« Air Edgeどうしよう? | トップページ | フリッカーとフォトログ »

2005/10/28

京都の紅葉2005〜知恩寺(その1)

chionji051028

 10月中旬まで暖かい日が続いた今年の京都。以前書いたように「今年は紅葉が遅いだろう」と言う見方が一般的だったようですが、先週ぐらいから朝晩が冷え込むことが多くなって来ました。三方を低山で囲まれた盆地にある京都は、昼夜の寒暖の差が大きいことで知られていて、その上鴨川や桂川等の川に恵まれています。カエデなどの樹木が美しく紅葉するために必要なのは、昼夜の温度差と湿度、そして日当たりが良すぎないことだとか。と言うわけでこれからの季節、京都は一晩ごとに葉っぱの色が変わっていくのだろうと思います。

 と言うことで、私の通勤途中にある百万遍の知恩寺で今朝撮影したのが上の写真です。カエデの木の全体を見渡すと緑色が圧倒的に多いのですが、それでも徐々に色が変わって来ている事が見て取れます。昨年撮影した同じ木の写真を見ると、11/19でもまだ半分の色付きでした。とすると、もしかすると昨年よりは紅葉の進み方が早くなるかも知れません。

akaimi
 因みに今日撮影に使用したのは、シグマのズームレンズの28-80mm f3.5-5.6というやつ。以前MZ-10を中古で購入したときに付いて来た標準ズームで、いかにも安っぽい作りの何の変哲も無いレンズなのですが、しかし写りはそう悪くない。開放で撮るとさすがにピントが甘いのですが、それも「味」と言えば言えるかも。それに1:2までのマクロ撮影もできるので、例えば旅行の時にこの1本だけ持って行く、と言う用途には最適です。*ist DS2と一緒に買った16-45mmズームが広角寄りなのでもう少し長いレンズが欲しいな、とちょっと思っていたのですが、どうせ望遠側の使用頻度はそれほどでもないのでこれで十分かもしれません。

|

« Air Edgeどうしよう? | トップページ | フリッカーとフォトログ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15807/6710163

この記事へのトラックバック一覧です: 京都の紅葉2005〜知恩寺(その1):

« Air Edgeどうしよう? | トップページ | フリッカーとフォトログ »