« 京都のラーメン(1)〜天下一品総本店 | トップページ | 京都のラーメン(3)〜ますたに »

2004/10/04

京都のラーメン(2)〜てうれ

teure.jpg
 私の京都の思い出のラーメン屋、と言うと個人的には天下一品よりも「てうれ」なんです。決して人気店というわけでは無いと思う(実際、数多ある京都のラーメン店のガイド本の中で、ここを取り上げているのは一誌だけだった)のですが、お昼時に見ていると結構コンスタントにお客が来ています。味は巷に知られる「京都風」のような背脂こってり系ではなく、太めの麺の札幌風でどちらかと言うとあっさり味。しょうゆと塩が400円、味噌味が450円とお値段も手ごろで、学生を含めた庶民にはありがたいお店です。私は学生の時に結構頻繁に来ていたのですが、それからずっと営業しているわけですから四半世紀は続いているはず。3年前にすごく久しぶりに訪ねたときには、「ああ、まだあった。良かった」と胸をなで下ろしたものです。

 このお店で私が良く食べていたのは「にしんラーメン」。京都のそば屋で良く見られる「にしんそば」のラーメン版で、ここでしか見られないメニューでした。私はかつてそればっかり食べていて、確か3年前にも食べたと思うのですが、最近行った時に注文したらもうやっていない、とのこと。この店だけはずっと変わらない、と思っていたのですが、どうやら時代の流れは少しずつ、私の思い出も遠くに押しやりつつあるみたい。年期の入った店内を見回しながら、ほんのちょっとだけセンチメンタルな気分になりました。

|

« 京都のラーメン(1)〜天下一品総本店 | トップページ | 京都のラーメン(3)〜ますたに »

コメント

にしんが乗ってるとうまいね。

投稿: aran | 2004/10/14 14:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15807/1590371

この記事へのトラックバック一覧です: 京都のラーメン(2)〜てうれ:

« 京都のラーメン(1)〜天下一品総本店 | トップページ | 京都のラーメン(3)〜ますたに »