« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008/04/30

MLF全体会議

今日は東海村でMLFの全体会議があったので出席した。MLFと言うのは"Material and Life Science Facility"の略で、J-PARCの中で中性子とミュオンをやる施設のこと。J-PARCは来月下旬には陽子ビームをこのMLFに導いて初めての中性子を発生させる予定になっているのだが、それに向けての意思統一のための会議、と言う位置づけだった。1時から始まった会議は、予定時刻を1時間ほどオーバーして6時過ぎに終了。それぞれの報告は簡潔に行われていたのだが、さすがに「始動前夜」と言うことで確認しておくべきことが山のようにあった、と言う感じだった。

ところで東海駅で原研(現JAEA)に行くためのバスに乗ろうとして乗り場に行ったら、何と朝と夕方の時間帯以外の便が無くなっていた。今後J-PARCが立ち上がると、原研を訪れる人は多くなるはず。なのに公共の交通機関がこんなことでは、困ると思うのだが。

会議終了後につくばに戻り、KEKのオフィスに出て行って「新学術領域」の申請書を提出した。

| | コメント (0)

2008/04/29

三室戸寺

Mimurodo temple (三室戸寺)
Mimurodo temple (三室戸寺)

「京都の花寺」として知られる宇治の三室戸寺は、ツツジが見ごろ。オフィシャルブログによると、「花の勢いのある今頃が一番綺麗」なのだそうです。

| | コメント (0)

2008/04/28

有休だったけど

今日はKEKでの手続き上は有給休暇を取っていたのだが、色々とやるべきこともあったので京大に顔を出した。そしてNさんやKS君等と打ち合わせをしつつ、「新学術領域」の申請書の修正などをした。

| | コメント (0)

2008/04/25

申請書〆切

今日は「外国人特別研究員」の申請の〆切。水曜日に届くはずだった本人のサイン入りの書類と推薦書が届かなくて少々焦ったのだが、今日の午後になってやっと来たので無事提出できた。

この他には「新学術領域」の申請書関係の仕事。各研究代表者が提出した応募情報をまとめ、申請の金額を計算し、申請書に反映させたり、あるいは申請書の内容を修正したり、と言う作業を進めた。またEPJEに出した論文のゲラが来ていたのでそのチェックもした。

| | コメント (0)

2008/04/24

柏へ

午前中は「新学術領域」の申請書作り。秘書さんにまとめてもらったものを元に、昨夜以降に届いたものを貼り込んで一応の完成版とする。

昼から東大柏キャンパスにある物性研に行く。KS君が実験すると言うことでそれを見に行ったつもりだったのだが、柴山さんと色々と打ち合わせしていた時間の方が長かったかも。夕方には物性研を出てつくばに戻り、中性子ミュオン施設の新人歓迎会に出席した。

| | コメント (0)

2008/04/23

KEK連絡運営会議

今日は午後から「連絡運営会議」というものに出席した。

この前は「教授会が簡単に終わった」と言う話を書いたのだが、どうもKEKは研究所ごとの教授会よりも、機構全体で行う「主幹会議」と言うのが重要らしい。この「主幹」と言うのは各研究系(アカデミックスタッフが20名ぐらいの単位)ごとのリーダーで、大学で言うと教室主任のようなもの。ただ教室主任は毎年持ち回りでやるのが普通なのに対して、「主幹」とは上層部に直接つながる管理職的なポスト、と言うことのようだ。

そこで今回の「連絡運営会議」なるものが登場するのだが、これは主幹会議とは違って各研究系や施設の常勤職員から選挙で選ばれる委員で構成される。つまり「上から下」の色彩の強い(?)主幹会議に対して、「下から上」への発言ルートとして確保されているもの、と言えそうだ。今日は年度初めの第1回と言うことで「上から」の説明がほとんどだったのだが、せっかくなので最後に「レストラン休業」の件について質問した。

その他の時間は、昨日の申請書書きの続き。「新学術領域」の方は秘書さんに手伝ってもらったので、「外国人特別研究員」の方に集中できた。

| | コメント (0)

