« 実験スタート | トップページ | 安定した? »

2007/09/15

humidity chamber

Institut Laue-Langevin

無事立ち上がった、と思われたhumidity chamberだが、2つあるうちの1つのヒーターが故障しているとのことで、まずはその修理からスタートした。それはどこかのケーブルが切れていただけだったようなので繋いで問題解決だったのだが、その後その部分の冷え方が悪いとのことで冷却系を交換したり、いろいろと修理。そして更に問題だったのはhumidityの制御で、正しいPIDの値が良く分からないため試行錯誤することになる。その上humidityのセンサーも時々おかしな動きをするため、夜までいろいろ頑張った結果制御は諦めることになった。制御できなくても安定していれば成り行きで測定すれば良いのだが、それすらどうなるか分からない。果たしてデータが取れるのか、非常に不安なことになってしまった。

因みにこのhumidity chamberを使うと言うことは5月にビームタイムが決まった時に知らせてあって、Belaもテクニシャンに言ってあったらしい。ところがどこで間違えたのか9月末以降に使うと思っていたらしく、我々がフランスに到着する直前に慌ててチェックしたのだとか。実際に動かしてみたらうまく働かなかったのは、そのためなのだそうだ。困ったものだ。

|

« 実験スタート | トップページ | 安定した? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15807/16453634

この記事へのトラックバック一覧です: humidity chamber:

« 実験スタート | トップページ | 安定した? »