ヵ月後からは解約可能(つまり3ヶ月だけ使うならば2千円/月で済む)、というプロバイダがあることが判明したので、さっそくそこに申し込みした。

IDと端末は申し込みから数日で届き、最初接続に苦労したもののいったん繋がってしまえばほぼストレスなし。新幹線の中などでも使えるので、便利なことこの上ない。混雑した場所で繋ぐとすぐに切れるとか遅いとかの問題はあるにしろ、今のところは導入は成功、というところだ。最初は家族と一緒に電話回線が引越しするまでだけ使おう、と思っていたのだが、もしかしたらこのまま使い続けることになるかも知れない。

ちなみに今日の仕事は、主に先週以降たまっていた雑用。夕方は物構研所長室へ行き、「共用法」に関連する議論をした。

| | コメント (0)

2008/05/26

大型施設供用委員会

今日の午後は、中性子科学会の「大型施設供用委員会」にオブザーバー参加するため上野に行ってきた。これまで数回はJ-PARCへの共用促進法適用問題がメインだったのだが、今回はその点に関する身のある話はあまり多くなく、むしろ学会の提案する「グランドデザイン」や「3号炉の今後」についての議論が行われた。

午前中は9時から中性子職員会議。単身赴任者としては、月曜朝イチの会議は非常に辛い。

| | コメント (0)

2008/05/23

京大出張2日目

今日も京大へ。午前中は研究室セミナーに出席する。インドのSaha研究所から学振で来ているDatta氏が講師で、X線反射率計とGIXDの原理からの話と、Langmuir膜に関する2つの研究例を紹介した。

午後はまずNIさんと来月の国際会議での発表についての打ち合わせ。続いて福井センターの坂上さんを交えてNさんの実験データについて議論をした。またNS君のごく最近の実験結果について、吉川さんと一緒に議論した。

| | コメント (0)

2008/05/22

京大出張

今日と明日は京大への出張。今日は主にNさんと今後の実験の計画について議論した。

| | コメント (0)

2008/05/21

連絡運営会議

今日の午後は定例の連絡運営会議。2回目ということで、前回よりも盛り上がった。特に盛り上がったのが、科研費や通勤手当などの問題。どちらも「お金」に関わる話で研究と生活に直接影響するので、真剣になるのも当然と言えば当然。助教や技師など若手の委員でも機構長や所長クラスの偉い人に食ってかかる、と言う感じで、なかなか面白かった。その人の地位や年齢に関わらず言うべきことを言う、と言う雰囲気は、さすが高エネルギー物理が中心の研究所らしい。

| | コメント (0)

2008/05/20

レフリーコメント書きなど

今日は論文のレフリーの〆切が2件あったので、読んでコメントを送った。これはある国際会議のconference paperで、分量と内容はそれほどたいしたことはないのだが、その分頼まれていた件数が多かった。他の論文は先週までに返事を送っていたのだが、いろいろな理由でこの2本だけが今日まで残っていた、と言うわけだ。

ペンディングになっていた6月のアメリカ出張の飛行機の便を確定し、ホテルの予約もする。またこれを含めた5〜6月の出張の手続きを進めた。

| | コメント (0)

2008/05/16

中性子ソフトマターセミナー

今日は物性研の柏キャンパスで「中性子ソフトマターセミナー」があった。これは物性研とKEKの中性子を使っているグループの中で、ソフトマター系を中心にやっている人が集まって定期的にセミナーをやろう、と言うもの。今回は第1回ということで、僕と柴山研の学生のS君が話をした。

僕の今回のタイトルは「非平衡状態におけるソフトマターの様々な振る舞い」と言うことで、吉川研で共同研究でやっていた3つの研究について紹介した。どれも中性子とは関係ない話なのだが、これまで僕がやってきた中性子関連の話はどこかで聞いてもらっていた可能性があるので、敢えて違う話をしてみた、と言うわけだ。どれも自分が実験をやったわけではないので説明できない点もあったのだが、喜んでもらえたようだ。

セミナー終了後、物性研で行われていた「フライホイール大型直流電源運転開始記念式典」と言うのに顔を出した。これは、超強磁場を発生するための巨大な電源を今日から運転開始する、と言うもの。もともとこの電源は原研で核融合の研究をするために作ったもので、それを物性研に移設して再利用することにしたのだそうだ。これを使うことによって、これまでに得られたものよりもずっと強い磁場を発生して実験ができるようになる、とのこと。物性研のスタッフ、学生だけでなく各方面からのゲストも呼んで、盛大な式典を行っていた。

| | コメント (0)

