« 京都の紅葉2005〜真如堂(その2) | トップページ | 故郷・須賀川 »

2005/11/15

京都の紅葉2005〜勧修寺

kajuji
 地下鉄東西線の小野駅と言うと小野小町ゆかりの随心院の最寄り駅として知られていますが、そこから随心院とは反対方向に10分ほど歩いたところにあるのが、この勧修寺です。このお寺も、私の通勤途上にあってこのお寺があることは知っていました。そしてそばを通りながら「かんしゅうじ」と読むのだと思っていたのですが、本当の読み方は「かじゅうじ」だ、と言うことを実は今日初めて知りました。

 この勧修寺、小野駅から東側の醍醐寺や随心院ほどメジャーでは無いようで、お客が少なく閑散としている、と言って良いほどでした。しかしそこは京都のお寺らしく古い古い歴史があり、約1,100年前に醍醐天皇が外祖父藤原高藤の諡号をとって名付けたのが始まりだそうです。その歴史の通り、水戸光圀公が寄進したと言う「勧修寺型灯篭」やら「ハイビヤクシン」という樹齢750年の名木やら見どころは沢山あります。その一方で入場の時に鯉のエサを渡してくれたりなぜか「簡易版八十八箇所霊場巡り」があったりと、なかなか親しみやすい一面も持っています。

 因みに紅葉ですが、カエデはもちろんのことウルシやサクラ等の他の広葉樹もバランス良く配されていて、カエデの葉にまだまだ緑が目立つ今の時期でも十分に楽しめます。枯れたスイレンが林立する池は少々寂しいものがありますが、むしろ「穴場」らしくてかえって良いかも知れません。

|

« 京都の紅葉2005〜真如堂(その2) | トップページ | 故郷・須賀川 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15807/7132764

この記事へのトラックバック一覧です: 京都の紅葉2005〜勧修寺:

» 紅葉の勧修寺 [瀬戸智子の枕草子]
勧修寺(かじゅうじ)の紅葉を見てきました。 朝早く、夫の仕事前に二人で行って来ま [続きを読む]

受信: 2005/11/16 13:49

« 京都の紅葉2005〜真如堂(その2) | トップページ | 故郷・須賀川 »