« 京都の紅葉(10)〜清水寺 | トップページ | 京都の紅葉(12)〜下鴨神社糺の森 »

2004/12/11

京都の紅葉(11)〜三室戸寺

 紅葉はだいたい気温の低いところから始まって暖かいところに移っていくものですが、京都での方向は北から南。たいてい比叡山から始まって大原や岩倉あたりが色付き、京都市内から宇治方面に移っていきます。と言うことで京都市内の紅葉がほとんど終わった今、きっと宇治方面はまだあるに違いないと思って三室戸寺に行ってみました。

 三室戸寺というと、アジサイやシャクナゲ、ハスなど季節ごとの花に彩られる「花の寺」として有名。秋の紅葉も古くから知られていて、西行法師が「暮れはつる秋のかたみにしばし見ん 紅葉散らすな御室戸の山」と言う歌を詠んでいるそうです。私は紅葉の真っ最中には行かなかったのですが、11月下旬はきっとたくさんの人で賑やかだったのではないでしょうか。

 しかしさすがに今日は閑散としたもので、私が行った午後3時前後にいたのはたぶん10人ぐらいだったんじゃないかと思います。紅葉もほとんど散っていて寂しいものだったのですが、しかし逆に晩秋の京都の雰囲気を味わうには最高だったかも知れません。明日から天気が崩れるらしいので、紅葉を見るにはこの週末が最後のチャンスになりそうです。

|

« 京都の紅葉(10)〜清水寺 | トップページ | 京都の紅葉(12)〜下鴨神社糺の森 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15807/2235649

この記事へのトラックバック一覧です: 京都の紅葉(11)〜三室戸寺:

« 京都の紅葉(10)〜清水寺 | トップページ | 京都の紅葉(12)〜下鴨神社糺の森 »