« データ解析と論文原稿の直し | トップページ | ビームストッパーの調整 »

2007/07/18

放射線取り扱いの再教育訓練

午前中はNIさんがSAXS実験をしたいと言うので、RI棟に行ってX線の立ち上げを手伝う。またT君が立ち上げをしてくれたイメージングプレートリーダーの動作確認を行った。

午後は放射線取り扱いの再教育訓練。今年の理学部の講習会は日程がちょうど基研の研究会と重なっているので、今日の医学部のに参加した。ところがその内容は、まさに医学部の人向けと言う感じ。最初にRIを使ったマウス・ラットの内臓のイメージングの話を延々とやり、続いてRIに関する基礎知識を問答形式でやって1時間半で終了。我々物理が専門の者には、ほとんど役に立たない内容だった。この再教育訓練は1年に1度受けなければならない、と法律で決まっているのだが、こんなのを受けて意味があるとは思えないのだが。

その講習終了後、発明センターに行ってNSEのデータ解析の続き。膜の曲げ弾性係数の温度依存性が出たので、続いて基研研究会の発表準備を開始した。

|

« データ解析と論文原稿の直し | トップページ | ビームストッパーの調整 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15807/15802950

この記事へのトラックバック一覧です: 放射線取り扱いの再教育訓練:

« データ解析と論文原稿の直し | トップページ | ビームストッパーの調整 »