« 台湾へ | トップページ | 日台中性子散乱研究会2日目 »

2007/12/05

第2回日台中性子散乱研究会

Wulai

今日から「第2回日台中性子散乱研究会」が始まった。この会議は、日本と台湾の主に中性子散乱を使って生体物質やソフトマターを研究している研究者の交流が目的である。日本と台湾とは正式な国交はないのだが、経済的・人的には無視できない間柄。と言うことで本来は外務省が行う業務を「交流協会」と言う財団法人が行っているのだが、この会議はそこが取り組んでいる科学・技術面の交流の一環と言うことになっている。昨年は東海村に台湾の研究者を呼んだので、今回は日本から10人余りの研究者が招待されて来たのである。私自身、台湾に来るのは初めてなので、風景や風俗などいろいろと興味深いものがある。

とは言え遊びに来たわけではないので、朝から真面目にセッションに参加。特に午前中の後半はchair personだったので、いつも以上に真面目に?参加した。

|

« 台湾へ | トップページ | 日台中性子散乱研究会2日目 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 台湾へ | トップページ | 日台中性子散乱研究会2日目 »