« SPring-8シンポジウム | トップページ | 科研費申請書類提出 »

2007/10/30

SPring-8シンポ2日目

SPring-8シンポジウムの2日目。最初の方はユーザーグループの報告だったが、自分の専門から遠かったので後の方で聞きながら自分の仕事をしていた。昼前からの招待講演は、元名大の八田先生による「皮膚」の話と、カネボウ化粧品の井上さんによる「毛髪キューティクル」の話だった。どちらもX線小角散乱を産業に応用した、と言う話でそれなりに面白かったが、もう少し良く考えれば本質を理解するような話に持って行けるような気がした。

昼からのポスターセッションでは、主に「兵庫県ビームライン」と「ピラタス」の話を聞いた。後者のピラタスは最近リガクがPSIからライセンスを取って売りたがっているカウンターなのだが、聞くところによると元々はSPring-8の人が共同開発したものだった、とのこと。リガクが勝手にPSIから輸入して売ることに対しては、少々気に入らないことがあるかのような言い方をしていた。また谷森さんが開発しているマイクロストリップのカウンターとの比較について聞いたら、ピラタスの方がダイナミックレンジが広いのだそうだ。

|

« SPring-8シンポジウム | トップページ | 科研費申請書類提出 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« SPring-8シンポジウム | トップページ | 科研費申請書類提出 »