2008/05/15

東海日帰り

今日は朝イチの連絡バスに乗って東海へ。物性研中性子施設へ行って遠藤さんと一緒に日立電機へ。NSE用のhumidity chamberの製作についての打ち合わせをしてきた。

「魚康」で昼食を食べて12時半東海発の連絡バスでつくばに戻る。午後は共著者から来ていた論文原稿のチェックなどをした。

| | コメント (0)

2008/05/14

PowerPoint

今日の午後、半時間ほど物構研所長室で「共用法」に関する打ち合わせをしたが、それ以外の時間は金曜日のセミナーの準備に使った。

金曜日のセミナーというのは物性研の柴山研と合同で行うことになった「中性子・ソフトマターセミナー」で、言い出しっぺの責任?と言うことで最初に話すことになったわけだ。ただ、素直に中性子の話をするのは面白くない?ので、敢えて中性子以外の実験結果をダイジェスト風に紹介する、と言うことにしている。3つとも僕が共著者に入っている話なのだが1st authorではないので、それぞれ中心になって仕事した人からもらった資料をつなぎ合わせて、一つの話を構成する、と言う作業をした。それぞれの人からもらったファイルが全部PowerPointなので、これまでのようにわざわざKeynoteに変換せずにPowerPointの上でつなぎ合わせれば簡単か、と思えばさにあらず。やってみるといろいろとややこしい問題が出てきて、結構大変だった。

最初はMac用最新版のPowerPoint2008を使ってみたのだが、これがなかなかの難物。古いバージョンで作ったファイルだからなのか知らないが、開くのに失敗したり開いても動作がやけに遅かったり、ととても使い物にならない。と言うことでこれを使うことはすっぱりと諦めて、古いバージョン(PowerPoint2004)でやることにした。

こちらは動作的には特に問題はなかったのだが、久々のPowerPointと言うことで使い方がよく分からないのには参った。特に困ったのは、他のプレゼンファイルから読み込むと今のプレゼン全体のマスターファイルが使われてしまうこと。これでレイアウトが崩れたり、文字の色がバックと重なって見にくくなったりするので、いろいろな修正が必要になってしまうのである。特定のスライドだけ別のマスターを指定する、と言うこともできるらしいのだが、元のプレゼンファイルのマスターが何なのかよく分からなかったりして、結局一つ一つ手作業で修正する羽目になった。

因みにこれまで愛用していたKeynoteだが、こちらも08になってから困ったことが一つある。オブジェクトをグループ化しているものがあると、ファイルをいったん閉じて開いたときにオブジェクトの間隔がめちゃくちゃになってしまうのである。甚だしい場合には一部のオブジェクトがスライドの範囲から遠く離れたところに飛んでしまって、修正することもできないようになってしまう。AppleのDiscussion Boardを見てもそんな症状は載っていないのだが、僕だけの問題なのだろうか?

| | コメント (0)

2008/05/13

住所変更とレフリー

所属している学会等に異動の連絡をしていなかったことを思い出したので、午前中はその手続きをした。これまでの経緯から所属している学会が5つもある上に、PF懇談会とSPring-8懇談会もある。それぞれの組織ごとに住所変更の届けの出し方も違うので、なんだかんだで結構時間がかかった。

午後は昨日やりかけだった科研費の報告書を仕上げ、論文のレフリーレポートを作成した。

| | コメント (0)

2008/05/12

NML会議

今日の午前中はNML(中性子・ミュオン施設)の会議。10時からの会議は12時頃には終わったのだが、その後「共用法」絡みの打ち合わせがあって全部終わったのが1時過ぎ。それから大友さんと昼食を食べに行ったら、KEK食堂はもうほとんど終わっていて目ぼしい食べ物はカレーぐらいしかなかった。

午後はいくつか仕事のメール書きなどをして、科研費の報告書作りをする。昨年度で終了した「基盤研究」のもので、先月冊子体を印刷したのでそれで終了、と思っていたら、それ以外にも日本語と英語の報告書を裏表1枚ずつ提出しなければならなかったらしい。中身はたいしたことはないのだが、書式に合わせてまとめるのが結構面倒で、全部終わらずに本日の業務は終了、となった。

| | コメント (0)