2008/04/22

申請書+申請書

申請書書きの1日。一つはこの前から続けている科研費「新学術領域」のもので、各研究代表者から五月雨式に修正版が届くので、それを1つのファイルにまとめる作業をした。また自分が書いた文章をもう一度見直して、修正する作業も行った。

もう一つは「外国人研究員」招聘の書類である。これは先日インドに行った時に知りあった若手研究者に関するもので、彼がぜひ日本に来て研究したい、と言うのでホストとして出すのである。向こうの分の申請書は既に送ってもらっていたのでそれを見ながら日本語で書けば良いか、と思ったのだが、やはり論文を読まないとどんな仕事をしたかよく分からない。と言うことでリストに載っていた論文を5本ほどダウンロードして読んでみた。Physical Review E等それなりに名の通った論文誌に掲載されているのだが、LB膜に関するもので自分の分野とは違うので今一つ良く分からない。こちらは〆切が今週金曜日に設定されている上に、「新学術領域」の作業もたくさん残っている事を考えると何とか明日の午前中ぐらいには仕上げたいところだ。

| | コメント (0)

2008/04/21

物構研教授会

今日の夕方は物構研の教授会があった。3月は出張と重なっていたので、今回が初めての出席である。

教授会、と言えばこれまで広大と京大で出た経験があるのだが、どちらの場合も学部長の報告と議論が結構長々と続き、特に京大の場合は人事関係の選挙が山ほどあって2〜3時間はかかるのが普通だった。ところが物構研の場合は簡単なもの。所長が重要な事項について報告し、それについて少々の意見交換をして終了。今回は「共用法」の説明があったため予定より長かったらしいのだが、それでも1時間15分ぐらいで終わってしまった。大学とKEKとでは違う点が色々とあるのだが、教授会のありかたもまた、その一つだと言うことなのだろう。

他の時間は、主に科研費の申請についての仕事をする。「新学術領域」の申請はかなり進んできたのだが、進めば進むほど理想と現実の離反が明らかになってくるようで歯がゆい。

| | コメント (0)

2008/04/18

SPring-8〜京大

昨日からのSPring-8の実験は今朝までで終了。予定通り10時に終わり、片づけて事務室での手続きをして京都には2時ごろ戻ってきた。

その後、KEKの清水さんが物二の永江さんのところに来ていたので顔を出す。またNさんやKS君の論文について議論したり、谷森研の院生にソフトマター物理と小角散乱の事を説明したり、更にいくつか重要なメールに返事したりしていたらあっという間に夕方になった。

| | コメント (0)

2008/04/17

SPring-8でのSAXS実験

今日からSPring-8でのビームタイム。いつものようにBL-40B2でのSAXS実験である。立ち上げ時にフライトチューブの窓のカプトンが割れる、と言うトラブルがあったものの、それ以外はほぼ問題なく実験に入ることができた。

実験はこれまで何回か行ったリン脂質膜のhydrationの実験で、MH君に任せておけばだいたい大丈夫。と言うことで僕はほとんどの時間、実験室で科研費の申請書を書いていた。

| | コメント (0)

2008/04/16

SPring-8へ

午前中は科研費の申請書書き。最も重要な「目的」の部分のdraftを書いて吉川さんの意見を聞いた。また昨年度までもらっていた科研費の報告書原稿を印刷屋に渡した。

午後はまず吉川研に新しく来たM1の学生に、吉川さんとともに研究の方向性について話をした。また北畑さんを交えてKS君の論文原稿について議論した。そして3時過ぎに京大を出て車でSPring-8へ。途中の道はほぼ順調で、6時にはSPring-8に到着した。

| | コメント (0)

2008/04/15

いよいよ申請書

先週いっぱいで「新学術領域」の計画班班員からの書類がほぼ集まったので、今日からこれらを元にして申請書にまとめる作業を始めた。まずは各班員の研究計画と業績リストを1つのファイルにすることからスタートしたのだが、単にコピペをすれば良い、と言うものでも無く、長さを調整したりフォーマットを合わせたり、と言う仕事が結構多い。その上、ある人の業績をコピーした瞬間にWordが暴走する、と言うことが続いて参った。それが済んだ後に領域全体の研究計画について書き始めたのだが、やはり結構時間がかかりそうだ。このようなまとめの仕事は、自分の申請書だけ書いていればいい、と言うのと違ってやらなければいけないことが非常に多いと言うことが改めて分かった。

