« オーストラリア旅行記(6)〜ヴァージンブルー | トップページ | オーストラリア旅行記(8)〜グリーン島のチンクイ »

2005/12/13

オーストラリア旅行記(7)〜ケアンズ

cairns

今回のオーストラリア出張ではシドニーとケアンズの2つの国際会議に出席しました。シドニーの方がメインの会議でケアンズはそのサテライトと言うことで規模も期間もシドニーの方がずっと上だったのですが、個人的な好みからいえばリゾート地・ケアンズの方がずっと楽しみでした。

シドニーから3時間半のフライトの後に着いたケアンズは、さすがに今が夏、と言う感じ。気温が晩秋の日本とあまり変わらなかったシドニーとは、随分違っていました。それもそのはずで、ケアンズの緯度は南緯17度。北半球で言うとベトナムのあたり(そう言えば南北ベトナムの境界線が北緯17度線でした)になります。従って別に今が夏だから蒸し暑いのではなくて、一年中暑いのですね。

成田や関空だけでなく名古屋、福岡からも直行便があり、日本から7時間で行けるオーストラリアの中では一番近い街、と言うことで、ここは日本人でいっぱいでした。私が宿泊したホテル(リッジス・エスプラネード)はかつて日本の会社がオーナーだった関係で、日本人の団体さんが次から次へと入って来ます。ツアーに行けば半分は日本人だし、それを相手にする客引きも日本人ばかりだしで、何だか外国に来たと言うよりも沖縄かどこかにいるような錯覚に陥りました。

因みにリゾートホテルは海岸沿いに建っているのですぐに海水浴出来るか、と思えばさにあらず。何でもそのへんはワニの生息地だそうで、海に入るのは危険なのだそうです。確かにリゾートの雰囲気はあるしシドニーより落ち着いているのは確かなのですが、思ったほどワクワクするところでもないな、と思った次第。

|

« オーストラリア旅行記(6)〜ヴァージンブルー | トップページ | オーストラリア旅行記(8)〜グリーン島のチンクイ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15807/7608312

この記事へのトラックバック一覧です: オーストラリア旅行記(7)〜ケアンズ:

« オーストラリア旅行記(6)〜ヴァージンブルー | トップページ | オーストラリア旅行記(8)〜グリーン島のチンクイ »