« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007/07/31

6号館懇親会

午前中は、先週の基研研究会の間に開かれた国際会議(科研費特定領域「非平衡ソフトマター」のもの)の組織委員会の仕事をする。主にHPのアップデートや議事録作りだったのだが、項目が多くて結構時間がかかった。

昼休みを挟んで、KS君の論文原稿の修正などをする。また夕方は理学部へ行って、「6号館懇親会」に出席する。耐震改修に伴って物理教室の一部が6号館に引っ越ししたのだが、この6号館は化学教室が使っていてそこからスペースを分けてもらったと言う経緯がある。せっかく近くに住むことになったのだからお互いに良く知り合いましょう、と言う目的で、今日はお互いの研究紹介をざっとやってビールを飲んで話し合った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/07/30

NAS立ち上がらず

午前中、工学部のRI棟へ行ってIPリーダー用のワークステーションのディスクイメージを取る。古いマシンなのでハードディスクがいつ壊れても良いように、と言うことなのだが、ただ本当に壊れた時に代わりになるハードディスクが見つかるかどうか分からないので、このバックアップが本当に役に立つかどうかは微妙だ。

バックアップには時間がかかるので、コマンドを打ち込んでそのままにして6号館のオフィスへ。6号館と発明センターの間のファイルのやり取りをしなくて済むように、LAN接続のハードディスクをNAS(Network Attached Strage)として立ち上げようとした。ところがハードディスクはDHCPからIPアドレスが取得できなかったようで、ファイルサーバとして機能せず。またVLANを組んでいるはずの発明センターのネットワークも見えなかった。自分の設定が悪いのか、あるいはKUINS-IIIだからうまくいかないのか。今日のところは良く分からないままに終わった。

午後はそのまま6号館で、主にKS君の論文の修正と、小貫さんを囲んでその論文の内容や実験の結果などについていろいろと議論した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/07/28

基研研究会最終日

基研研究会の最終日となった昨日は、まずはユーリッヒのGommperが流体中のベシクルの変形と運動についてのシミュレーションの話をした。続いて山本量一さんが流体中のコロイドのシミュレーションの話、高西さんがバナナ状液晶の構造をマイクロビームX線を使って調べた、と言う話をした。

午後の最初の講演は、統計力学の教科書で有名なPaul Chaikin。流体にインクを入れてずり流動をかけると拡散してしまって元に戻らないのが普通だが、非常に粘度の高い流体を用いると時間反転に対して対称になる、と言う話で、その理由を理論的に考えたと言う話で面白かった。

その後は日本人が4人話して、最後はユーリッヒのDhontがシェア・バンディング(って、日本語では何て言うんだろう?)の話で締めくくった。6年間続いた基研のソフトマター研究会だったが、これまでに無かったような企画(ドジャンの追悼とか大沢文男さんの講演とか)もあってなかなか面白かった。来年の基研への申請が不採択になったり特定領域の国際会議があったりと今後どうなるか不透明なのだが、何らかの形で続けていけると良いと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/07/26

基研研究会2日目

今日は基研研究会の2日目。まずは北大の辻井さんが超撥水性を持つフラクタル表面を作った、と言う話をし、続いて早大の山崎さんが、コーンスターチを分散させた水が蒸発する過程で作る迷路状のパターン形成の話をした。そして午前中の最後が大沢文男氏。コロイド分散系に高分子を混ぜた時に見られるコロイド間引力(いわゆる枯渇力)を発見した話や高分子電解質の相互作用の話など、ソフトマター物理の黎明期の話を淡々と語ったのだが、これが意外に面白くて引き込まれた。

午後はポスターセッション。人数の割に会場が狭く、大変だった。その途中で来年予定されている国際会議の組織委員会を行う。その中で会場となる芝蘭会館を見に行ったのだが、非常に立派な施設で驚いた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/07/25

2日分のまとめ

昨日から今日はココログのメインテナンスのため更新できなかったので2日分まとめて。

昨日の午前中はまずRI棟へ行ってX線発生装置をオンにして情報メディアセンターへ。明日の基研研究会のためのポスターの印刷をしてきた。そしてRI棟との間を行ったり来たりしながら標準試料として買ったばかりのステアリン酸鉛の測定をした。またこの前壊れた測定用PC(古いPC98なのだが、これでしか走らない自作のソフトがある)の修理して再び使えるようにした。

午後は研究室のdiscussion seminar。AgradzeとDamienが来ているので、彼らを囲んで議論をした。その後理学部へ移動して、合同教室会議に出席した。

今日の午前中はまたRI棟へ。昨日の続きで標準試料の測定をしつつ、IP読み取り用のワークステーションに新たなユーザーアカウントを作成したり重要なファイルのバックアップを取ったりした。

午後は京大会館で始まった研究会"New Frontiears in Colloidal Physics"に行く。外国人の招待者が充実していて、なかなか面白かった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/07/23

発表練習会

今日の午後は、基研の研究会のための発表練習会。普段、こう言うのは学生の練習を聞くだけで僕がやることはめったに無いのだが、今回は4人しかいないと言うこともあってやることになった。とは言え教授はなぜか欠席で学生、PDの参加もあまり多くなく、更に話したのがDCの学生ばかりということもあってそれぞれ良くまとまっていて、本当に「練習」になったかどうかは微妙。ただ、こう言う機会でもないとお互いにどんな研究をやってるのか分からないものなので、研究室内の交流と言う意味では良かった、と言えるかも。

午前中は午後のための発表準備と、メールの読み書きなどにより仕事を進めた。また夕方はRI棟に行ってMH君にイメージングプレートの使い方を教えた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/07/20

久々の研究室セミナー

午前中は、発明センターに移ってから初めての研究室セミナー。山本研の佐光さんに、高分子ナノワイヤーの作成と物性測定の話をしてもらった。

午後は主に基研研究会の発表準備。NISTのデータがある程度まとまったので、データを集めてプレゼンの順番に並べてみた。夕方NIさんから「SAXSの調子がおかしい」と連絡があったので、RI棟に行って様子を見て、ついでに1時間ほど作業をしてきた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/07/19

ビームストッパーの調整

午前中は発明センターでメールの読み書きなど事務仕事をする。昼前に工学部RI棟に行って、Imaging Plateの立ち上げ作業のついでにダイレクトビームを測定してみた。そしたら何とビームストッパーが全然合っていなかったことが判明。この前測定した時に何だかおかしいと思っていたのだが、やっぱりだった。と言うことで改めて調整をやり直そうとしたのだが、昼の時間になってしまったので慌てて理学部へ。COE委員長会議には何とか間にあった。

会議が終わった後北部生協でさっと昼食を食べて教授会へ。いつも教授会をやっていた大会議室が耐震改修のため使えなくなったので、何となく勝手が違う。その後COEの海外派遣報告会もあったのだが、ビームストッパーの調整を今日中にやらないと実験できなくて困るので、すぐにRI棟へ行く。結局微調整では済まずにイチから合わせることになったのだが、結果的にはそれが良かったと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/07/18

放射線取り扱いの再教育訓練

午前中はNIさんがSAXS実験をしたいと言うので、RI棟に行ってX線の立ち上げを手伝う。またT君が立ち上げをしてくれたイメージングプレートリーダーの動作確認を行った。

午後は放射線取り扱いの再教育訓練。今年の理学部の講習会は日程がちょうど基研の研究会と重なっているので、今日の医学部のに参加した。ところがその内容は、まさに医学部の人向けと言う感じ。最初にRIを使ったマウス・ラットの内臓のイメージングの話を延々とやり、続いてRIに関する基礎知識を問答形式でやって1時間半で終了。我々物理が専門の者には、ほとんど役に立たない内容だった。この再教育訓練は1年に1度受けなければならない、と法律で決まっているのだが、こんなのを受けて意味があるとは思えないのだが。

その講習終了後、発明センターに行ってNSEのデータ解析の続き。膜の曲げ弾性係数の温度依存性が出たので、続いて基研研究会の発表準備を開始した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/07/17

データ解析と論文原稿の直し

連休中にNISTの長尾さんからNSEのデータ解析の続報といくつかのコメントが届いていたので、その検討をする。また関連論文をさがしていくつかに目を通した。またKS君が海外出張前に論文原稿を送ってきていたので、その直しをした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/07/16

祇園祭

Houka-hoko (放下鉾)

今日は昼間に祇園祭に行ってきました。明日の山鉾巡行の前日(つまり今日)の夕方が宵山、その前が宵々山、更にその前が宵々々山と言うわけですが、今年は宵々山と宵々々山が台風4号の直撃で悪天候に見舞われました。楽しみにしていたのに行けなかった、と言う人も多かったはずで、だから今日の宵山は大勢の人が来るはず。と言うことで混む前に行ったつもりだったのですが、昼過ぎぐらいにはもうどの通りも一杯と言う感じになってました。と言うことで私はあまり長居せずにとっとと帰ってきたのですが、今ごろ四条界隈はラッシュ状態になっているかも?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/07/13

中央キャンパスの駐車スペース

午前中は色々なメールの返事を書いたり、共同研究者の論文原稿をチェックしたりする。昼から昨日納品されたシグマ光機のパーツを持ってRI棟へ。SAXSの光学ベンチがちょっとだけ短かったので長くしようと思ったのだが、ベンチをマグネットベースに接続するパーツの厚みが違っていてうまくいかなかった。また修理に出していたザルトリウスの電子天秤を納品してもらった。ところでこの時、パーツが重かったのでクルマでRI棟へ行ったのだが、その裏側のスペースに駐車するのに非常に難儀をした。中央キャンパスは一応駐車の制限をしていることになっているのだが、門のところで入構手続きの紙さえ書けば入れるので事実上フリーパスに近い。従ってキャパシティ以上のクルマが入ってきて停めることになって、当然のことながら駐車スペースがなくなってしまうわけだ。それでも我々はたまにしか行かないから良いのだが、納品などに来る業者はさぞ困ることだろう。

午後は理学部へ行き、第一専攻と第一運営に出席。その後6号館の居室へ行って箱に詰めたままの書類を開けて、「教育用コンピュータシステム」のアカウントが載っている書類を発掘した。そして発明センターに戻ってメールチェックなどをした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/07/12

寝ている間に

昨日、NISTで取ったNSEデータの解析について長尾さんに相談のメールを出して帰ったのだが、朝になってだいたい分かった、との返事が来ていた。日本とアメリカ東海岸では昼と夜がほぼ逆転しているのだが、そのおかげで私が寝ている間に解析をやり直してくれていたわけだ。こう言う時は時差があることが有り難い。彼が解析してくれたデータを元に理論関数に合わせてみたところ、ほぼreasonableな結果が出た。後は同じように解析を進めれば、少なくとも基研の研究会での発表内容は問題なくまとめることができるであろう。

昨日の夜のうちに解析を進めていたのは、今東海村に常駐しているKS君も同様だったようで、やはり朝、データ解析の結果をまとめて送ってきた。こちらは面白い結果になっているのは間違いなく、良い論文も書けそうなのだが、しかし詰めのところでいささか心配な点が残っている。それをそのままにして論文にまとめてしまうか、あるいはもうちょっと考えてからにするか。priorityの確立のためにはとにかく最も重要な結果だけをpublishしておきたい、と言う気持ちもあるので、まずどんな論文にするのか非常に難しい選択ではある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/07/11

部屋の整備など

午前中はいつものように発明センターで事務的な仕事をする。また山田論文をチェックし、修正意見を送った。

昼前に徒歩で吉田キャンパスへ行き、RI棟でネットワーク関係の整備をする。RI棟のX線発生装置を置いた部屋はOAフロアになっているのでネットワーク配線を床下に通そうかと思ったのだが、思った以上に面倒で断念。結局床の上に配線することになった。OAフロアと言うのは最初から計画して作る分には便利だが、後から何かしようと思うと非常に大変だ。

その後6号館に行き、今度はそちらの部屋の整備をする。主に自分の机の向きを変えて、他の人が入ってきても気にならないようにした。その後、NSEのデータ解析。中間相関関数が1から落ちない問題を解決しようと脂質分子の拡散係数を入れて解析してみたのだが、残念ながらうまくいかなかった。発明センターに戻る前に移転した物理事務室周辺に行ってみたのだが、1号館は思った以上に快適そうだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/07/10

梅雨の一日

午前中はいつものように発明センター内のオフィスで仕事を処理して、昼前に自転車で理学部へ向かう。昼食を挟んで6号館のオフィスで仕事。こちらもメールを読んだり返事したりが中心だったが、何とか時間を作ってNSEのデータ解析について考えた。

3時過ぎに発明センターに戻ろうとしたところ、雨が降ってきたので自転車で行くのを諦め歩いて行く。そして課題研究の4回生+M1によるセミナーに参加した。その後は再び事務的な仕事を済ませて、雨がざーざー降る中帰途につく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/07/06

基研共同利用委員会

午前中はいつものように発明センターでデスクワーク。山田君の論文修正原稿のカバーレターをチェックして、意見を送ったりした。

いくつか事務に提出しなければならない書類があったので、昼前に理学部へ。生協で昼食を食べて6号館に行き、メールの読み書きなどをする。そして1時半から基研の共同利用委員会へオブザーバーとして参加。化研の増渕さんが国際研究集会の申請のプレゼンをすることになっているので、そのサポートが必要になるかも、と言うことで行ったのだった。増渕さんのプレゼンはなかなか良かったと思ったのだが、質疑応答では混乱。と言うのも、同じ時期に予定している科研費特定領域の国際会議との違いを強調するような説明を準備していたにも関わらず、もっと連係すべきではないか、と言う質問が多かったからだ。増渕さん自身は特定領域には関係していないので、やむなく僕がフォロー発言をしたのだが、僕自身予想外の展開に慌ててしまってうまく説明が出来なかった。

と言うことでやや心配が残った状態で共同利用委員会が終わったのだが、その後増渕さんから「採択されなかった」とのメールが来た。どうやら今年は基研も耐震改修で予算的に厳しい上に、申請数が多くて削らざるをえなかったらしい。とは言え他の研究会は採択されたものもあるわけで、競争が厳しかったことは言い訳にはならない。増渕さんの援護射撃をするつもりで行ったつもりだったのだが、逆効果にしかならなかったような気がして悔しい。

会議の後、しばらく6号館でデータ解析。NISTのデータの解析をどこまでやったのかもう一度復習して、来週からもう一度再開する体制を整えた。その後発明センターに戻ったところ居室の蛍光灯が切れていて、なんだか暗くて気が滅入る。物理教室に行けばストックがある、と思ってAI君と一緒にクルマで理学部へ。そしたら引っ越しのおかげでどこにあるのか良く分からなかったのだが、たまたま開いていた図書室にあったのをもらってきて何とか解決した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/07/05

ロータリーポンプ逆流

午前中はRI棟のX線実験室へ。工学部の竹中さんがSAXSの実験をし、宮地研のT君がIPリーダーの立ち上げをしているそばで実験室の整備をしていた。その中で古いローターから外してきた真空ポンプを3φ200Vの配電盤につないで電源をONにしたところポンプが逆流し、吹き出したオイルを全身に浴びてしまった。どうやら3本の電源ケーブルの位相がずれていたらしい。電源ケーブルの色はちゃんと合わせたのに...

油まみれの姿でいるわけには行かないので、研究室に戻って着替え(たまたまサッカーをする時の服装があった)し、油に汚れた服はコインランドリーで洗濯。ただ臭いはとれたものの油染みは取れなかった。午後はそのまま理学部に行き、研究室の郵便物を運んだり施設掛と耐震改修関係の打ち合わせなどをする。そして夕方発明センターに帰ろうとしたら、KS君がやってきたので6号館で論文の打ち合わせをした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/07/04

SAXS実験の手伝い

午前中は人間ドックのためお休み。昼から出勤して、まずはRI棟へ行って工学部の竹中さんのSAXS実験の立ち上げを手伝う。その後6号館に行ってメールのチェックなどをした後、RI棟にもう一度寄って様子を見てから生協へ。9月のヨーロッパ出張のための飛行機の予約をしてきた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/07/03

引っ越し完全終了?

今日も午前中は発明センターでデスクワーク。主に論文の修正やメールの読み書きなどをした。

早めに昼食を済ませ、RI棟経由で理学部へ。午後は6号館の部屋で課題研究のセミナーをする。6号館の部屋は1人で使うには広すぎるが、さすがに7人でセミナーをしたらやや狭苦しい感じがした。

セミナーが終了したので5号館からコピー用紙を持って行こう、と思って行ってみたところ、地下のだだっ広い部屋(かつてプラズマが使っていた部屋)に研究室の荷物がちょっとだけ残っていたことが判明。1人で運ぶのはしんどそうだったので、いったん発明センターに戻ってコピー用紙を置き、クルマに久保さんと学生を乗せて回収に行った。これで、5号館からの移転は本当に終わった、と言って良いのではなかろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/07/02

発明センターと理学部と

午前中はデスクワーク。発明センターに行ってからのルームメイトは遅めに出てくる人が多いので、その分朝の時間帯は静かな環境で落ち着いて仕事ができる。

昼すぎに発明センターを車で出て理学部へ。今日も発明センターと京大の間をいろいろと荷物を運ぶ。その後午後は6号館へ行き、TAと一緒に課題演習の指導をしたりした。また夕方は工学部RI棟へ行きSAXSの様子を見てくる。測定系には特に問題は無かったが、放射線シールドを開けた時にX線が落ちるしくみを解除する部分が正しく動作していなかったので、リガクに電話して解決法を聞いた。結局のところ、ちょっとした接触不良だったらしくすぐに直って良かった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »