« オープンキャンパスの模擬授業 | トップページ | 模擬授業しました »

2005/08/09

白馬に来ています

hakuba1

一昨日から出張で白馬に来ています。科研費特定領域「水と生体分子が織り成す生命現象の化学」の合同班会議で、公募研究でお金をもらっている教授の代理出席です。生体で非常に重要な役割を果たす水が分子レベルでどのように関係しているのか、と言う問題は古くから認識されているにも関わらず、分からないことだらけである、と言うのが現状で、そこに切り込もうと言うこの研究の意義は非常に大きいと思います。ただ、ここまでの発表を聞いた限りではどうも「群盲象を撫でる」(これは茨城大の新村先生が講演で言っていたセリフ)に近い感じ。水に絡むいろいろな面白いことはあるんだけど、結局のところ何が本質なのか良く分からん、と言う印象です。物理の世界には「水には手を出すな」と言う格言?があるのですが、ひょっとして化学でも同じなのでしょうか?

hakuba2

因みに会場は、栂池と岩岳の中間あたりにあるシェラリゾート白馬。「カナダ・ウィスラーのコンドミニアムをそのまま再現した」と言うとおりの、高級感あふれるリゾートホテルです。ただ、それに応じて宿泊費が高いのでどうしようかな〜と悩んでいるうちに予約申し込みの締切が過ぎてしまったので、やむなく?そこから歩いて5分ぐらいの場所にある「グレートデン」と言うプチホテルに泊っています。

hakuba3

こちらは写真の通りにこぢんまりしたペンションなのですが、清潔な室内はなかなか快適。特にフレンチ風の食事が朝も夜も豪華で、値段(1泊1万円弱)を考えれば十分納得です。夏の陽射しはさすがに暑さを感じさせるものの風は爽やかで、標高800mのリゾート地でゆったりした気分に浸っています。ああ、こうなると京都に待っている仕事の山が怖い...

|

« オープンキャンパスの模擬授業 | トップページ | 模擬授業しました »

コメント

はじめまして。

茨城大学の先生のお名前が出ていたので、親近感を持って読んでおりました。
新村先生とは学部が違い、お会いすることはありませんでしたが、同キャンパス内におりました。
田舎ですが、海も見えたりして、自分的には安心できる場所でした(懐かしい・・・)。

白馬の出張は、仕事抜きで考えると羨ましい限りです。
写真で見ると素晴らしいことがよく分ります。

それと、祇園祭に限らず、祭りは参加型が一番楽しめます。

投稿: tobutori | 2005/08/12 09:21

tobutoriさん、はじめまして。コメントありがとうございます。

「群盲象をなでる」と言う新村先生の言葉は、特に生体内の水について言ったことばではなかったかも知れません。先生とは専門が近く以前からいろいろとお付き合いしていますので、その縁もあって言葉を引用させて頂きました。

白馬、と言うとスキー場のイメージが強かったのですが、夏は夏でなかなか良いですね。4種類の泉質の違う温泉があるので、それを巡るだけでも楽しめそう。今度は山歩きやキャンプを目的に行ってみたいものです。

投稿: 瀬戸秀紀 | 2005/08/16 09:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15807/5375357

この記事へのトラックバック一覧です: 白馬に来ています:

« オープンキャンパスの模擬授業 | トップページ | 模擬授業しました »