2008/05/09

会議と講習会

今日は昼から東海に行って、「中性子利用セクション拡大会議」に出席した。この「中性子利用セクション」とはJ-PARCの中の中性子を利用する人たちの集まりで、JAEAのスタッフとKEKのスタッフを合わせて40人ぐらいいる。J-PARCは着々と建設が進み今月の下旬には1st beamが出ることになっているのだが、「その日」に向けての具体的な準備を進めなければならないと言うことで、結構内容豊富な会議だった。

これが終わった後、「物質生命科学施設」(MLF)に移って放射線の講習会を受けた。これはMLFが来週から放射線管理区域に設定されるため、そこに入る人は予め講習を受けなければならないという法律的な制限から来たものである。この種の講習会は大学やKEK、SPring-8等でも毎年受けなければならないものなので慣れているのだが、今回のものは実際には立ち入らない場所に関する話ばかりで、少々退屈だった。

| | コメント (0)

2008/05/08

一般公開企画委員会

今日の午前中はKEKの「一般公開企画委員会」と言うのに出席した。一般公開と言うのは大学でやっているオープンキャンパスよりももっと大々的なもので、小中学生やその親など3,000人以上が来るらしい。当然お休みの日にやるのだが、職員の半分ぐらいが出勤してお客様のお相手をするのだそうだ。私は新任ということもあって中性子を代表して実行委員になったのだが、その中で「企画委員会」と言うものを担当することになった。今日はその企画委員会の第1回ということで、どういう企画を行うか、と言うことでいろいろと議論した。内容としては「サブテーマをどうするか」「講演会を誰にどのような内容でしてもらうか」「『おもしろ物理教室』で何をやるか」「パンフレットをどう改善するか」等々だったのだが、それぞれの議題で結構白熱した議論となって、予定時間を大幅に超過して2時間以上話し合った。

その他の時間は、6月に予定しているORNLへの出張の準備と山田君の学振の申請書のチェック。またレフリーを依頼されていた論文を読んでコメントを書いた。

| | コメント (1)

2008/05/07

論文投稿

今日は午前中京大に行って、KS君のアメリカでの実験についての打ち合わせをする。また北畑さんも来たので、吉川さんと4人で論文原稿についての最後の打ち合わせ。僕はその後KEKに戻ったのだが、夜になって無事投稿が完了した、との連絡をもらった。最初の実験結果が出てから2年ほどが過ぎ、論文執筆に取り掛かってからも1年以上かかった論文だが、無事投稿までたどり着いて何より、である。

| | コメント (0)

2008/05/02

申請書修正&論文読み

昨日の「意見交換会」で指摘された点を考慮して、今日はまず「新学術領域」の申請書の修正をした。水曜日に最終稿を「確定」した時にはもう大きく直すこともあるまい、と思っていたのだが、第三者の意見をもらったというのは今から思うと貴重なことだった、と思える。

ORNL(オークリッジ国立研究所)から「6月に特別にビームタイムをあげる」と言う連絡が来たので、早速日程調整などをした。時期的には「特定領域」の国際会議の直後で、今のところ空いている週のビームタイムなので、喜んで行くことにして、早速飛行機の予約を入れた。

午後は長尾君の論文原稿を読んでコメントを送る。実は2週間前に受け取っていたのだが、ちょうど科研費申請で切羽詰まっていて後回しにしていたもの。「来週コメントを送る」と約束しておきながら、1週間以上も遅れてしまった。実はその他にも京大から論文原稿が送られて来ているのだが、なかなか見てコメントする余裕がない。こんなことではいかんなー。

| | コメント (0)

2008/05/01

科研費申請意見交換会

今日は科研費「新学術領域」の申請に関して、KEK内での「意見交換会」が行われた。これは申請書の内容に関して第3者の立場からいろいろと意見を言ってもらう、というもの。科研費の審査委員の経験者などから、申請書の内容についてのアドバイスを受けた。

もらった意見のうちで特に参考になったのは、PFの生物関係の人からの意見。全体に良い出来だ、とした上で、的確な指摘を受けた。この点に関しては実は自分自身でも修正した方がいいかな、と思っていたので、早速直すことにしようと思った。

| | コメント (0)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »