« 東山花灯路 | トップページ | 膜の研究会S »

2006/03/27

物理学会1日目

今日は物理学会の1日目。昨夜は呉市内に泊って朝の5時半に起きて、阿賀港を6時半発の呉・松山フェリーで四国入り。まずは車を松山市内のホテル(シャトーテル松山)に置いて、物理学会会場の松山大&愛媛大に向かった。

私が出席するのは、物性分野の領域12。今日の午前中は膜関係の講演が、午後は高分子とゲル関係の講演が多かった。午前中は自分の専門だったので真面目に聞いていたが、午後は適当。途中で飽きて外に出て、お茶大の今井さんや東北大の川勝さんと外で話していた。

夕方、インフォーマルミーティングのプレミーティング。何でも今度物理学会で「若手奨励賞」と言うのを出すらしいので、領域12でどうするか、と言う話を東大の土井先生を中心に議論した。このところどこの学会でも色々な賞を出すのが流行りなのだが、これはひとえに「受賞歴」がポストや研究資金を取るのに役に立つから。となるとどこの学会でもやっている表彰に遅れを取らないように、と物理学会でも新たに賞を作るというわけだ。

意図は分かりやすいのですが、しかし細かいことは領域にお任せ、ということで決めるのもそう簡単ではない。それなりに権威のある表彰にするためには、やはり真面目に審査して受賞者を選ばなければならない。みんな忙しい中で何とか時間を作って申請書類を見て、その中からふさわしい人を選ぶにはどうしたらよいか。資金も何も無くボランティアベースでやっている学会の中で、いかに理想と現実の折り合いをつけるのか。それが一番の難問かも知れない。

|

« 東山花灯路 | トップページ | 膜の研究会S »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 物理学会1日目:

« 東山花灯路 | トップページ | 膜の研究会S »