« 東京原発 | トップページ | 大学入試を受けさせる立場から »

2005/02/18

あたらしいPowerBook

PowerBooks
一番上がこの中では最古のPowerBook 2400c。2番目が最新のPB-G4(12")で、その下がiBookとPB-G4(Ti)。底面積が一番小さく、なおかつ一番厚いのがPB2400だということが分かります。

 私は20年近く前からMacを使っていて、PowerBookも出た当初から使っています。最初に買ったのはPowerBook 160。CPUは68030、液晶はモノクロのパッシブマトリクス、と言うマシンでした。

 これを下取りに出してソフマップでPB180を中古で手に入れたのが2台目のPowerBookだったのですが、それがわりとすぐに故障。当然ソフマップに連絡したら、代替機はないのでPB540で我慢してくれ、と言われたのを覚えています。500番台のPowerBookはCPUが68040になった最初の機種で、当時は最新・最速。もちろん否応があるわけもなく交換に応じ、まわりの人たちからは「わらしべ長者」呼ばわりされました。

 このPowerBook 540、コードネームはBlackbirdと格好良かったのですが、実際のところはいまひとつ。確かAppleのCEOがスカリーの頃で、コストを切り詰めていると言うのが明らかな筐体は持つ喜びを感じさせるものではありませんでした。

 んで、次に買ったのはPowerBook 2400c。日本人のための小さなマシンをIBMに依頼して作った、と言う噂が出るほどの機種で、これは個人的には大当たりでした。PB540に比べると一回りも二回りも小さいのですが、そこに機能をぎゅっと凝縮した、と言う感じ。決して高級な雰囲気はないものの、適度な大きさと丸みがあって持ちやすいデザイン、そして見た目以上に頑丈な筐体は、まさにモバイル専用。私はキートップが剥げるまで使い込み、アメリカやヨーロッパ、更にはエジプトにまで持って行きました。

 そうこうするうちに時代はG3からG4へ。OSも8から9、そしてXへ進化していきます。私はそれでもPB2400を使い続けたかったのですが、さすがにバッテリーの持ちが悪くなった上に代替バッテリーも手に入らなくなり、どうしようかなー、と思っていた矢先に発売されたのが、PowerBook G4でした。

 PowerBookとしては初めてのある意味野心的なデザインで、Windowsマシンで流行っていたいわゆる「銀パソ」そっくりだったので最初の評判は悪かったのですが、しかしソ○ーのVAI○のようにプラスチックに銀色を塗っただけの「なんちゃって銀パソ」とは違って本物の金属筐体。それも高級そうなチタンを使っているし、液晶はでかいし、意外に薄いし、と言うことで私はもうメロメロ。発表されて数日のうちに注文した、と言う記憶があります。

 そのPowerBook G4が出たのは確か2001年だったと思うのですが、それから4年、思いっ切り使い倒しました。出張に出るときはどこにでも持って行ったのはもちろん、家と勤務先との間を何度往復したことか。研究室のデスクトップを触らないことはあってもPowerBookを触らない日はない、と言うほどでした。おかげで液晶パネルの裏側(畳んだときの上面)はへこみ、傷、汚れだらけ。コーナーは塗装が剥げ、蓋を閉めるときに磁力で出てくるノッチも噛まなくなってしまいました。筐体を分解してメインテナンスしたのも数え切れないぐらいで、メモリやAirMacカードの追加はもちろん、HDDの交換や光学ドライブの交換までして使いました。

 その間、PowerBookのCPUがG4から進化することはなく、クロックのアップもさほどでもなかったのが逆に幸いして特に不満もなく、「どうせならG5が出るまで。せめてG4がマルチコアCPUになるまで使い続けよう」とも思っていたのですが、幸か不幸か研究費に余裕ができて、3月末までに新しいのを買うことになりました。ぎりぎりまで待って、新機種を買おう。G5は無理でも、もしかしたらマルチコアぐらいは出るかもしれない、と期待して待っていたのですが、残念ながらこの冬の新機種はマイナーチェンジに終わりました。そんなこんなで注文していた新PowerBook G4(12インチ)が、今日になって届いたと言うわけです。

 で感想ですが、意外に悪くないと言うのが第一印象です。本当のことを言うともっと小さなサブノートタイプのものが欲しかったのですが、このサイズ、この厚みも使いやすさと安心感の面で悪くないかも。個人的にはかつて大好きだったPB2400の再来、と言う感じがします。その上特に使いやすいのは、二本指でトラックパッドをなぞったら画面がスクロールする、と言う機能ですね。Windowsで始まったスクロールホイールも悪くはないのですが、この「二本指」の使いやすさ、分かりやすさは天下一品。こう言う新機能にはありがちの誤動作もめったになく、非常に使い勝手がいいです。これははっきり言って、すぐにでも全てのノートパソコンで使えるようにして欲しい機能です。速さの面では特に驚くようなことはないので(デスクトップはG5/2G dualを使っているので)すが、今のところ買って良かった、と言うのが私のファースト・インプレです。

|

« 東京原発 | トップページ | 大学入試を受けさせる立場から »

コメント

二本指でトラックパッドをなぞったら画面がスクロールする、と言うのはいいね!知らなかった。

投稿: aran | 2005/02/19 01:32

それだけのためにPowerBookを買い換える価値あり、かも?

投稿: せと☆ひでき | 2005/02/19 23:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15807/2988386

この記事へのトラックバック一覧です: あたらしいPowerBook:

« 東京原発 | トップページ | 大学入試を受けさせる立場から »