« *ist DS2のインプレ(その4) | トップページ | *ist DS2のインプレ(その6) »

2005/10/19

*ist DS2のインプレ(その5)

hachidai

PENTAXのいいところの一つは、マウントがほとんど変わっていないこと。なんせ70年代半ばにKマウントが登場してから30年、基本的には同じマウントが使われ続けています。その上M42からKマウントへのアダプタもずっと販売されているので、1957年に初めて一眼レフを発売して以降のレンズ(どころか、それ以前も含めた世界中のレンズ)が全て現行機で使えるわけです。

とは言え、カメラ歴がそれほど古くはない(^_^;)私はこれまでM42を使うことはなく、絞り込み測光などしたことはありません。いくつか持っていたMレンズも、たいていは絞りリングを決めてシャッタースピードを本体に任せる「絞り優先測光」で撮影していました。

ところがこの*ist DS2ですが、ついに絞りリングとは決別した模様。かつてZシリーズで採用していた「ハイパーマニュアル」と同様に、絞りは本体側からしか制御できないようになってしまいました。となるとAポジションを持たないレンズは全て同じ立場です。マニュアルモードにセットして、絞り込み測光をしてから撮影するしかなくなってしまったのです。

と言うわけで、今日はMレンズの一つsmc PENTAX24mm f2.8を付けて絞り込み測光に挑戦してみました。被写体を決めて、絞りを決めて、絞り込んで測光してシャッタースピードを決め、アングルを微調整してピントを合わせてシャッターを切る。手間は多いのですが、しかしマニュアルカメラで撮るときと比べれば手順が一つ多いだけです。やってみたらなんて事ないな、と言う感想でした。

因みにこの写真は、宮本武蔵が吉岡一門と決闘した、と言う一乗寺下り松近くの八大神社です。私は25年前にこのすぐそばに住んでいたのですが、来た記憶が全くありません。当時は宮本武蔵にも神社やお寺にも全然興味がなかったんでしょうね、きっと。今考えれば、ちょっともったいないことをしていたかも。

|

« *ist DS2のインプレ(その4) | トップページ | *ist DS2のインプレ(その6) »

コメント

良い写真、撮ってますね!

あれ、絞り優先のAEってできないのかい?

投稿: aran | 2005/10/21 01:06

そうなんですよ、絞り優先AEが使えないんです。これはMレンズに限らずAレンズ以降も同じ。カメラとレンズ両方のコストダウンのためなんでしょうが、絞り優先に馴染んだ者としては少々使いにくいところではあります。

投稿: せと☆ひでき | 2005/10/22 09:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: *ist DS2のインプレ(その5):

« *ist DS2のインプレ(その4) | トップページ | *ist DS2のインプレ(その6) »