« 秋風邪 | トップページ | 西宮湯川記念理論物理学シンポジウム »

2005/09/30

阪神タイガースの優勝

阪神の優勝、と言うと、私にとっては何と言っても1985年です。この頃私は大阪大学の大学院生で、まさにこの「フィーバー」の真っ只中にいました。27年間優勝に見放され、「給料を上げなくても良いようにわざと優勝しないようにしている」などと言う噂がまことしやかに語られていたタイガース。しかしこの年はシーズン開幕から絶好調で、特にバース、掛布、岡田のクリーンナップの破壊力はピカイチでした。

そもそも私はそれまで、あるいはそれからも阪神ファンでも何でもなかったのです。物心ついたときは巨人ファン。その後長じてからは西武ライオンズの応援で、院生時代はパリーグの本拠地にはほとんど見に行ったほどで、あの年はパリーグの優勝争いをしていたライオンズの方が気になっていたはずでした。

しかし、当時の阪神フィーバーの波はあっさりと私を飲み込みます。試合の日になるとあちこちの研究室のテレビのスイッチが入り、残っていた学生も先生もみんなビールを片手に大にぎわい。勝てば縦縞のハッピを着た学生が六甲下ろしを歌いながら廊下を走り回る、と言う感じで、私はすっかり「洗脳」されてしまいました。だから優勝が決まったときには一緒に祝勝会を行ない、その勢いで大勢で梅田に繰り出し阪神百貨店の前へ。寝袋にくるまりながら徹夜して、これが最初で最後のチャンスかも、なんて言いながら日本シリーズの切符を買ったものです。(それにしてもあの夜は寒かった!)

その後千葉から広島、そして京都に移り住んだ私にとってタイガースは(と言うかプロ野球自体が)遠い存在になってしまいました。今では球場に行く事はもちろん、テレビで見ることすらめったになくなってしまったのですが、しかしこうして阪神優勝で盛り上がっているシーンを見ると、目の前に20年前の光景が鮮明に蘇ってくるのです。

|

« 秋風邪 | トップページ | 西宮湯川記念理論物理学シンポジウム »

コメント

あの年、神宮球場で優勝が決まりませんでしたか?今となってはどうしてキップを手に入れたか覚えていないのですが、あのお祭り騒ぎの試合に何故かいたのです。阪神ファンでもヤクルトファンでもなかったのに(笑)。
自分は確か学部生だった気がします(学部の友達と行った覚えがあるので)。デスので、数年上の先輩ですね。押忍(笑)。

投稿: t-mac | 2005/10/01 04:07

t-macさん、コメントありがとうございます。

あの年のタイガースには、確かにファン以外を巻き込むようなエネルギーがあったように思います。今年、関西圏に住んでいるのにそれほどのものを感じないのは、「優勝慣れ」してしまったのか、野球離れの故なのか、あるいは京都に住んでいるからなのか。いったいどうしてなのでしょうね?

投稿: せと☆ひでき | 2005/10/03 00:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15807/6191444

この記事へのトラックバック一覧です: 阪神タイガースの優勝:

« 秋風邪 | トップページ | 西宮湯川記念理論物理学シンポジウム »