« 新しいタイプのカウンター | トップページ | ギガビットにしたけれど »

2007/08/06

VLAN間通信

今日はまず、8/22にやることになった「新化学発展協会」における発表のアブストラクトを作って世話人の人に送る。また明後日の出張のための準備を行った。

ところで6号館に立ち上げたNASだが、今日見に行ったら無事コピーが終了していた。50GB程度をコピーするのに80時間もかかったのだが、その主な原因は途中でエラーが出て止まっていたから。実質的にはおそらく半分以下だったのだろうと思う。ただ、それにしても遅いので何でかなー、と思って良くみたら、途中に挟まっているハブが10BaseTだった。今まで普通の使い方(メールやブラウジングなど)をしている限りでは10BaseTだろうがギガビットだろうがあまり関係なかったのだが、ファイル転送となるともろに効くみたいだ。と言うことで、発明センターに戻るついでに早速ギガビット用のハブを買って帰った。

因みに発明センターと6号館のそれぞれのKUINS-IIIのポートはVLAN間通信で繋いでいて、ファイル転送のプロトコルも通るようになっているはずなのだが、パソコンの「ネットワーク」等で見ても反対側のサーバが見えないので「またKUINS-IIIの設定ミスか」と思っていた。ところが今日情報技官の人に設定を調べてもらいつつどうすれば良いか確認し、その上でIPアドレス直打ちで接続を試みたらあっさりと繋がった。と言うことで、NASを介して発明センターと6号館の間の行き来を楽にする、と言う作戦は、ようやくうまくいきそうだ。

|

« 新しいタイプのカウンター | トップページ | ギガビットにしたけれど »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15807/16029055

この記事へのトラックバック一覧です: VLAN間通信:

« 新しいタイプのカウンター | トップページ | ギガビットにしたけれど »