午後はちょっとだけ課題研究のセミナーに顔を出したりNさんの論文原稿に目を通したりする。またRI棟のSAXSの調子が悪いと聞いていたので、それをチェックしに行く。これらの合間に学生と議論したりしているうちに、1日はあっという間に終わった。

| | コメント (0)

2008/04/14

京大での仕事

今週は京大とSPring-8への出張。と言うことで今日は2週間ぶりに吉川研に来た。前回は引っ越ししてすぐ、と言うことで荷物が未整理だったし人も少なかったのだが、今日見たらかなり落ち着いていた。とにかく新しいメンバーが増えていたのには少々驚いた。

午後は課題演習B8に出て自分がやっていることについて説明する。またNさんとやKS君と論文についての話をしたり、小貫さんと立ち話したり、といろいろと充実した一日だった。

| | コメント (0)

2008/04/11

大型施設供用委員会

午前中はKEKにある光散乱の装置を見に行く。これは内藤さんが蛋白質の実験をするために買ったものなのだが、彼が脳梗塞で倒れたのとPDが辞めてしまった事もあって、使われずに放置されていたものだ。ALVの静的光散乱も動的光散乱もできる装置で、見た感じは状態が良さそうだった。そのうちこれを使って実験してみよう。

昼から東京に行って、中性子科学会の大型施設供用委員会にオブザーバー参加する。今日のテーマは「共用促進法」のJ-PARCへの適用について。まず最初に文部科学省の量研室長が法律の内容について説明し、これを受けて中性子コミュニティがどのように対応すべきか、について議論した。

| | コメント (0)

2008/04/10

放射線の講習会

午前中は昨年度までの科研費の報告書書き。文章を直そうと思うときりがないのだが、どうせそんなに真剣に読んでもらうような文章でもないので、ほどほどで妥協して終わりにした。

昼過ぎから京大原子炉の福永さんに電話して、今後のKEK中性子の方向性について意見を聞いた。またそのすぐ後に清水さんが来たので、ついでに彼にも僕のアイディアをぶつけてみた。清水さんはもともと高エネルギーの人で、研究や大型施設へのアプローチが我々物性関係者とは違うのである。そういう意味で彼の意見はいつも新鮮で、かつKEKでの難しさ、ということも実感させられる。

3時から放射線の講習会。来週の実験のためにはなんとか今日中に放射線関係の手続きを済ませないといけないので、結構真面目に聞く。その後、福永さんにさっきの話の内容をまとめたメールを送って今日の仕事は終了。夕方つくばセンターで、KEKのPDの人たち数人と一緒に食事した。

| | コメント (0)

2008/04/09

科研費

今日も昨日に引き続き科研費関係の仕事。一つは昨年度までもらっていた課題の報告書作りで、もう一つは「新学術領域」に向けての準備である。夕方はその一環で、産総研の森田さんに会って話をしてきた。

| | コメント (0)

2008/04/08

大雨、のち小雨

今朝起きたら、まるで台風が来たような雨と風。低気圧が来ていたらしく、雨は徐々に小降りになったものの風は午後まで強く吹いていた。

天気はそんな感じだったのだが、仕事は特に忙しい、と言うこともない一日だった。そこで科研費の報告書を書いたり長尾さんの論文原稿を読んでコメントを送ったり、あるいは引っ越しの荷物の片づけをしたりした。またようやくKEKのweb serverにアカウントをもらったので、京大のホームページを若干修正して引っ越しした。(http://neutron-www.kek.jp/HOME/seto/index-j.html)

| | コメント (0)

2008/04/07

会議

今日は朝9時からNML(中性子ミュオン研究施設)の、10時から中性子グループの会議だと言うことで、昨夜京都を夜行バスで出て9時前にKEKに到着した。どうしても出てこい、と言うので無理して来たのだが、会議に果たしてそれだけの価値があったのかどうか。何だかここでは「一人の研究者」としてあまり尊重されていないような気がして仕方がない。

