« 初めての青森(その2) | トップページ | 京都のラーメン(1)〜天下一品総本店 »

2004/09/24

初めての青森(その3)

funenohakubutsukan

 青函連絡船メモリアルシップ「八甲田丸」を運営しているのは「(財)みちのく北方漁船博物館財団」と言う組織らしいのですが、ここはもう一つ博物館を持っています。と言うかたぶんそちらの方がメインで、その名もみちのく北方漁船博物館(別名?「船の博物館」)です。青森駅から歩いて5分の距離にある八甲田丸から地図上ではすぐそばに見えるのですが、歩いて行くと30分ぐらいかかります。バスで行けないことはないけれど、バス停からも歩いて10分ぐらいはかかり、その上バスもめったに来ないという、観光客泣かせの場所にありました。

 その時私はちょうどヒマだったので歩いて行ったのですが、到着したのは閉館の15分前。受付の人が一人いるだけで全く人けがなく、北国の秋の陽は釣瓶のように落ちていく、と言う感じで非常にうら寂しい雰囲気だったのですが、しかし中はなかなか興味深いものでした。漁船、と言うと何となくマグロ漁船のような大きなものを想像していたのですが、ここで重点を置いていたのは北日本に伝わる「ムダマハギ」型の舟。国の重要有形民族文化財にも指定されているという木造漁船とその歴史、作り方の展示は、非常に興味深いものでした。

 因みにムダマハギ、とは木造の準構造船で、北日本特有の木造船の第二段階にあたります。第一段階は山から切り出した1本の木をくり抜いた「マルキブネ」。しかしこれは大きくて太い木がなければできないので、次の段階としてムダマ(船底)のみを一本の木から作り、これに波よけの板を接合した舟が作られます。(これがムダマハギ。)それが更に進化するとシキ(底板)に板を4枚接合した「シマイハギ」になるのですが、とにかくこの頑丈な船底を持つ舟は荒々しい磯浜での漁に昭和の末期まで活躍していたとのこと。その後強化プラスチック製の舟の普及と船大工の減少により完全消失が危ぶまれるようになりましたが、これを保存するために設立されたのがこの博物館、と言う訳だそうです。

 この博物館にはムダマハギ型漁船67隻のほか北前船の模型や木造の底引き網船、中国の帆船の「ジャンク船」やインドネシアの「ピニシ船」、更にはベトナムのザル舟まで置いてあって、生活感にあふれていてなかなか良かった、と思います。青森に行く機会のある方は、ぜひ一度行ってみては。お勧めです。

|

« 初めての青森(その2) | トップページ | 京都のラーメン(1)〜天下一品総本店 »

コメント

この博物館、かなり面白いですよね。私も大好きです。

投稿: waka moana | 2006/01/21 10:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15807/1512436

この記事へのトラックバック一覧です: 初めての青森(その3):

» 「北の内海世界」のムダマハギ船が国指定重要無形民俗文化財に [航海カヌーを愛でる]
昨日、文化審議会の答申において、津軽海峡周辺の和船建造技術の重要無形民俗文化財指 [続きを読む]

受信: 2006/01/21 10:19

« 初めての青森(その2) | トップページ | 京都のラーメン(1)〜天下一品総本店 »