« 京都の紅葉(12)〜下鴨神社糺の森 | トップページ | ノロウィルスによる食中毒 »

2004/12/21

京都の紅葉(13)〜まとめ

 11月の半ばから約1ヶ月。京都に住んでいるメリットを生かしてあちこちの紅葉を追いかけてみたわけですが、一番思ったのは(月並みですが)最盛期を狙って行くのは案外難しいものだな、と言うことです。花の命は短くて、ではありませんが、紅葉も本当に綺麗な時期というのは存外に短くて、都合で行けないうちに一番良い時期が終わってしまった、と言うこともしばしば。特に今年は全般的に温かかったためか、緑の葉が色づく前に枯葉になってしまう、と言うパターンも多かった模様です。また同じお寺でも、ある場所は綺麗な紅葉になっているのに別の場所は緑だったり葉が散っていたり、と言うパターンも多く見られました。今年の私は一番良い時期(11月20日前後の連休と11月末〜12月初め)に出張などで京都を離れていた事もあったのですが、それにしても地元でいつでも見れる環境なのに、最盛期を見逃すとは何たることか。葉っぱの様子を見て「これなら何日後に最盛期」と見抜くだけの「眼力」がなければ、"just-in-time"を目指すのはなかなか難しいことのようです。

 ただ、逆に言えば正しい情報さえ集めれば、どこかで綺麗な紅葉を見るのは可能なんじゃないか、と思います。それから、もっと重要なのは天気。雨に濡れる紅葉も風情があるのは確かですが、やはり最高なのは抜けるような秋晴れの下の紅葉です。特に良い写真を撮ろうと思ったら、光の加減を読むのは必須。もし観光で京都に来る方がいたら、まずは天気の良さそうな日を選ぶこと、そしてタクシーの運転手さんにでも聞いてその時期に一番綺麗なところに案内してもらうこと、が秘訣じゃないかと思いました。

#因みに、普通の地元民に「今、紅葉の綺麗なところはどこですか?」と聞いてもほとんど意味ないと思います。また「京都の紅葉案内」と称するホームページもほとんどはダメ。私のお勧めは、京都観光タクシーのページです。

 ともあれ、今年は色々学ぶところも多かったので、ぜひ来年以降に生かしてみたいもの。来年の11月〜12月にもし時間が取れるようだったら、ぜひまたやって見たいと思います。

|

« 京都の紅葉(12)〜下鴨神社糺の森 | トップページ | ノロウィルスによる食中毒 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15807/2331086

この記事へのトラックバック一覧です: 京都の紅葉(13)〜まとめ:

« 京都の紅葉(12)〜下鴨神社糺の森 | トップページ | ノロウィルスによる食中毒 »