« 京都の夏 | トップページ | 休暇前日 »

2007/08/13

本当に最後の実行委員会

午前中は発明センターの方で、主に来週予定されている「新化学発展協会」の講演のための準備を少しだけした。昼食を早めに食べて理学部6号館に移動して、午後からNISTデータを元にした論文執筆に本格的に取りかかる。NASの設置などいろいろと手当てをした甲斐あって発明センター、6号館の両方のオフィスの仕事の環境はほぼ同じようになっているのだが、6号館の方は机が広いため資料などを大きく広げて仕事を進めることができる。またディスプレーも巨大なのが2台付いていることもあって、やはり仕事の環境としてはこちらの方がずっと良い。おかげで?今日はイントロの部分をほぼ書き上げることができた。

夕方、SAS2006現地実行委員会の「慰労会」に参加する。昨年7月に行ったSAS2006だが、プロシーディングス編集や報告書作り、収支の締めなど残務整理がいろいろあって、ごく最近ようやく全部の仕事が終了した。これはひとえに、この根気の要る仕事を着実に続けていた松岡さん(と柴山さん)の苦労があったからこそ、である。今日は長村実行委員長の音頭のもと、橋本組織委員長やほとんど全ての実行委員、それにずっとこれらの仕事を支えてくれた秘書さんも集まって、祇園の某所で「本当に最後の実行委員会」を行った。

|

« 京都の夏 | トップページ | 休暇前日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15807/16107914

この記事へのトラックバック一覧です: 本当に最後の実行委員会:

« 京都の夏 | トップページ | 休暇前日 »