« 東大脳の作り方 | トップページ | 「ドラゴン桜」最終回 »

2005/09/14

毎日、これが最後の日と思って生きるなら

もう一つ、先週の「AERA」の記事から。

アップルコンピューターの創立者で現CEOのスティーブ・ジョブス氏の「わが人生」と言うスピーチの抄訳が、「『iPod電話』携帯制するか」と言う記事の囲み記事として掲載されていました。(このサイトで全文の日本語訳を読む事ができます。)ジョブスがスタンフォード大学の卒業式で行った祝賀スピーチで、多くの人に感銘を与えたものだそうです。

興味のある人はそちらを読んでもらうことにして、私が素晴らしい、と思ったのは次のくだりです。

ー17歳の時、こんな一節を読みました。「もしあなたが毎日、これが最後の日と思って生きるなら、いつかきっと正しい道に進むだろう」。この言葉は心に深く刻み込まれ、以来33年間、毎朝鏡を見つめて自問自答しています。「もし今日が人生最後の日だったら、今日やろうとしていることをやりたいと思うか?」と。

私は一応、日々必要な事をやりながらそれなりに一生懸命生きているつもりなのですが、しかしそれでもついつい流されてしまっているな、と思うことがあります。やらなければならないことが複数あって、どちらもそれほど切羽詰まっていない時。そんな時、自分にとって重要な事をよく考え、その優先順位のとおりにやるのではなく、自分がやりやすい道を選んでいるような、ふとそんな気になることがあるのです。仮にジョブスのように毎朝自問自答したとして、果たして自信を持ってYesと言えるかどうか、と不安になります。

考えてみれば定年まで20年余り。大学院に進学して自分の専門はこれかな、と思いを定めてからの期間と同じ長さです。以前は漠然と先は無限にあるようなつもりでいたのですが、決してそうではないわけです。だいたい40歳前後で突然の死を迎える人だって沢山いて、自分がそれに遭遇する可能性だってあるわけです。そんな時に「ああ、あの時こうすれば良かった」と後悔するような人生だけは送りたくないものです。私も明日の朝から、鏡を見て自問自答してみようかな。

因みに「AERA」の抄訳よりも、全文訳の方がずっと心に沁みると思いますので、未読の方は(本屋に売れ残りのAERAを探しに行くのではなく)ぜひそちらをどうぞ。

|

« 東大脳の作り方 | トップページ | 「ドラゴン桜」最終回 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15807/5946962

この記事へのトラックバック一覧です: 毎日、これが最後の日と思って生きるなら:

« 東大脳の作り方 | トップページ | 「ドラゴン桜」最終回 »