« ブルースハープにはまってます | トップページ | 京都の紅葉(1)〜哲学の道 »

2004/11/04

京都のラーメン(6)〜新ます

shinmasu.jpg

 夜は居酒屋、昼はラーメン屋と言う変わり種のお店です。ラーメン関係のサイトをいくつか見ると「夜は居酒屋になる」とか「七月までは居酒屋だった」とか書いてあるのですが、その実態は反対。むしろ居酒屋「樽八」が、昼はラーメンだけを提供していると言った方が良いでしょう。私はここで昼しかラーメンを食べたことが無いのですが、噂によると夜の居酒屋メニューにもちゃんとラーメンが載っているとのこと。居酒屋としても安い方なので、夜しか行けない人も遠慮なくのぞいてみましょう。

 お味の方ですが、「銀閣寺の味」と言うキャッチフレーズとその店名から想像できるように「ますたに」にそっくりです。のれん分けしたのかと思えばどうもそうでもないようで、どうやら店主が独自に研究したとのこと。ラーメンがそっくりなら器もそっくりと言うことで、「ますたに」ファンの方には許せないかも知れません。でも、このお店で列ができているのは見た事がないし、値段も同じで味も似たようなもんなら個人的には十分です。因みに私は職場から一番近いラーメン屋なので、なんだかんだで「東龍」と同じぐらいの回数は行っています。

 ところでここには「幻の中華そば」と言うメニューがあります。お値段が通常のラーメン(中華そば)と比べて400円も高い1,000円!いったいどんな凄いのが出てくるのか、と期待して行ったのですが... 単に600円のラーメンに牛スジ肉が乗っているだけでした。(写真はその「幻」です。) いや、このスジ肉が悪いというわけではなくて確かに十分に旨いのですが、でも400円の価値があるかというと...少なくとも私は1回食べれば十分ですねー。

|

« ブルースハープにはまってます | トップページ | 京都の紅葉(1)〜哲学の道 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15807/1866118

この記事へのトラックバック一覧です: 京都のラーメン(6)〜新ます:

» 新ます [self-development]
『新ます』で晩ごはんを食べた。明日も朝からシンポジウムだと言うのに、とりあえずビールを...知らなかったんだけど、どうやらメインがラーメン屋で夜には居酒屋になるところだったらしい。なので、幻の中華そば(だったかな?)を食べてみた。う、うまい。京都はラーメ...... [続きを読む]

受信: 2005/07/29 13:08

« ブルースハープにはまってます | トップページ | 京都の紅葉(1)〜哲学の道 »