« 第2回日台中性子散乱研究会 | トップページ | 日台中性子散乱研究会3日目 »

2007/12/06

日台中性子散乱研究会2日目

今日は「日台中性子散乱研究会」の2日目。午前中のセッションの最後に"Anomalous Swelling"の話をした。内容的にはAachenの会議で話したのとほぼ同じだったのだが、せっかくなので京都の写真などを織り込んだプレゼンにしたらなかなか評判が良かった。(と、思う。)

Cimg1127

夕方会議が終わったので、日本人参加者のほとんど全員と台湾のMouさんとで「国際岩湯」なるところに行ってきた。ここは烏来温泉の中心部にあって、岩風呂やサウナなど色々なお風呂に入れる施設だ。台湾は日本と近いだけあって、やっぱり風土や習慣等も似ているもので、この温泉も日本の風呂と良く似ていた。またこの「国際岩湯」の周辺はいかにも温泉街と言う雰囲気で、これはこれでなかなか面白かった。(因みに写真は、その温泉街にあったタイヤル族の民族料理の店です。)

ところで滞在しているのは「那魯湾飯店」と言う名前のホテルで、1泊NT$4200(日本円で17,000円ぐらい)もする高級なところである。確かに部屋は広いしお風呂には温泉が出るしで快適なのだが、ネットワーク環境が悪い。一応全館で無線LANが自由に使えるのだが、夜になるとなぜか繋がらなくなり、それが翌日の午前中一杯ぐらいまで続くのである。その上繋がっても遅いことが多いし、無線LANのルーターが突然見えなくなったりすることがあるし、で不安定なことこの上ない。「ロケーションフリー」で自宅のテレビが見れるようにしているのだが、今日は諦めた方が良さそうだ。

|

« 第2回日台中性子散乱研究会 | トップページ | 日台中性子散乱研究会3日目 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 第2回日台中性子散乱研究会 | トップページ | 日台中性子散乱研究会3日目 »