午後は土曜日に行った科研費申請に向けての会議のまとめや6月の国際会議の準備に関すること、そして昨年度までもらっていた科研費の報告書作りなどの仕事を進めた。また先週行ったKENSのサイエンスをどうするか、と言う点についての会議のまとめも作った。明日はもっと楽しい日になりますように。

| | コメント (0)

2008/04/05

ソフトマターワークショップ

今日は東京で研究会「学術創成・ソフトマターワークショップ」を開催した。

この研究会は池田さんが代表者の学術創成研究の一環として開催したのだが、その後を継ぐものとして科研費の「新学術領域」の申請のための準備、と言うのが真の目的である。申請書の締切が今月末に迫っているので、一度計画班の全員が集まって何を狙うのか、と言うことについて議論することにしたわけだ。今日は東京駅のサピアタワーにある「京都大学東京事務所」に計画班のメンバーに予定している人の大半が集まって、10時から5時までたっぷりと議論した。

ところで今回の会場となった「京都大学東京事務所」があるサピアタワーは、JR東日本によるオフィスビルで、京大の他に東大や北大、関大などいろいろな大学が東京における出先機関を置いている。東京駅に直結で非常に便利な上に、京大の教員が申請すればタダで使えるので、こう言う関係のミーティングには最適の場所だ。ただこのサピアタワー、なぜか知らないけどセキュリティがめちゃくちゃ厳しい。入館する人を予め登録しておかなければならない上に、受付で渡されるカードは昼食などで外にでる時には回収されてしまい、再入場のためには改めて受付しなければならないのである。更に厄介なのは、土日は受付がお休みなので裏口から入って守衛さんに手続きをしてもらわなければならないこと。私が行った時は狭い裏口がラッシュ状態になっていて、守衛さんも大変そうだった。

| | コメント (0)

2008/04/04

東海村での会議

午前中は東海村で会議があったので、連絡バスでKEK東海キャンパス(実態は元・原研東海研)に行ってオブザーバー参加してきた。内容は「共用法」に関するKEKとJAEAの打ち合わせで、色々と重要な事が明らかになったのだが、当然この場では立場上書けないのである。

昼過ぎに、同じように東海での仕事を終えた大友さんの車に乗せてもらってつくばに戻る。そして明日の研究会(新学術領域申請のための打ち合わせ)に向けてのプレゼン資料を作った。

夜は筑波大の齋藤さんなどつくば市在住のソフトマター研究者たちと交流した。ここ1週間、初めてKEK内で過ごして色々と仕事をしたのだが、それでたまったストレスを少しだけ発散することが出来た。

| | コメント (0)

2008/04/03

仕事いろいろ

今日は京大化研の金谷さんや物性研の柴山さんら、いろいろな人と電話その他で打ち合わせをする。また放射線の登録のために医師の問診を受けたり、新学術領域のための準備をしたりする。更にその合間に京都から送った段ボール箱を開けて本棚に並べたりもした。

因みにしばらくは単身赴任ということでつくばでは独身・単身用宿舎を借りているのだが、これまで部屋を整理する暇がなかったのでずっとKEKに寝泊まりしていた。だがちょっとずつモノを買ったり運び込んだりしたおかげで何とか寝れるようになった(と思われる)ので、今日初めて「宿泊」する予定。10時までしかお湯が出ない(=風呂に入れない)ので、あまり遅くならないうちにさっさと帰ろう。

| | コメント (0)

2008/04/02

KENSのサイエンス

今日は会議のため、KEKの東海キャンパスに初めて行ってきた。「KEKの東海キャンパス」とはJ-PARCを動かすためにできた出張所のようなもので、JAEAの中にある。すなわちかつての「原研東海研」の中なわけで、場所は20年も前から実験に行っている馴染みのところだ。ただこれまでは「部外者」としていちいち手続きをして入構しなければならなかったのだが、これからは立場が違う。今日は新しい立場になったことに伴う手続きをいろいろしてきた。

因みに何の会議をやったかと言うと、「KENSでのサイエンス」がテーマ。これまでの歴史や今の課題などについて神山さんに説明してもらって、今後どのようにグループを作って良いサイエンスを作って行くか、などについて議論した。

| | コメント (0)

2008/04/01

共用法について

(事情により削除しました。)

| | コメント (0)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »